Twitter | Search | |
石平太郎
大陸・蜀の国から日ノ本の国に流れてきて、そのまま日本人となった大阪おっさん
14,784
Tweets
76
Following
361,744
Followers
Tweets
石平太郎 3h
Replying to @s_y3A8y_s @Sankei_news
そうですね。コメント有り難うございました!
Reply Retweet Like
石平太郎 3h
ご購読とご評価、有り難うございました!
Reply Retweet Like
石平太郎 retweeted
かずばーば 6h
Replying to @liyonyon @Sankei_news
出版社の紹介記事を読んだだけで驚愕。早速購入、読んでいます。 日本人が知らないといけない史実を中国側からの視点で気付かせてもらえる稀有な書です。外側から見ないと本当の日本が見えないという事でもあると思います。 大昔から日本は「思想戦」で負けてこなかったから続いている事の発見があり…
Reply Retweet Like
石平太郎 3h
Replying to @moccioco @Sankei_news
ご購読とご評価、有り難うございました!
Reply Retweet Like
石平太郎 retweeted
moccioco 6h
Replying to @liyonyon @Sankei_news
この書はほんとうに価値ある一書。日本では決して教えられてこなかった中国との関係のなかで語られる日本史。聖徳太子の時代から、幕末、明治に至るまで日本の護国の精神が示されている。先人が護り抜いた日本、今の日本人がなすべきことが見えてくる。
Reply Retweet Like
石平太郎 retweeted
岡村幹雄 5h
【天皇陛下とは】 石平氏「中国の場合、一族が権力を握り万民を支配するが、日本の場合は、『万民のために祈ってきた』とし、『日本の伝統を守り抜いてこれた最大の理由は、無私無欲な皇室が根底にある』と述べた。」に集約されると思います。
Reply Retweet Like
石平太郎 retweeted
すぎもと Feb 16
心が狭いなぁ、、 オリンピックは国を挙げて応援するものなのに、、 これにリプしてる人達も、このツイートにいいねしてる立憲民主党も。 ひねくれ度がトリプルアクセル。
Reply Retweet Like
石平太郎 retweeted
長島昭久 7h
ちなみに【戦後平和主義の置換辞書】 戦力→自衛力。陸軍→陸上自衛隊。海軍→海上自衛隊。空軍→航空自衛隊。歩兵→普通科。砲兵→特科。戦車→特車。駆逐艦・巡洋艦・軽空母→護衛艦。少将→将補。大佐→1佐。中佐→2佐。少佐→3佐。臨検→船舶検査。ミサイル迎撃→ミサイル破壊措置。いずれにしても
Reply Retweet Like
石平太郎 retweeted
野村修也 7h
対話か圧力かが論じられるが、論ずべきは北朝鮮の核保有を認めるか否かだ。圧力論者がそれを認めないのは明白。対話論者が、戦争を回避できるなら核保有を認めても良いと考えるなら疑問。核の力で北朝鮮に脅される続ける日常は異常だ。対話を通じて核保有を止めさせるというならその具体策を聞きたい。
Reply Retweet Like
石平太郎 7h
Replying to @silene60935145
有難うございます。
Reply Retweet Like
石平太郎 7h
Replying to @ZPVqpcDFouHK5kq
それは有難うございます。よろしくお願いします。
Reply Retweet Like
石平太郎 7h
Replying to @3024Ayumeki
有難うございます。アマゾンでは電子版は販売を始めています。
Reply Retweet Like
石平太郎 7h
Replying to @tokky_shin
有難うございます。よろしくお願いします。
Reply Retweet Like
石平太郎 7h
有難うございます。
Reply Retweet Like
石平太郎 7h
【書評】今も続く「思想戦」の歴史 石平著『なぜ日本だけが中国の呪縛から逃れられたのか 「脱中華」の日本思想史』 - 産経ニュース さんから
Reply Retweet Like
石平太郎 10h
石平が観た世界の風景と世界の美 中国・旧正月の思い出
Reply Retweet Like
石平太郎 10h
Reply Retweet Like
石平太郎 10h
石平が観た世界の風景と世界の美 中国・旧正月の思い出
Reply Retweet Like
石平太郎 10h
石平が観た世界の風景と世界の美 中国・旧正月の思い出
Reply Retweet Like
石平太郎 10h
石平が観た世界の風景と世界の美 中国・旧正月の思い出
Reply Retweet Like