Twitter | Search | |
四ッ谷龍
俳人。1958年生まれ。
7,906
Tweets
73
Following
647
Followers
Tweets
四ッ谷龍 14h
Replying to @vienna_cat55
そうかもしれませんね。「ハイク」呼称問題についてはもう10年以上腹を立て続けているので、この話にはつい熱くなります。季何さんにだからこそ、いろいろ言ってしまうのですが…
Reply Retweet Like
四ッ谷龍 14h
Replying to @vienna_cat55
日本語の俳句と外国語の俳句には、もちろん違いはあります(俳句だけの話ではないけど)。違いがあることは認めた上で、もっと深いところでその差異を乗り越えられないだろうかと考えることに意味があるんですよ。 俳句とハイクだなんて入り口で区別したら、それ以上のコミュニケーションは成立しない。
Reply Retweet Like
四ッ谷龍 14h
Replying to @vienna_cat55
「日本語の俳句と他の言語のハイクは違うものだ」と言いながら、一方で「俳句は世界の詩型」とおっしゃるのは矛盾していませんか。
Reply Retweet Like
四ッ谷龍 14h
Replying to @vienna_cat55
「日本の俳人は自分の俳句と同じものを、同じような概念で外国語でやるように押しつけています」って、具体的に誰がどう押し付けてるんですかね。そういう人もいるかもしれないけど、全体としてはそういう傾向はないと思うが。
Reply Retweet Like
四ッ谷龍 14h
Replying to @vienna_cat55
区別したいならすればいい。しかしそれなら、外国語の俳句は自分たちの俳句とは別物だと宣言して、自分たちの殻に閉じこもればよい。(そういう考えもありうる) 俳句とハイクを区別しておいて、一方で俳句は世界で認められた文化遺産ですとか言ってるのは滑稽ですよ。
Reply Retweet Like
四ッ谷龍 14h
Replying to @vienna_cat55
海外の俳人たちは、自分が「ハイク」を書いているとは思っていません。「俳句」を書いていると思っています。日本人が、自国語の俳句と外国語の俳句を区別していると知ると、ショックを受けて悲しむんですよ。
Reply Retweet Like
四ッ谷龍 17h
Replying to @vienna_cat55
なぜ「ハイク」とカタカナで書くのか、教えてもらえますか。日本語の俳句と外国語の俳句は区別されるべきとお考えですか?
Reply Retweet Like
四ッ谷龍 17h
Replying to @vienna_cat55
「なわとび」はいちおう季語ですけどねw。「そうめん」はそれだけで季語になるのか、「冷や素麺」と言う必要があるのか、よくわからないけど。まあいずれにせよ季節は重要ではない句ですね。
Reply Retweet Like
四ッ谷龍 retweeted
渡辺由佳里 YukariWatanabe Nov 10
話題になっている、トランプの「何を言っているのかわからない」発言は、日本人記者のほうに否があるのか?それともトランプが差別的なのか? そのあたりを体験を元に掘り下げてみました。|
Reply Retweet Like
四ッ谷龍 Nov 10
ワッハッハッ、またギータが打ち崩したわ。
Reply Retweet Like
四ッ谷龍 Nov 10
ギータの前では大リーグなどゴミでしかないわ。ワッハッハッ。 (いちど言いたかったので言ってみただけ)
Reply Retweet Like
四ッ谷龍 Nov 10
屋守、という東京の酒を飲んでいます。東村山の酒だそうです。果実の風味があって、結構ですな。
Reply Retweet Like
四ッ谷龍 retweeted
Shoko Egawa Nov 10
他人や他国が「世界」を知らないと怒っている人は、自分は「世界」を知っているという認識なんだろな…。その過剰な自信は、いずこから湧いて来るのかしらん。
Reply Retweet Like
四ッ谷龍 Nov 10
中西夏之展はこちらで、12月9日まで。
Reply Retweet Like
四ッ谷龍 Nov 10
中西夏之さんは宮沢賢治の『土神と狐』で、土神が「草といふものは黒い土から出るのだがなぜかう青いもんだらう。黄や白の花さへ咲くんだ。どうもわからんねえ。」と言うところなどが面白いとおっしゃっていたね。
Reply Retweet Like
四ッ谷龍 Nov 9
打ち合わせの後は恵比寿に回り、「中西夏之 日射のなかで -土神と狐-」展を見る。 ドゥーグルとは、「形と時間はどう関係するか」という話をしたんだけど、中西さんの絵はまさにこの問題に取り組んでいたのだ。中西さんから、もっともっと話をききたかったなあ。
Reply Retweet Like
四ッ谷龍 Nov 9
ドゥーグルが出版の人から「どの俳人の作品が好きですか」とたずねられて、最初に「永田耕衣」と答えたのはびっくりだったな。これもさすが。
Reply Retweet Like
四ッ谷龍 Nov 9
今日はドゥーグルと出版関係者と、原稿について渋谷で打ち合わせ。 ドゥーグルはハロウィーンの日にイベントのため渋谷にいたそうだが、仮面を被ってマントを着て歩きまわったとのこと。さすが。
Reply Retweet Like
四ッ谷龍 retweeted
Y. MINAMITANI Nov 5
久しぶりに今週の言葉。痛みの文化史研究のなかで頻繁に引用されるエミリー・ディキンスンの詩。
Reply Retweet Like
四ッ谷龍 retweeted
Fumiharu Kato 加藤文元 Nov 5
ルーブル美術館の学芸員をやっている友人との会話でテルモピュレイの戦いの話になったとき「今のフランスの若年層のほとんどが、レオニダスというとチョコレートのことしか知らない」と言って嘆いていた。
Reply Retweet Like