Twitter | Search | |
四ッ谷龍
俳人。1958年生まれ。
8,848
Tweets
70
Following
732
Followers
Tweets
四ッ谷龍 Sep 16
NHK「ファミリー・ヒストリー」、今日は中村梅雀さん。お父さんの梅之助のことば、「巧くやろうと思うな、ただ全力をつくせ」。 難しいことばだ。創作は巧くなければダメなんだけど、しかし最後は巧さを否定するものも必要なんだ。ではどうすればいいか。「全力をつくせ」としか言いようがない。
Reply Retweet Like
四ッ谷龍 Sep 16
今日は敬老の日だから、自分に敬老プレゼントしたぜ。🎁 こんなので毎日測るようじゃ、人生ほとんど終了だべ〜。
Reply Retweet Like
四ッ谷龍 Sep 16
ひとりご苦労さん会は、岩手の「菊の司 季楽 茜」純米原酒と、ガツキムチで。ガツのコリコリを楽しみます。
Reply Retweet Like
四ッ谷龍 Sep 15
青梅街道に出ました。このあたりが杉並木だったので、「杉並」。
Reply Retweet Like
四ッ谷龍 Sep 15
阿佐ヶ谷支流の最上流部まで来ました。ここでは開渠になっている! 昔は、阿佐ヶ谷支流はこのへんで千川上水七ケ村分水から取水していました。その取水口を「杉並口」と言いました。「杉並」の地名はこのあたりが元なのですね。
Reply Retweet Like
四ッ谷龍 Sep 15
日本大学相撲部の寮でございます。
Reply Retweet Like
四ッ谷龍 Sep 15
暗渠はくねくねしながらさらに細い路地になって、黄花コスモスの間を抜けていきます。
Reply Retweet Like
四ッ谷龍 Sep 15
おっ、コンクリ蓋出現!水路の跡がはっきりしました。
Reply Retweet Like
四ッ谷龍 Sep 15
阿佐ヶ谷にこんな釣り堀があったとは知らなかったな。大人と子どもの太公望が多数ご来場。
Reply Retweet Like
四ッ谷龍 Sep 15
阿佐ヶ谷駅のところで支流はガードを潜ります。回転寿司屋の横の、高架沿いの細道が、阿佐ヶ谷支流の痕跡です。
Reply Retweet Like
四ッ谷龍 Sep 15
阿佐ヶ谷けやき屋敷まで来ました。戦前はさらに鬱蒼とした大邸宅だったそうですが、1945年5月の空襲で大きな被害に遭ったとのこと。
Reply Retweet Like
四ッ谷龍 Sep 15
出た、逆U字形の車止め。これがある道は、もと水路だった可能性高し。阿佐ヶ谷駅の東です。
Reply Retweet Like
四ッ谷龍 Sep 15
何ということはない、高架を潜るただの道に見えますが、馬橋稲荷に通じる昔からある古道です。
Reply Retweet Like
四ッ谷龍 Sep 15
さて、桃園川右岸流と桃園川阿佐ヶ谷支流が合流していたところに来ました。左の道が阿佐ヶ谷支流の跡です。
Reply Retweet Like
四ッ谷龍 Sep 15
南天の実が色づくのはこれからです。
Reply Retweet Like
四ッ谷龍 Sep 15
馬橋稲荷神社に寄ってみました。この辺は旧・馬橋村。馬橋っていい地名だと思いますが、今は「南阿佐ヶ谷」になっちゃってるのが残念。
Reply Retweet Like
四ッ谷龍 Sep 15
Replying to @leplusvert
鞘が割れるとふつうの団栗。
Reply Retweet Like
四ッ谷龍 Sep 15
長仙寺のスダジイの実。スダジイの団栗は、鞘に包まれたようになっています。
Reply Retweet Like
四ッ谷龍 Sep 15
長仙寺前の商店街。この辺は、アール座読書館とか名曲喫茶ネルケンとか、印象的なお店が多いところです。
Reply Retweet Like
四ッ谷龍 Sep 15
関西日帰り旅行の疲れも癒えぬひとり吟行、今日は高円寺に来ました。ここから桃園川の阿佐ヶ谷支流をたどってみます。 暗渠吟行では、上流から下流に向けて歩くのがオイラの流儀ですが、今回は交通の都合で下流側からさかのぼります。
Reply Retweet Like