Twitter | Search | |
熊谷俊人(千葉市長) 25 Oct 17
ドラマ『民衆の敵』に出演されている石田ゆり子さんが撮影の合間に千葉都市モノレールにご乗車頂き、インスタグラムで「空飛ぶ絨毯のような乗り心地です」とコメント頂きました。 懸垂型としては世界最長、ギネス掲載のモノレールです。
Reply Retweet Like
Masahiko Kimura 26 Oct 17
Replying to @kumagai_chiba
稲毛~稲毛海岸延伸は昔のマスタープランにあった穴川駅からの分岐でしょうか?穴川駅自体は元々改造で4線化出来る構造のように見えますが。穴川~稲毛海岸間が出来ると穴川~千葉間の通過旅客が減りかえって収益悪化を招きそうです。穴川~稲毛海岸の旅客数でカバー出来る試算ですか?
Reply Retweet Like
熊谷俊人(千葉市長)
はい、穴川駅からの分岐です。構想であって具体的な試算が行われているわけではありません。巨額の投資が必要であり、青葉方面の延伸も含めて費用便益を出すのはかなり難しいと思います。懸垂型は無人化できないことも含め、コスト的には苦しいですね。
Reply Retweet Like More
平山泰斗 27 Oct 17
Replying to @kumagai_chiba
千葉みなとから幕張メッセ迄伸びれば千葉マリンスタジアムに行きたい人も乗るし海岸線を走れば景観も良く観光客も増えるので一気に乗客は増える筈。折角千葉は埼玉にはない海があるのてこれを生かさない手はないと思います。是非幕張メッセ迄モノレールを延伸すべき。
Reply Retweet Like
Masahiko Kimura 27 Oct 17
Replying to @kumagai_chiba
懸垂型無人化は難しいのですね。京成や海浜交通等バス会社の反発必至で、私も実現は難しいと思います。マスタープラン自体収益性と公益性を考えていないバス会社等に配慮し過ぎたプランだった。結果今の経営状態に如実に現れていると思います。利用者ですが、過去悪政遺産を活かす方法を考えましょう。
Reply Retweet Like