Twitter | Search | |
ksnt (kaisen)
「かいせん」といいます。ksntでもよいです。 Python🐍, R, Scalaが好きです。 SNA, CSS, CMCにずっと興味があります。 日本語でつぶやくアカウントになる予定。
390
Tweets
56
Following
69
Followers
Tweets
ksnt (kaisen) Oct 23
Replying to @mu2in
のみPy今日でしたか〜。広島枠は任せた!m(_ _)m
Reply Retweet Like
ksnt (kaisen) Oct 19
Replying to @t2y
ありがとうございます、がんばります!
Reply Retweet Like
ksnt (kaisen) Oct 19
明後日の資料、一応出来た。出来たのだが、これでいいのだろうかという疑問も残る。何か議論の種くらいにはなってほしいのだけれど。
Reply Retweet Like
ksnt (kaisen) Oct 16
Replying to @OgawaHideyuki
申し込みました〜。
Reply Retweet Like
ksnt (kaisen) Oct 16
【オンライン】はんなりPython #33 LT会 に参加を申し込みました!
Reply Retweet Like
ksnt (kaisen) Oct 16
PyCon mini Hiroshimaの再演(ちょっとくらい話を変える)で良ければLT枠に入ろうかな...
Reply Retweet Like
ksnt (kaisen) Oct 10
私の発表を聴いてくださった方々、Pycon mini Hiroshimaに参加してくださった方々、今日はありがとうございました。「Pythonで挑む計算社会科学」のLTの資料は以下で共有しております。何かのお役に立てれば幸いです。
Reply Retweet Like
ksnt (kaisen) Oct 10
資料、なぜかslideshareにアップロード出来ないっぽいな。speakerdeckにするか。
Reply Retweet Like
ksnt (kaisen) Oct 10
Replying to @OgawaHideyuki
人数多くてしゃべりにくいなー、と。。
Reply Retweet Like
ksnt (kaisen) Oct 10
Replying to @OgawaHideyuki
ぜひ!私はずっと黙ってるところですw
Reply Retweet Like
ksnt (kaisen) Oct 10
Replying to @OgawaHideyuki
まだやってますよw
Reply Retweet Like
ksnt (kaisen) Oct 10
ベイズ統計を扱うPythonのライブラリ、PyMC3とPyStanがあるが、PyMC3の方がPythonらしく書けるらしい。なるほど。
Reply Retweet Like
ksnt (kaisen) retweeted
kamera25@CSC Oct 9
先ほど発表したスライド(LT)です。「Pythonで始める、Blenderアドオン制作入門 」
Reply Retweet Like
ksnt (kaisen) Oct 9
JupyterDashで簡単に可視化アプリケーションを作成!すばらしい!!
Reply Retweet Like
ksnt (kaisen) Oct 9
DXようわからん。わからないときは原点に、か。なるほど!
Reply Retweet Like
ksnt (kaisen) retweeted
PyCon mini Hiroshima Oct 9
地価と自転車盗難件数の可視化のデモです。 コードも公開されているそうです。
Reply Retweet Like
ksnt (kaisen) Oct 9
今日の14時からPyCon mini Hiroshima 2020が開催されます。私は「Pythonで挑む計算社会科学」というタイトルでLTをします。楽しみなような、不安なような。がんばります!
Reply Retweet Like
ksnt (kaisen) Oct 1
そういえばManskiの本の翻訳が出ていたのでほしかったりする。Identification再入門したい。
Reply Retweet Like
ksnt (kaisen) Sep 30
Python3.9の新機能をみんなで見ている。
Reply Retweet Like
ksnt (kaisen) Sep 30
今日から始まったCourseraのGANs Specializationを紹介しました。私は先にNLPの講義をやってからかなー。
Reply Retweet Like