Twitter | Search | |
小嶋 慎二@アポネット
栃木県足利市の地域薬局の薬剤師です。自主的勉強会のアポネットR研究会の世話人をしています。くすりや医療・健康問題、海外の薬剤師活動についてつぶやきます。
45,886
Tweets
468
Following
3,689
Followers
Tweets
小嶋 慎二@アポネット retweeted
スタープラチナ 4h
2025年までに健康サポート薬局を1万〜1万5千軒ということは、薬局数が今の半分になるとして、2〜3軒に1軒が健サポ薬局ということ。 まあ潰れないためには健サポやりなさいという意味なんでしょうね。
Reply Retweet Like
小嶋 慎二@アポネット retweeted
yuSUKE tamura 5h
門前薬局は医薬分業推進時代の「負の遺産」なのか。ならば「敷地内薬局」はどうなのか。その方向に進むことは、門前やMTMを改める一策なのか。 そのような形態を残したまま、改善が求められる医薬分業とは何がどうなれば良いのか。
Reply Retweet Like
小嶋 慎二@アポネット retweeted
医薬経済社 5h
【BEHOLDER】|医薬経済社 京都・処方取り違え事案が薬剤師に突き付けたもの(会員外閲覧可)
Reply Retweet Like
小嶋 慎二@アポネット 6h
その通り あとは処方箋の不備ですよね 保険調剤のルールを守ることは必要ですが、そもそも海外では行われないことや、薬剤師の裁量でできることを、全て確認や報告する必要があるのかどうかをそろそろきちんと問いてほしい 【日経DI】 調剤料を下げるなら導入してほしいこと
Reply Retweet Like
小嶋 慎二@アポネット 6h
【m3com 医療維新】 参院選立候補者、HPVワクチンの勧奨再開「反対」が半数
Reply Retweet Like
小嶋 慎二@アポネット 6h
Replying to @kojima_aponet
よく言えるよな 現場を十分把握せず、現場の声を軽視した制度設計にしたくせに >健康サポート薬局は、かかりつけ薬剤師指導料の算定に加え、健康サポート機能を持って地域で貢献する薬局が目指す一つのモデル。
Reply Retweet Like
小嶋 慎二@アポネット retweeted
豊見 雅文 7h
Replying to @kojima_aponet
院内の調剤技術料を抑え、その分を他(処方せん料等)に付け替えて、診療報酬の総額は変わらないままに、医薬分業を推進してきたのは厚労省でしょう。 それを今になって同じ基準で比較するというのは反則ですよ。
Reply Retweet Like
小嶋 慎二@アポネット 7h
Replying to @kojima_aponet
m3comで全文を読んだらますます腹が立った >自己負担が院内処方より高くなることに対して、コストに見合うだけのサービスが提供ができているのか、あるいは医療の質が向上するデータやエビデンスがあるのかということが重要になってくる 【薬事日報】
Reply Retweet Like
小嶋 慎二@アポネット retweeted
医薬経済社 9h
緊急避妊薬、先発品価格も下落 一部医療機関が値下げ、患者の経済的負担は改善の方向に | 医薬経済社
Reply Retweet Like
小嶋 慎二@アポネット 8h
少し腹が立つ なぜ、「かかりつけ薬剤師」である必要があるのか >かかりつけ薬剤師が、どれだけ医療の質の向上に貢献しているかというエビデンス構築が引き続き必要になる 【薬事日報】 田宮薬剤管理官「対人業務への流れで議論」‐調剤料の20年改定見通し
Reply Retweet Like
小嶋 慎二@アポネット 9h
「花粉を分解」光触媒マスク表示問題で大正製薬が消費者庁に徹底抗戦
Reply Retweet Like
小嶋 慎二@アポネット retweeted
PharmaTimes 16h
Boots UK to offer cystitis test
Reply Retweet Like
小嶋 慎二@アポネット 17h
英国も注意喚起発出 【MHRA Drug Safety Update】 Febuxostat (Adenuric): increased risk of cardiovascular death and all-cause mortality in clinical trial in patients with a history of major cardiovascular disease
Reply Retweet Like
小嶋 慎二@アポネット 17h
イグザレルトを空腹時に服用すると効果が減弱するらしい 【MHRA Drug Safety Update】 Rivaroxaban (Xarelto): reminder that 15 mg and 20 mg tablets should be taken with food
Reply Retweet Like
小嶋 慎二@アポネット 17h
花粉症対策としてのステロイド筋注は推奨できないとする英国の情報 【Specialist Pharmacy Service】 Is there a place in therapy for Kenalog® (triamcinolone acetonide) intramuscular injection for seasonal allergic rhinitis (hay fever)?
Reply Retweet Like
小嶋 慎二@アポネット 17h
現在、米50州すべてで薬剤師による予防接種を許可しており、一部の州では、ナロキソン、避妊薬、エピネフリン、一部の旅行用医薬品を薬剤師が処方することができる。 【Drug Topics】 The Redefinition of Pharmacy Jobs
Reply Retweet Like
小嶋 慎二@アポネット retweeted
堀 成美 18h
そのうち今の注射器のようなやつではなくて、シール式のものも増えるのかなあと期待。ゴミも減るし事故も減るしそのほうがいいなあ。在庫管理も今よりシンプルで楽になるかも。
Reply Retweet Like
小嶋 慎二@アポネット retweeted
堀 成美 18h
カナダのオンタリオ州の薬剤師、薬学生、インターン(訓練された人)は、13種類のワクチン接種ができる(5才以上が対象)
Reply Retweet Like
小嶋 慎二@アポネット retweeted
Ayako Shibata@LINEボットで妊娠・授乳中の風邪薬 21h
Replying to @tsubo828
医師のアタマの固さがヤバイですね。。。 タスクシフトの議論、全く進めずに、忙しいとか人が足りないとか。。。 医師の自業自得の部分もデカイです。
Reply Retweet Like
小嶋 慎二@アポネット retweeted
何もし内科医@紫波町においでよ 21h
Replying to @ayako700
ホントそれ。特にインフルエンザね。 米国では普通にやってますね、体験もしました。
Reply Retweet Like