Twitter | Search | |
石倉秀明@bosyu社の社長です
社の社長です。bosyuで新しい仕事をたくさん生み出し、働き方を変えていきます。キャスター取締役COO、働き方ファーム代表取締役もやってます。 Live News α 火曜コメンテーター、Forbes認定コラムニストetc
25,718
Tweets
812
Following
13,930
Followers
Tweets
石倉秀明@bosyu社の社長です 5m
Replying to @shishishi0429 @ako0212
お、ぜひ!すぐいけます。DMします!
Reply Retweet Like
石倉秀明@bosyu社の社長です 10m
Replying to @ako0212
最高じゃん
Reply Retweet Like
石倉秀明@bosyu社の社長です 11m
Replying to @ako0212
送ってみたw
Reply Retweet Like
石倉秀明@bosyu社の社長です retweeted
ふじわらまい 12m
ほんとそうだわ…! 自分から始める文化とか、小さくまわせる文化とか、コミュニケーションのとり方も文化によるところが大きいなぁと思う。 わたし個人でそういう文化をつくっちゃえば、波及も早いし面白いなぁって思う😊
Reply Retweet Like
石倉秀明@bosyu社の社長です 14m
Replying to @ako0212
それかもしれないw
Reply Retweet Like
石倉秀明@bosyu社の社長です 16m
Twitter上だけでやりとりしたことがある人にカフェで遭遇した場合の声かけるべきかどうか迷う率は異常。 もちろん人見知りを全開に発揮するので話しかけられませんw
Reply Retweet Like
石倉秀明@bosyu社の社長です retweeted
中川祥太@リモートワーク主義過激派 29m
そーいえば、会社を始めてからも始める前もこういうの仕掛けた事が無いw まぁ分かってるから石倉さんや現役員に来て貰った訳だが。 基本的には 機械みたいにシステム構築する って事しか、俺には出来んちゅう事やな
Reply Retweet Like
石倉秀明@bosyu社の社長です retweeted
佐々木優也|スターリゾートCEO 43m
市場選択やプロダクトの筋も当然大切なんだけど、ホテルやレストランでも同様にカルチャーもめちゃくちゃ大切。 手先の技術や接客スキルを身につけても、そこにカルチャーが無ければ身につけたスキルが完全に活かされないから勿体無い。 すべては経営層の器、視座で決まると思ってる
Reply Retweet Like
石倉秀明@bosyu社の社長です retweeted
トリリンガルReina 45m
ほんまこれです...
Reply Retweet Like
石倉秀明@bosyu社の社長です retweeted
まな @ヨガの会社の企画屋さん 48m
どの部署にも通じるし、その通りだと思う。「文化」を作るためには「認識のズレ」がないかを確認することも大事だと最近感じる。目標だったり言葉の意味だったり。大義で共通認識を持つのか、狭義で持つのかをその時々で考える。
Reply Retweet Like
石倉秀明@bosyu社の社長です retweeted
ししど/ BOKURA 1h
Reply Retweet Like
石倉秀明@bosyu社の社長です retweeted
カゼトトモニ※とーま 57m
これは本当に介護の現場でやっていきたいこと。 組織の文化づくり。 そのためには、各事業所のコンセプトが明確になって、そこに行くための行動指針が示されていること。それがすべての判断基準になる。 そしてこれらは常に修正されるものだということ。
Reply Retweet Like
石倉秀明@bosyu社の社長です 1h
Replying to @kohide_I
マネジメントとして - 全員達成できるだけの仕組み - リストも点数化し、全員ほぼ同じ条件にしてあとはアクションできればいけるはずという設計 - 未達をとにかく認めない - チームリーダーのミッションをチームの達成の1つに絞る - 多部署との調整は全部引き受ける みたいなことをやってたなーと
Reply Retweet Like
石倉秀明@bosyu社の社長です retweeted
中島久希@キャリコン人事 1h
これは営業組織だけではなく全ての部署で共通されていると思います。 採用も開発も魅力的な文化をつくる。 改めて自分に言い聞かせる。
Reply Retweet Like
石倉秀明@bosyu社の社長です 1h
Replying to @kohide_I
わりとこれだけなんだけど、週次で目標管理することでリカバリしやすくなり、やることもフォーカスし、とにかく受注で盛り上がる、それの繰り返しでやってくと「達成しないのはダサい」という雰囲気になってきて、あとは全体のKPIだけウォッチしてれば毎月ギネスに近い数字を叩き出すようになってた
Reply Retweet Like
石倉秀明@bosyu社の社長です retweeted
田中祐太@スタートアップ転職の専門家 1h
納得 15000人の大きい会社から 10名以下のベンチャーにジョインして 余計に思うのは 文化、風土形成も超重要で 同じ目標にむかって走れるかどうかも 重要だと思う。 ここにきて 共感採用の意味が何となく実感持てるようになった気がする
Reply Retweet Like
石倉秀明@bosyu社の社長です 1h
DeNAでECの新規開拓営業のマネージャーになった時、過去1年以上未達のチームだった。やったことは - 目標管理を月次から週次に - ホワイトボードで他の部署に見えるように管理 - 注力カテゴリを3つに - トークも2種類だけ - 受注したらハイタッチしてお祭り騒ぎ - 達成者比率を毎月増やすことに注力
Reply Retweet Like
石倉秀明@bosyu社の社長です retweeted
Shogo Tsuda 2h
抱えていること、いまやろうとしていることそのもの。
Reply Retweet Like
石倉秀明@bosyu社の社長です 2h
Replying to @kohide_I
別にこれは全部署そうなんだけど。 スタートアップだと、よいサービスを作って強い営業組織を作って売る、ということがなぜかあまり投資家に評価されなかったり周囲にわかってもらいにくかったりするけど、BtoBなどのサービスであれば「強い文化」を持った営業組織があるかどうかで全然違うよね
Reply Retweet Like
石倉秀明@bosyu社の社長です 2h
昨日とあるスタートアップの人と話してたんだけど、営業組織を強くしたいときに、本当にやらないといけないのは「文化」を作ることなんだよね。 目標に対してあらゆる施策が打たれ続ける「文化」、粘り強くやり続ける「文化」、小さい改善をし続ける「文化」etc.. 当たり前レベルが高い文化を作れるか
Reply Retweet Like