Twitter | Search | |
中野晃一 Koichi Nakano
小学館サピオの記者を名乗る人から「取材依頼」が来ました。「小誌ではこの度、日韓間で対立しがちな事柄について、韓国メディアにおける日本人識者の発言について検証しています」と。小学館って、あの子ども向け中心の大手出版社ですかね。時間があったら英訳を公開するか、隠すこと何もないしー。
Reply Retweet Like More
鰯(永遠のスイミー) Nov 27
Replying to @knakano1970
この前扶桑社のSPAの取材受けましたが記者さんまともでした。こんなトンデモな質問は当然なく。
Reply Retweet Like
Hananomto Kisaragi Nov 27
Replying to @knakano1970
小学館も狙われて、落ちた、ということ? 子供の好きだった、読み聞かせ月刊誌、おひさまも終わると聞いた。
Reply Retweet Like
Bobby@The Multitude Nov 27
Replying to @knakano1970
私は小学館の本は、もう絶対に買わない。
Reply Retweet Like
ミュウタント Nov 27
サピオは作る会が活動し始めた頃小学舘から出された雑誌です。どうしようもない論調が多いです。産経の正論に載るような人達が執筆してたりします。
Reply Retweet Like
Hananomto Kisaragi Nov 27
そうなのですね。 なぜ、そんな雑誌を小学館が… 知らない自分が悔しいです。 さんに教えていただきたい。 日本会議をご存知でしょうか、と。
Reply Retweet Like
烏賀陽 弘道 Nov 27
Replying to @knakano1970
SAPIOとかSPAは頭の愉快な雑誌ですねえ。「正論」「諸君!」なきあと最後の「頭の愉快な雑誌」として貴重です。あ、正論はまだあったのかな?まあ、あってもなくても世界の大勢に影響ないからどっちでもいいや。
Reply Retweet Like
鈴木 耕 Nov 28
Replying to @knakano1970
むかし、小学館の社員から聞いた話。小学館ビルの前を右翼街宣車が「SAPIOのみなさん、ご苦労さまです。これからも、いい雑誌をお作りください!」と叫びながら通って行くのを聞いて、とても恥ずかしかったそうです。ほんとうの話です。
Reply Retweet Like