Twitter | Search | |
麒麟地震研究所
NPO法人国際地震予知研究会(IAEP)のメンバーです。3月11日の地震の前兆 発生時のデータを明確に捉えてました。巨大地震の直前反応を捉える観測をしています。地震の予測は様々な前兆反応を観測して行ないますから日々変わります。天気予報の様に毎回チェック をしてください。
3,716
Tweets
40
Following
96,506
Followers
Tweets
麒麟地震研究所 2h
観測機2のデータです。観測機2は広い範囲の地震前兆反応を捉えています。大きな反応が出てきました。山形地震と同じパターンの反応に注目しています。観測機1にもM5クラスの反応が出ています、しばらく注意が必要です。
Reply Retweet Like
麒麟地震研究所 2h
観測機3のデータです。沖縄、鹿児島 南部、大分、瀬戸内海周辺の四国中国方面、紀伊半島から静岡長野 日本海方面の中央構造線付近の地震前兆を捉えています。赤の強い反応が出現してきましたM5クラスの地震に注意が必要ですが発生しない場合はM7クラスの継続反応です
Reply Retweet Like
麒麟地震研究所 16h
Replying to @kirinjisinken
観測機5のデータです。関東方面や関東東方沖、伊豆諸島の地震前兆反応を捉えています。9時11分にM5.5が発生しました、去年10月18日から大きな反応が出現していても対応する大地震は未発生ですので今後の反応に注目しています。
Reply Retweet Like
麒麟地震研究所 Jun 21
観測機2のデータです。観測機2は広い範囲の地震前兆反応を捉えています。大きな反応が出てきました。山形地震と同じパターンの反応なので注目しています。観測機1にもM5クラスの反応が出ています、しばらく注意が必要です。
Reply Retweet Like
麒麟地震研究所 Jun 21
観測機3のデータです。九州、紀伊半島から静岡長野方面の中央構造線付近の地震前兆を捉えています。出現パターンが変わってきました注目しています。山形の地震の発生場所は中央構造線の延長線上にあるので15日の反応はこの地震の反応の可能性があります
Reply Retweet Like
麒麟地震研究所 Jun 18
観測機1のデータです。今950の反応が出ています。6クラスの地震に暫く注意が必要です。6月6日の53000の反応が昨日の地震前兆であれば6月末に反応は出現しないと思いますが、6月末に同じパターンの反応が出現すれば別の大きな地震の前兆反応と考えられるます要注目
Reply Retweet Like
麒麟地震研究所 Jun 18
観測機2のデータです。今は大きな反応は出ていません。今後の反応を継続観測します。
Reply Retweet Like
麒麟地震研究所 Jun 18
地震発生前に出現する大気重力波です。衛星画像で見ると東北地方で地震が発生することがわかりますが大きなると広い範囲で出現しますので震源地の特定は難しくなります。今回はウラジオスットクから東北地方東方沖まで出現していました。
Reply Retweet Like
麒麟地震研究所 Jun 18
Replying to @kirinjisinken
東方沖ではなくて山形でした。
Reply Retweet Like
麒麟地震研究所 Jun 16
観測機2のデータです。観測機2は広い範囲の地震前兆反応を捉えています。東北地方東方沖の予測アウターライズ地震M8.6以上のパターンが45000出ています。反応は7年半以上出現しています。今後の反応に注目中です。発生したら津波は3.11の2倍以上可能性があります。
Reply Retweet Like
麒麟地震研究所 Jun 16
観測機3のデータです。沖縄、鹿児島 南部、日向灘、大分、瀬戸内海周辺の四国中国方面、紀伊半島から静岡長野方面の中央構造線付近の地震前兆を捉えています。赤の強い反応が出現していますM5クラスの地震に注意が必要ですが発生しない場合はM7クラスの継続反応です
Reply Retweet Like
麒麟地震研究所 Jun 13
観測機4のデータです。静岡県、長野県や紀伊半島から滋賀県、岐阜県方面の地震前兆反応を捉えています。収束、出現を繰り返していますのでしばらくM4クラスの地震に注意が必要ですが今後の反応に注目しています。
Reply Retweet Like
麒麟地震研究所 Jun 13
観測機3のデータです。沖縄、鹿児島 南部、日向灘、大分、瀬戸内海周辺の四国中国方面、紀伊半島から静岡長野方面の中央構造線付近の地震前兆を捉えています。赤の強い反応が収束していますM5前後の地震に注意が必要ですが発生しない場合はM7クラスの継続反応です
Reply Retweet Like
麒麟地震研究所 Jun 12
Replying to @kirinjisinken
13日09時56分ころ、地震が発生しました。 震源地は、十勝沖(北緯41.0度、東経144.3度)で、震源の深さは約10km、地震の規模(マグニチュード)は4.7と推定されます。
Reply Retweet Like
麒麟地震研究所 Jun 11
観測機1のレンジ999の今日のデータです。6月6日に53000の反応が出てツイートしましたが発生しませんでした。ほぼ同じパターンの反応が7月始めに出現するか注目しています。昨日はM5前後の反応が出ていますので数日間は注目が必要です
Reply Retweet Like
麒麟地震研究所 Jun 11
観測機5のデータです。関東方面や関東東方沖、伊豆諸島の地震前兆反応を捉えています。30日に大きな反応が出現して複数の地震が関東で発生していますが、去年10月18日から大きな反応が出現していても対応する大地震は未発生ですので今後の反応に注目しています。
Reply Retweet Like
麒麟地震研究所 Jun 10
観測機3のデータです。沖縄、鹿児島 南部、日向灘、大分、瀬戸内海周辺の四国中国方面、紀伊半島から静岡長野方面の中央構造線付近の地震前兆を捉えています。赤の強い反応が出ていますM5前後の地震に注意が必要ですが発生しない場合はM7クラスの継続反応です。
Reply Retweet Like
麒麟地震研究所 Jun 6
Replying to @kirinjisinken
観測機1のレンジ999の今日のデータです。5月10日に34000の反応が出てツイートしましたが発生しませんでした。ほぼ同じパターンで今日は53000で3倍以上の時間で出現していますので同じ地震の反応が大きくなって出現している様です。
Reply Retweet Like
麒麟地震研究所 Jun 6
観測機1に53000の非常に大きな地震前兆反応(M7前後)が出ています。 観測機3の中央構造線周辺 の阿蘇山、日向灘、瀬戸内海周辺 静岡から日本海 観測機2の東北地方 東方沖 北海道方面 観測機5の関東 関東東方沖 伊豆諸島 数日間は警戒が必要です。発生しない場合は数カ月先の反応です
Reply Retweet Like
麒麟地震研究所 Jun 1
Replying to @kirinjisinken
1日7時58分頃、千葉県で最大震度4が発生、震源地は千葉県北東部、M4.7。 30日の大きな反応はこの地震の反応であると考えられますが今日本にいないので観測機5のデータを見ることができません。帰国したら検討します。
Reply Retweet Like