Twitter | Search | |
麒麟地震研究所
NPO法人国際地震予知研究会(IAEP)のメンバーです。3月11日の地震の前兆 発生時のデータを明確に捉えてました。巨大地震の直前反応を捉える観測をしています。地震の予測は様々な前兆反応を観測して行ないますから日々変わります。天気予報の様に毎回チェック をしてください。
3,565
Tweets
41
Following
93,966
Followers
Tweets
麒麟地震研究所 14h
観測機5のデータです。8日から反応が収束傾向です。ここ数年秋から冬にかけて国際地震予知研究会では大気重力波のデータで大きな地震を関東東方沖で予測してきましたが発生しませんでした。今回は観測機5も反応しているので要警戒です。
Reply Retweet Like
麒麟地震研究所 Dec 14
Replying to @kirinjisinken
紀伊半島沖で地球深部探査船ちきゅうが南海トラフ地震発生帯掘削計画で掘削中です。 2016年4月1日三重県南東沖M6.1 が発生した震源地の緯度と経度と掘削船ちきゅうの掘削位置が同じ場所でした。 今回も地震が発生する可能性があります。 東南海地震を誘発しなければ良いのですが
Reply Retweet Like
麒麟地震研究所 Dec 14
観測機4のデータです。静岡県や紀伊半島の地震前兆反応を捉えています。東海、東南海地震の予測震源域のほぼ中央に観測機4は位置しています。12000の非常に大きな反応が出ています。東南海地震の前兆反応か地球深部探査船ちきゅうが紀伊半島沖で掘削している影響か
Reply Retweet Like
麒麟地震研究所 Dec 13
観測機5のデータです。8日から反応が収束、再出現、収束と不規則にパターンになっています。観測機2も同じ様なパターンなので数日間は関東方面、東北南部、関東東方沖、伊豆諸島方面は注意が必要です。
Reply Retweet Like
麒麟地震研究所 Dec 13
観測機3のデータです。9月3日から熊本地震より大きい反応が今も継続出現中です。沖縄、大分、瀬戸内海周辺の四国中国方面、紀伊半島から静岡、長野方面の中央構造線付近は11日をピークにやや収束傾向なので注意が必要です。
Reply Retweet Like
麒麟地震研究所 Dec 11
観測機2のデータです。29日から複数の大きな反応が継続出現しています。今日は不規則な反応が出現し更に大きな反応が出ています。観測機3も大きな反応が上昇傾向なので注目しています。数カ月の間に大きな地震が発生する可能性が高くなっています
Reply Retweet Like
麒麟地震研究所 Dec 10
観測機5のデータです。8日から反応が収束しています。観測機2も収束傾向なので数日間は関東方面、東北南部、関東東方沖、伊豆諸島方面は注意が必要です。
Reply Retweet Like
麒麟地震研究所 Dec 7
観測機1のデータです。小さな反応が出ています。少しパターンが変わってきました。観測機2には東北北海道方面、観測機3には瀬戸内海方面と静岡長野方面、観測機5には関東、伊豆諸島方面に反応が、それと海洋探査船ちきゅうが掘削している紀伊半島沖の地震に注意が必要です
Reply Retweet Like
麒麟地震研究所 Dec 5
観測機5のデータです。反応パターンが変化しています。10月18日から出現した大きな反応が数カ月継続すれば大きな地震が関東方面、関東東方沖、伊豆諸島方面で発生する可能性が高くなります。
Reply Retweet Like
麒麟地震研究所 Dec 5
観測機3のデータです。12時過ぎから急激に反応が収束して13時18分に南太平洋のニューカレドニア方面でM7.6の地震が発生しました。今回のパターン変化がこの地震の影響か今後の反応に注目しています。反応は継続出現していますので注意が必要です。
Reply Retweet Like
麒麟地震研究所 Dec 4
観測機3のデータです。9月3日から熊本地震より大きい反応が今も継続出現中です。熊本地震は反応が半年以上出現して発生しました。沖縄、瀬戸内海周辺の四国中国方面、紀伊半島から静岡、長野方面の中央構造線付近はパターンが変わってきましたので注意が必要です。
Reply Retweet Like
麒麟地震研究所 Dec 3
観測機5のデータです。10月18日から出現した大きな反応は12月3日に収束しましたがまた再出現しています。このまま大きな反応が数カ月継続すれば大きな地震が関東方面、関東東方沖、伊豆諸島方面で発生する可能性が高くなります。
Reply Retweet Like
麒麟地震研究所 Dec 1
地震発生時に危険なのでエスカレーターは歩かない。
Reply Retweet Like
麒麟地震研究所 Nov 29
観測機2のデータです。大きな反応がまた出ています。アウターライズ地震のパターンが出現してきたので注目しています。数日間は3.11余震域やアウターライズ予測震源域に注意が必要です。
Reply Retweet Like
麒麟地震研究所 Nov 29
Replying to @kirinjisinken
観測機5のデータです。10月18日から出現した大きな反応は赤の強い反応が3000から7000/10分と倍以上になっています。このまま大きな反応が数カ月継続すれば大きな地震が関東方面、関東東方沖、伊豆諸島方面で発生する可能性が高くなります。
Reply Retweet Like
麒麟地震研究所 Nov 28
観測機5のデータ。関東方面、関東東方沖、伊豆諸島方面の地震前兆反応を捉えている観測機5に27、28日も同じ位の大きさの反応が出ています。20時15分にM4.4の地震が茨城県沖で発生しました。数カ月間大きな反応が継続出現すると大きな地震発生の可能性が高くなります
Reply Retweet Like
麒麟地震研究所 Nov 27
Replying to @kirinjisinken
今 11月28日11時23分青森県東方沖でM6の地震が発生しました。
Reply Retweet Like
麒麟地震研究所 Nov 27
観測機5のデータです。関東方面、関東東方沖、伊豆諸島方面の地震前兆反応を捉えている観測機5が収束後26日に大きな反応出て27日8時33分M5の地震が発生しましたが27日も同じ大きさの反応が出ています。暫く注意が必要です。
Reply Retweet Like
麒麟地震研究所 Nov 26
観測機5のデータです。関東方面、関東東方沖、伊豆諸島方面の地震前兆反応を捉えている観測機5の反応が収束していましたが22日、23日、25日と再出現し今日さらに大きな反応が出てきました。直前反応の可能性もありますので暫く警戒が必要です。
Reply Retweet Like
麒麟地震研究所 Nov 25
観測機5のデータです。関東方面、関東東方沖、伊豆諸島方面の地震前兆反応を捉えている観測機5の反応が収束傾向です。22日、23日、25日と再出現しましたがまた不規則に収束しています。暫く警戒が必要です。
Reply Retweet Like