Twitter | Search | |
倉本圭造
経済思想家・経営コンサルタント。大卒でマッキンゼー入社。その後日本らしさを活かす一貫した新しい戦略の探求を始め、社会の真のリアルを見るため時にはブラック企業や肉体労働現場等にまで潜入した後独立。コンサル業のかたわら「個人の奥底からの変革」を支援する”文通サービス”も。その他詳細や著作情報はホームページ↓へ
1,871
Tweets
405
Following
3,448
Followers
Tweets
倉本圭造 Feb 26
今日財布落としたんだけど、かなりたってから気づいて慌てて引き返し探し回ったあげく交番行ったらちゃんとあって現金もカードも全部そのままかどうか確認されて、しかも届けた人は謝礼を断ったから連絡先は教えられませんと言われた。つまり何が言いたいかというと『日本って最高だね』ってことかな。
Reply Retweet Like
倉本圭造 Feb 24
Replying to @keizokuramoto
9)ただ映画の後半、あまりにも「傾国の美女もの」すぎてちょっとついてけない感は正直あったかな。「いくら美人ってもそれで国潰すとかバカじゃないの」気分が自分にもあるのかも。そういう意味で日本でヒットするかは微妙ですが凄い何か「伝わってくる」ものある映画だったので良かったらどうぞ。(終
Reply Retweet Like
倉本圭造 Feb 24
Replying to @keizokuramoto
8)ただ、主演の染谷さんは凄い頑張って中国語で演技したらしいんだけど、日本国内じゃ吹替版しか上映しないのは不満だわ。中国語で日本語字幕なら、異国の地で阿倍仲麻呂の奥さんに出会って日本語を久しぶりに話すシーンとか凄い良いシーンになっただろうにね。続)
Reply Retweet Like
倉本圭造 Feb 24
Replying to @keizokuramoto
7)何にせよ、やたらどっちかに迎合するんじゃなく、欧米的に形を整えて収めるのでもなく、お互いの本能を激烈に放出しきっていく先に新しい調和が生まれる未来・・・っていうのは確かにあると自分は感じているし、中国文明の盲点を日本側が埋めるみたいな形を感じる良い映画だったと思う。続)
Reply Retweet Like
倉本圭造 Feb 24
Replying to @keizokuramoto
6)中国史には「傾国の美女」って何人も出てくるけど、日本だとそういう「男女の思いが歴史の特異点的に噴出」したシーンは逆に北条政子とかになるんじゃないかな。この「違い」って日中の価値観の違いの凄く本質を突いてる気がするし、白居易と空海のキャラの違いでもあるような。続)
Reply Retweet Like
倉本圭造 Feb 24
Replying to @keizokuramoto
5)ただ日本でこの映画ヒットするかは?どうだろう。思えば日本史に「傾国の美女」っていないね。ウチの奥さんが「やたら女々しい映画だった」って言ってたけど、そういう所のテイストの問題はあるかも。日本じゃいくら美人っつっても国傾けたら意味ないじゃんがコンセンサスなのか(笑)続)
Reply Retweet Like
倉本圭造 Feb 24
Replying to @keizokuramoto
4)中国で大ヒットしたことの背後には、中国人も「そういう連携」を潜在的には求めていることを表しているように感じる。そういう「欧米的上から目線のリベラル」ではないけど「理想主義的に共有できる普遍性」をアジアから見出したいと思うし、なんか空海にはそういう希望をいつも感じる。続)
Reply Retweet Like
倉本圭造 Feb 24
Replying to @keizokuramoto
3)今の東アジアは各国の「自国の右」が気に入らない国内の「左」が「左なりの共有普遍性」を立ち上げるんじゃなく「敵国の”右”に加勢して自国の”右”を攻撃したがる」不幸があって、そんなんしてると永久に不毛な争いが激化するだけなので、「空海的中心」を普遍性の見地から生み出すのは今も重要。(続
Reply Retweet Like
倉本圭造 Feb 24
Replying to @keizokuramoto
2)作中の白居易と空海のようなそれぞれの良さを活かした連携で、「アジア的社会の安定」を維持するためにどうしても必要な一線を日中が「守りあえる」ようになったらいいのに、と中国人の集合的無意識は思ってる気がする。続)
Reply Retweet Like
倉本圭造 Feb 24
日中合作巨編映画「空海」見てきた。本やブログ→で何度も書いてる通り空海の存在感や思想には個人的に凄い影響受けてるので、前から期待してて公開初日に見た。個人的には凄い楽しめたし、中国では大ヒットしたとか言うのもちょっとわかる。続)
Reply Retweet Like
倉本圭造 Feb 4
Replying to @keizokuramoto
10)最近はそういう感じのことを考えています。本はね、出す出す詐欺が続いてるけど今度はマジでかなり進んでるんすよ。近いうちにお知らせできると思いますし、ちょいちょい倉本圭造のことも思い出してやってくだされば嬉しいです。それでは、また。
Reply Retweet Like
倉本圭造 Feb 4
Replying to @keizokuramoto
9)アジア系米人がアジア本国の爆発的経済発展で自我に目覚めて、「彼ららしさ」をアメリカ文化の中に注入していく時、黒人がやった「あまりに非妥協的」な形ではなく、いわゆる「欧米由来のリベラル」の通り一遍な割り切りでもない新しい「政治的正しさ」を生み出せるんじゃないかという予感がある。
Reply Retweet Like
倉本圭造 Feb 4
Replying to @keizokuramoto
8)アジア系米人の持ってる屈折って黒人の場合とはかなり違うんだけど、結構ヒップホップ好きなアジア系米人とかもいるし、共有してる文化もあったりする。で、黒人の場合はどこまでも非妥協的になってしまう問題も、アジア系なら「落とし所」を探す本能があったりとか。
Reply Retweet Like
倉本圭造 Feb 4
Replying to @keizokuramoto
7)勿論黒人として生きてるとマジでヒドイ扱い受けることだってあるんだから単純に裁ける話ではないんだけど。一方で最近アジア系アメリカ人のユーチューブ動画見るのはまってるんだけど、「アジアの時代」に「新しいマイノリティからの視点」を提供しつつある感じで、それが何か新しい希望を感じる。
Reply Retweet Like
倉本圭造 Feb 4
Replying to @keizokuramoto
6)活躍した黒人が、「黒人の命だけじゃなく警官の命も大事」みたいなことをちょっと言うだけでメチャ突き上げられたりする難しさがある。でも正直「その視点」まで踏み込まないと黒人は最後まで「社会のお客さん」でしかないのに、巨大な被害者意識をどうしていいか誰もわからなくなってる。
Reply Retweet Like
倉本圭造 Feb 3
Replying to @keizokuramoto
5)全体的に「彼の国の分断ってマジで今シャレにならない状態なんだな」という印象と同時に、それで逆に「黒人サイドが萎縮せざるを得なくなってる」みたいな皮肉な因果関係を感じます。本気で思ってること出したら内戦になっちゃうからみたいな。
Reply Retweet Like
倉本圭造 Feb 3
Replying to @keizokuramoto
4)ハーフタイムショーも、例えばケンドリック・ラマーみたいに政治的に物議醸しそうな人はいくら超絶売れてても出てこなくて、ジャスティン・ティンバーレイクていう、日本で言う「困った時はジャニーズにしとこう的なチョイス」なのがまたなんか。
Reply Retweet Like
倉本圭造 Feb 3
Replying to @keizokuramoto
3)キャパニックやニュートン、ウィルソンといった黒人QBの縦横無尽な革新性が最近決勝まで残れないのは、その「新しい戦術」が分析されまくって対応策が確立してきたってのもありそう。一方で時代の空気的なもので昔ほど単純に「活躍」だけに集中できなくなってるみたいなのもあるかも。
Reply Retweet Like
倉本圭造 Feb 3
Replying to @keizokuramoto
2)チームもボストンvsフィラデルフィアって、凄い東部エスタブ村の内輪争いみたいになってて、西海岸のチームを応援してた自分としてはなんか・・今年観客数が5%も落ちたってニュース見たけど、「内輪化でリーチが弱くなってる」とこあるかも。
Reply Retweet Like
倉本圭造 Feb 3
毎年やってるスーパーボウルのブログ、今年は書けなかったな。今年は「黒人差別に抗議して国歌斉唱時に膝をつく選手たち」とトランプ大統領との対立が話題になりましたが結果としてトランプになってからに年連続決勝戦が「白人QB同士」になってるのは考えさせられます。(続)
Reply Retweet Like