Twitter | Search | |
倉本圭造
経済思想家・経営コンサルタント。大卒でマッキンゼー入社。その後日本らしさを活かす一貫した新しい戦略の探求を始め、社会の真のリアルを見るため時にはブラック企業や肉体労働現場等にまで潜入した後独立。コンサル業のかたわら「個人の奥底からの変革」を支援する”文通サービス”も。その他詳細や著作情報はホームページ↓へ
2,105
Tweets
495
Following
3,268
Followers
Tweets
倉本圭造 5h
Replying to @SatsumaAki
いえいえこちらこそ、ご丁寧にどうも。日本人て別に世界平均よりそんな性悪なわけじゃなく単に行動様式が独特なだけだと思うんですがポリコレ論理的には何から何まで非難されがちだったりするじゃないですか。歴史的経緯ゆえの偏見から、ドイツも似た部分あるかもなので冷静に見てあげたいですね(笑)
Reply Retweet Like
倉本圭造 7h
Replying to @SatsumaAki
確かにそういう話よく聞きますしドイツに住むとなればやはり感じ悪い体験するのかもですね。ただ個人的に知ってるドイツ人は本当に良い人多いなあと感じていて国と個人の印象は別に考えたいなと思ってます。日本も国自体がレイシストとか非難されやすいバイアスある気がしますが状況似てるのかなとか。
Reply Retweet Like
倉本圭造 17h
Replying to @yuukibmw0316
いや僕もスーパーの寿司好きですよ。回転寿司も高い寿司もそれぞれの美味しさがあると思います。でも確かにフェラーリや大聖堂の例えの方がわかりやすいかもですね。自分たちは違うものなんだ!というプライドの感じが。。僕はそこまで思い切れないタイプの人間だなあ、とシミジミ思います。
Reply Retweet Like
倉本圭造 17h
Replying to @yuukibmw0316
隔絶は格差のメチャ大きいのですかね?別世界もいいですが、主観的に『そもそも比較になってないほどこっちの方が凄いぞ』と思い切ってしまってるみたいな?銀座の寿司店とスーパーのパック寿司が『同じ寿司という食べ物とは思えない!』とかいう時のイキり方(笑)が隔絶性のよくある例かと思います。
Reply Retweet Like
倉本圭造 18h
Replying to @yuukibmw0316
お久しぶりです。まあでも『在独日本人ジャーナリストさん』的な人と仲良くなれる感じはあまりしないんですけどね(笑)『凄くいいなあこういうの!でもなんかちょっと危うくない?』と思うセンスの、前半が全くない人も嫌ですが、後半が全くないのも困りもので、そこがドイツ文明の危うさなのかも。
Reply Retweet Like
倉本圭造 20h
Replying to @keizokuramoto
続 世界で最も自由なワイマール憲法下でナチスは生まれた的な話もそうだが、現実的グリップを失う程の『自由な議論環境』が、その場を維持する為の潜在的な差別意識や、まとまらない議論を豪腕で集約したい教権主義と表裏一体になりがちなのは今の時代大事な視点と思う。
Reply Retweet Like
倉本圭造 20h
さっき連ツイしたドイツ文明の両面性て話纏めると英米ではあらゆる個人の思いを常に『値踏み』する事で現実的に集約するんだがドイツは無制約な議論という手続きの可能性をマジに信じてみんな話すからまとめきれず最後強権で集約したくなっちゃいがちな国なのかな?て事ね。続
Reply Retweet Like
倉本圭造 20h
Replying to @keizokuramoto
6)なんにせよ前も書いたが自分はこのCMみたいなのに怒るのが苦手なタイプなんで、ちゃんと抗議して撤回まで持っていった人たちには敬意を表します。アジアその他の爆発的経済成長で、欧州文明の基礎を新しく『位置付け直す』事が必要なタイミングなんだろうなと感じる出来事だったね。終。
Reply Retweet Like
倉本圭造 20h
Replying to @keizokuramoto
5)的な揺るぎなさ、て欧州文明の隔絶性への無意識の絶対的自信みたいのから来てるとこあるし、そういうフォーマットの会話に載らないような事象はこの世に存在しないかのような感覚の女性がいる事と、今回の差別CMを作る男がいるのは表裏一体な感じもして。そこにドイツ文明の難しさがあるのやも。続
Reply Retweet Like
倉本圭造 21h
Replying to @keizokuramoto
4)思った事全部言っても無視されずに『それをネタに知的な雑談をしましょう』みたいな揺るぎなさを感じで超癒された。ストライクゾーン広っ!みたいな?左翼さんでドイツや北欧が夢の国だと感じる人いるんわかるなーと思った。でも仄かに怖いなと思ったのは、この『知的な会話をする事は常に良い事』続
Reply Retweet Like
倉本圭造 21h
Replying to @keizokuramoto
3)非ネイティブの負い目からかもだが英米人と話す時は常になんか『値踏み』されてる気がしちゃうというか自分が感じたままの事普通に言ってもこの人興味あるかなないかな?とか常に考えちゃうんだが、その二人組ドイツ人と話してる時は全然そんな気持ちにならず、どんなアホな思いつきでもとにかく(続
Reply Retweet Like
倉本圭造 21h
Replying to @keizokuramoto
2)何年か前に父親の退職記念とかで両親と三人だけで岐阜山中のマイナー温泉地に旅行したんだけど、この歳で両親と三人でいるの気詰まりすぎて一人で逃げ込んだ喫茶店で、長期休暇で旅行中のドイツ人女性二人組と意気投合して半日ぐらい話して、大袈裟だが『欧州文明凄いなあ!』とか思ったのよ。続
Reply Retweet Like
倉本圭造 21h
ドイツの例の差別CM取り下げになったらしいね。なんか個人的に話した事ある範囲(そう多くはないが)ではドイツ人(特に女性)て欧州人で一番話しやすくてオープンマインドで偏見なくてみたいな印象だったから意外だった。まあ日本と関わるようなインテリさんと本国のマジョリティは違うのかな?続
Reply Retweet Like
倉本圭造 Apr 20
Replying to @keizokuramoto
4)『戦前の日本』『左翼運動』『カルト宗教』のどれかを叩いて自分達は違う!という(左を絶対化して紋切り型の過去の日本叩きに熱中するとか)のはあんま意味ないね。むしろ『自分がそうなっててもおかしくなかった』構造自体を直視して、どうやって社会の中に善用していくか考えなくちゃな時代だね。
Reply Retweet Like
倉本圭造 Apr 20
Replying to @keizokuramoto
3)大日本帝国と20世紀的な左翼運動とオウム事件はほぼ同じメカニズムが背後にあって、どれはいいけどどれは悪いとか言って叩きあうのに熱中すんのはもういいよという気持ちになった。『やっちゃった人』は強がりでも何かしら自己弁護するけど『やらかした痛々しさ』は本人たちが一番感じてそうで。続
Reply Retweet Like
倉本圭造 Apr 20
Replying to @keizokuramoto
2)勿論安易なフォロワーを生まないためにもキッチリ『総括(笑)』してちゃんと否定しておく事は必要だが、信じた道を進んだはずがどこから考えても滑稽な程バカバカしい結果になってしまった事は本人らは身に染みてそうでちょっと痛々しい感じあった。たとえ自分は反省しない!と言ってる人でもね。続
Reply Retweet Like
倉本圭造 Apr 20
昨晩NHKで連合赤軍事件に参加してた本人たちがお爺さんになってインタビューに答える番組あってなかなか見ごたえがあった。強がり、悔悟、懺悔その他各人各様の今だったが、認めるかはともかくいわゆる『左翼叩き』みたいな反応は長い人生の中で体験しすぎて身に染みてるみたいな感じだった。勿論 (続
Reply Retweet Like
倉本圭造 Apr 19
半年かぐらい前にネットの記事でこの会社の事業内容読んだ瞬間『うおおおすげえええ』てなりましたね。データ活用やAI利用で価値を出すにはまず問題の洞察の深さが一番大事、という好例だと思いました。
Reply Retweet Like
倉本圭造 Apr 18
Replying to @keizokuramoto
3)ビートルズは続けられない内容のバンドだったと思うがストーンズは死ぬまでやれそうなバンドで昔は何かそこが不徹底というか体制的(笑)な感じがして好きでなかったんだけど、むしろ壊すべきでないものを守りつつ進むからこそもっと遠くまで行ける的な事思うとイマジン大喜利の話に繋がる気がした。
Reply Retweet Like
倉本圭造 Apr 18
Replying to @keizokuramoto
続)それはそうと昨日『家ついてっていいですか』て番組で板橋区の刺繍職人夫婦(60代)が自宅兼職場の古ビルでファンだというストーンズをプロジェクターで流しながら二人で踊り狂ってて、いいなあ!と思って昨日から聴いてる。アップルミュージック契約してから聴いてるの古い古いロックばっかだわ。
Reply Retweet Like