Twitter | Search | |
藤原かずえ Apr 18
テレビ朝日 女性社員は、一年ほど前から数回取材目的で福田氏と1対1で会食をした。その度にセクハラ発言があったことから自らの身を守るために会話の録音を始めた。 自分の身を守るためなら、最初にセクハラを受けた段階で会社を通して抗議すべきであったと考えます。
Reply Retweet Like
藤原かずえ Apr 18
Replying to @kazue_fgeewara
テレビ朝日 女性社員は上司に「セクハラの事実を報じるべきではないか」と相談した。しかし上司は、本人が特定され二次被害が心配されることを理由に「報道は難しい」と伝えた。そのためこの社員は週刊新潮に連絡をし、取材を受けた。 テレ朝の上司は一般常識を疑う行為を行っていたということです。
Reply Retweet Like
藤原かずえ Apr 18
Replying to @kazue_fgeewara
テレビ朝日 当社社員がセクハラ被害を受けたことを財務省に抗議するとともに、今後セクハラの被害者である当社社員の人権を徹底的に守っていく考えです。 被害を受けた女性記者の人権を軽視して、本人にショックを与えるとともに社会を混乱させた組織が、今更逆ギレして組織防衛しているようです。
Reply Retweet Like
藤原かずえ
テレ朝の一部社員は、被害者の女性記者が誰であるかを知っていたにも拘わらず、それが誰であるかわからないような報道をずっと続けていたと言えます。行政文書書き換え問題と同様、テレ朝は重役・報道局を含めて誰が知っていたのかを国民に明らかにする社会的責任があります。疑惑は深まりました。
Reply Retweet Like More