Twitter | Search | |
片山さつき 29 Nov 12
なお、自民党は、徴兵制を考えておりません。現行憲法の奴隷的拘束条文は、徴兵制を違憲にするものではないというのが通説で、今時奴隷はないだろうと、条文整理しただけ。現実の戦争で超ハイテク兵器を民間徴兵が扱うのは危険。徴兵発想そのものが非現実的
Reply Retweet Like
太陽の心 6 Dec 12
Replying to @katayama_s
徴兵制は考えていないでしょう。奴隷的拘束条文にしても、誤解を招く内容です。憲法は国家の最高法規です。ですから、改正は国の方向性を決める重大な意味を持ちます。ならば、誤解されるような表現・内容は避けるべきです。政権政党になるのですから、しっかりして下さい。
Reply Retweet Like
片山さつき
国民が権利は天から付与される、義務は果たさなくていいと思ってしまうような天賦人権論をとるのは止めよう、というのが私たちの基本的考え方です。国があなたに何をしてくれるか、ではなくて国を維持するには自分に何ができるか、を皆が考えるような前文にしました!
Reply Retweet Like More
momo2000 6 Dec 12
Replying to @katayama_s
国民の代理となって議するだけが代議士のお仕事であって国民に義務を付するのは貴方達のお仕事では有りません。「代議士」と言うのは貴方達に白紙委任する事では無いので良くお考え下さい、
Reply Retweet Like
片山さつき 6 Dec 12
Replying to @itj57fhhhgt
国会議員は法律予算の審議と立法が仕事ではないですか?私はこの二年で6本の議員立法を発議し、うち3本は成立施行されてます。ご存知でしょうが憲法は、選挙で選ばれた衆参各議員総数の三分の二以上の賛成で、国会が発議し、国民投票で過半数の賛成必要です。
Reply Retweet Like
xtasy acidliner 6 Dec 12
Replying to @katayama_s
税金を納め、理性を保ち怒りを抑えて過ごしてる大半の国民に何をしろと?当選後に辞職せず所属政党を変えたり、何枚舌があるのか知らないが、あっさりと主張を変えるご同輩の姿勢を変えてからなら、そのご意見は傾聴に値するかと思います。
Reply Retweet Like
片山さつき 7 Dec 12
Replying to @acidream
仰るとおり、当選後ころころ政党を変えたり、セイトウ自体がころころ名前も政策も変えたりは、いかがなものかと。
Reply Retweet Like
浅井秀和 アスペルガー㊿代 7 Dec 12
Replying to @yhahatuma @katayama_s
 かっこよくない、自民党がバカなだけです。森有礼という明治憲法を作った人間でさえ、天賦人権論です、それから伊藤節という改憲派の憲法学者も、憲法は国家を拘束するものであり、国民に義務を課すものではないと言ってます。
Reply Retweet Like
片山さつき 7 Dec 12
Replying to @yhahatuma
@crazy45age 森有礼の断片的引用のほうがよほど誤解招きませんか?
Reply Retweet Like
エツナカ 7 Dec 12
人権というものが天より…もとい自然に由来するというのでなければどこから由来するのでしょうか?
Reply Retweet Like
片山さつき 7 Dec 12
人が本来求める自然権を、憲法の下、法治国家がいかに実現するか?が第三章の国民の権利及び義務でしょう?何度も申し上げているように、現行憲法でも濫用ダメ、公共の福祉に反しない限りの尊重となってますよ。
Reply Retweet Like
エツナカ 7 Dec 12
片山さん繰り返しになってしまいますが、人権が自然に由来しないならば何に由来するのかについてお教えいただければと思います。
Reply Retweet Like
片山さつき 7 Dec 12
私が申し上げる「生命、自由、幸福追求権など、人が自然に求める権利」、とあなたが仰る「自然に由来」との違い。国民は基本的人権を享有し、不断の努力により保持。濫用不可。公共の福祉か、公益、公の秩序かは相当議論しましたね。
Reply Retweet Like
片岡光明 7 Dec 12
 難しいことは良くわかりませんが、日本は天皇陛下がおられて、代々受け継がれた国体の精神があると思います。それを無視したような憲法は有り得ないと思いますけど。フランスはどうのとかは関係なく独自の憲法をつくってください。
Reply Retweet Like
片山さつき 7 Dec 12
仰るとおり、だから55年体制で、自主健忘制定を党是としつて保守合同で自由民主党ができたのです。今回改正案の前文をご紹介します!
Reply Retweet Like