Twitter | Search | |
春日部 幸一
工場畜産による水棲生物への破滅的影響を無視し、捕鯨だけを論う愛護反捕鯨さん達向けに永らく使ってた前アイコン『濁った水を憂う蛙』を『厄介な動物(=ヒト)を憂うヒト』に換えました。本質的には、ヒトが憂うべき対象となる動物はヒトだけ。思い煩わされるのもヒトにだけ…そのヒトを動物扱いしたら、どうなる?動物をヒト扱いしたら?
36,486
Tweets
574
Following
382
Followers
Tweets
春日部 幸一 8h
Replying to @mtboru @taka_darkness
①前二者はその主張者によって差異が有る為,重なる部分は有っても<ヒト社会に於ける正しさ>と相反する場合が多いのでは? ②<しなければならない/してはいけない>という事由で規制される行為は実在しますが,ならば其は相対的ではなく,また絶対的な遵守を求められる以上<前二者よりも重要>となるのでは?
Reply Retweet Like
春日部 幸一 Aug 19
Replying to @mtboru @taka_darkness
では,恐らくは余りややこしくない質問を ①「正義」と「倫理的な善」とヒト/ヒト社会に於ける「正しさ」は其々違うと考えますか? ②私の話はヒト/ヒト社会が「しなければならない事/してはいけない事/しても構わない事」の確認だと考えてますが,其は前二者よりも重要だと考えますか?
Reply Retweet Like
春日部 幸一 Aug 18
Replying to @taka_darkness
シンギュラリティ後数百年程度では解決不可能でしょうね
Reply Retweet Like
春日部 幸一 Aug 18
Replying to @taka_darkness
memeクンやその支持する学者の理屈のスジからは充分有り得る事でしょう 其が悪意からでなく,全ての有感の他者への思い遣りから発している以上は,其の信条と手段を持つ者が殺人を止めるのと同様に,信条を実現出来る手段を得た「善人」が「悪行」を止めさせる時に合意など必要だとは考えない筈ですから
Reply Retweet Like
春日部 幸一 Aug 18
Replying to @taka_darkness
其れを言い出せば,物体としての地球を消滅させないといずれアミノ酸が生成され(パンスペルミアが事実なら尚の事)其から抗放射線の複製システムを持った生物が生まれて有感生物を含む生態系が生まれ得ますし,苦痛不利益排除の義務が地球と云う星に限定されなければならない根拠も無くなってしまいますよ
Reply Retweet Like
春日部 幸一 Aug 18
Replying to @taka_darkness
当然コンセンサスを得ないままの実行を目論むでしょうね 其の目論見が早期に(ヒトよりも世代交代サイクルが早い種の不妊化が確認されればワクチン作成なので手を打たれるので)バレない様に,種ごとに不妊化効力発現を変えたウィルスが必要となりますが,其もシンギュラ後は可能となるでしょう
Reply Retweet Like
春日部 幸一 Aug 18
Replying to @taka_darkness
AN者には,苦痛不利益を感じないからと云って有感生物以外の生物生態系を害しようという意志は無いのでは? その辺りの価値の置き方で変わるのかもしれませんが,思い遣りからの行為であるならば,例えば深海生物などが即死しないであろう核は選ばないかと思いますが…
Reply Retweet Like
春日部 幸一 Aug 18
Replying to @taka_darkness
なので,ヒト含めた全有感生物根絶の為のウィルスです <出生は殺人と同義>との信念を持つ過激なANが,その手段を得て尚他の考えを持つ者の合意が無ければ実行しないとは考え難い… <殺人は絶対悪>という信念と手段を持った者が人が殺されそうな現場に出くわした時,加害者の合意が無くても止めるでしょう
Reply Retweet Like
春日部 幸一 Aug 18
Replying to @taka_darkness
昨夜の連ツイに有る過去ツイや朝に貼ったリンクのツイで話してる内容は元々<出生は殺人同様の悪>と考えるANが,シンギュラによって可能になるウィルスで(他のヒトの合意を得ないまま)ヒトの根絶を目指す時,どの種にも即時不妊化が起きると目論見がバレて叶わない為,種ごとの時間差発現をさせるだろう,と
Reply Retweet Like
春日部 幸一 Aug 18
Replying to @taka_darkness
確かに病気や怪我は完全に防げませんが,その頃には捕食相関への介入(捕食者に被捕食者に代わる食物を与える)が可能でしょうから,ヒトのANと同様ですよね そして病気や怪我を完全に防げないからこそ,種を根絶する必要が生まれますし,矢張り種を存続させなければならない合理根拠も見付からないでしょう
Reply Retweet Like
春日部 幸一 Aug 18
Replying to @taka_darkness
念押しをしておくと,不妊化~種の根絶がシンギュラリティによって実現の視野に入ってきた今,ヴィーガニズム・反種差別・脱搾取主張者の一部がエフェリズムに賛同しないのは不可解である,という事です
Reply Retweet Like
春日部 幸一 Aug 18
Replying to @taka_darkness
⇒云っている事になり<有感生物の苦痛は無い方が善い>を普遍的価値として提唱する立場と矛盾します 結果として野生に於いては苦痛不利益が生じ続け,其の一部を野性捕食者に代わり狩猟によってヒトが与えたとしても被捕食者の苦痛は同じ事なのですから 故に彼等がエフェを支持しないのは間違ってる,と
Reply Retweet Like
春日部 幸一 Aug 18
Replying to @taka_darkness
takaさん自身がどう考えてるか分りませんが,少なくとも一部のエフェリズムを支持しない反 派は,苦痛不利益に関してはmemeクン同様に悪であると考えながらも,野生動物の苦痛根絶(=種の根絶)には賛同しませんが,其は苦痛不利益を感じる事その物でなく<ヒトによる苦痛>だけが悪いと云(続
Reply Retweet Like
春日部 幸一 Aug 18
Replying to @taka_darkness
ん? 不妊化ウィルス(捕食動物の餓死が起きない様に各動物種の再生産サイクルに合わせて不妊トリガーが発現する)による静かな絶滅は有感動物にとって苦痛が無く,且つ安楽死薬品を大量に生産するよりもコストが安い,という事ですよ? そして苦痛の根絶=絶滅なので,個体の保護などしてはいけないのでは?
Reply Retweet Like
春日部 幸一 Aug 18
Replying to @taka_darkness
野生動物の安楽死こそ,その薬品散布量の膨大さからコストが大変な事になるでしょう…深海生物にも充分量を行き渡らせるんですから ウィルスなら少量で済みます 狩猟を止めさせる方法論の話ではなく,野生動物間の苦痛不利益を放置する反 派が狩猟に反対する理由は無い,と云う話ですよ?
Reply Retweet Like
春日部 幸一 Aug 17
Replying to @taka_darkness
技術特異点通過後には其ほど困難でも高コストでもないでしょう 話の要点は<有感生物の苦痛不利益を慮る主張者の一部が,野生の苦痛不利益を放置するなら何故,ヒトによる狩猟を非難するのか?>という事です 野生加害と等価なら,狩猟も放置で良いでしょ?
Reply Retweet Like
春日部 幸一 Aug 17
Replying to @taka_darkness
>行き過ぎた功利主義は集団の利益の為に個人が犠牲になる。 功利主義は完全否定出来ないけど,↑が最大の難点なので先ず先に個人/個々の集団の人権権利保護を「しなければならない事」として確保した上でないと危険ですね 揺るがし得ないモノとして人権を規定するには先ず,人権の成因を誰もが知るべき
Reply Retweet Like
春日部 幸一 Aug 17
この様な考え方はスジが通っていて分り易い 反 主張は基本的に功利主義ではなく,権利/義務論から個々の有感主体の権利保護や苦痛・不利益からの解放を訴える個体主義となるのが自然だろう 功利主義からだとゴールポスト設定次第でどの様な<善い>でも選ばれ得るが,其に意味が有るのか?
Reply Retweet Like
春日部 幸一 retweeted
春日部 幸一 Aug 16
Replying to @mtboru
其がどんな動機で行われていようとも,季節環境で変わる鳥獣の行動と狩場の関係を識り,病原から安全な解体法を含めた狩猟食物生産技術をより多くの者が持つ事は,只感傷に任せて脱搾取を喚く馬鹿よりも遥かにヒト社会にとって有用です という定義を守る為に事実を無視する界隈大半は害悪でしょう
Reply Retweet Like
春日部 幸一 retweeted
春日部 幸一 Aug 16
Replying to @mtboru
<狩りガール>は界隈での批判対象になりますが<野生被捕食者としてのアタリマエの苦痛>しか与えず,食肉の為に自ら手を汚すその行為が,アタリマエでない苦痛を与える畜産業者や只其の恩恵に与ってる大多数よりも尚界隈を逆撫でするのは,倫理的な善し悪しと自らの感傷を混同してる証左ではないでしょうか?
Reply Retweet Like