Twitter | Search | |
春日部 幸一
工場畜産による水棲生物への破滅的影響を無視し、捕鯨だけを論う愛護反捕鯨さん達向けに永らく使ってた前アイコン『濁った水を憂う蛙』を『厄介な動物(=ヒト)を憂うヒト』に換えました。本質的には、ヒトが憂うべき対象となる動物はヒトだけ。思い煩わされるのもヒトにだけ…そのヒトを動物扱いしたら、どうなる?動物をヒト扱いしたら?
37,328
Tweets
583
Following
390
Followers
Tweets
春日部 幸一 Nov 14
Replying to @taka_darkness @mtboru
冒頭は書き損じ その利益を明確に示せるのは被報復可能性排除の必要性だけ
Reply Retweet Like
春日部 幸一 Nov 14
Replying to @taka_darkness
その抵抗までを恐れてナニもしないのならば、あらゆる悪い状況は改善されないままとなります ヒトの権利の成因と、その絶対的な必要性を了解させるまで、其が最低限のルールとして通用する様になるまでは弾圧も必要ですよ
Reply Retweet Like
春日部 幸一 Nov 14
Replying to @taka_darkness @mtboru
その利益を明確に示せるのは被報復可能性は維持の必要性だけ 即ちヒト(と其の実質的家族である愛玩目的被所有動物)だけで、そうではない他動物に道徳的にあろうとした時、自己含めたヒトの不利益に繋がり得る場合が有るので「自己の利益に繋がる」道徳の対象は限られます
Reply Retweet Like
春日部 幸一 Nov 14
Replying to @taka_darkness
本当に差別が有るならば、弾圧してでも止めさせるべきでしょう 多くは侵略や別の目的を誤魔化す口実に使われますが、深刻な人権侵害を止める為に国連やNATOが軍事介入したりする事を、そのタテマエ上の理由を指して「悪い」とは云い得ないでしょう
Reply Retweet Like
春日部 幸一 Nov 14
Replying to @taka_darkness
其は「種差別撤廃」ではない 「其に賛同する者は黒人差別をしないが、黒人差別を続けたい者が其を今後も続けるのは自由」という人種差別撤廃は無いでしょう 「種差別」という定義が成り立つなら押し付けても加害ではない 定義が曖昧なまま喚くから、必要な区別・動物利用の権利を疎外する害悪となる
Reply Retweet Like
春日部 幸一 Nov 13
Replying to @taka_darkness
だからこそ、必要な利用とそうでない加害を別ける必要が有るでしょう ヒトの特別扱いの根拠が定まらないままに「種差別だから悪い」と、必要な狩猟等と不必要だったり産業構造と共に変革可能な動物利用を混同したまま非難するからこそ、いつまで経っても無駄に揉め続ける事になります 前提が間違ってる
Reply Retweet Like
春日部 幸一 Nov 13
Replying to @taka_darkness
そうじゃないでしょw ヒトの権利/取り扱いを他動物とは別けなければならない理由、に関して曖昧なままだからこそ、ヒトを他動物の如く蔑ろにしてしまう現状が有り、結果報復が起こり、それが連鎖し続けてる 即ち種差別なんて定義提唱は、しなければならない事と真逆を推し進めようとしてるから、害悪
Reply Retweet Like
春日部 幸一 Nov 13
Replying to @taka_darkness
報復は善くない、と言い続けてきたのは宗教だけど、この何千年か宗教を主な理由とした報復応酬こそ人死にの最大要因となってる ならば、相手がヒトである以上、それからの被報復可能性を排除しなければならないという事実を認識させるのが合理的では? 即ち、種差別だ何だと云う寝言こそ害悪になってる
Reply Retweet Like
春日部 幸一 Nov 4
Replying to @kasugabe1111
たった之だけの事を覆せない者等が「ヒトと他動物の扱いを別ける理由は無い/苦痛不利益を感じ得るという共通点だけが、他動物とヒトの扱いを別けてはいけない理由となる」と言い張り、其を「勝利を収めた議論」と自認してらっしゃる 誰も彼もが不都合な抗論を閉め出した上で「抗論が無い」と仰います
Reply Retweet Like
春日部 幸一 Nov 4
Replying to @kasugabe1111
「その者の為に報復する者を持たないヒト」ならば、その扱いは他動物と違える必要が無い? 「天涯孤独ヒトを殺しても被報復の恐れが無いので殺しても良い」となった時点で、その者等に拠る放火が始まる 太古から火や毒、現代なら轢殺銃殺爆殺等の対ヒト報復手段を持つヒトは、それ故他動物とは違います
Reply Retweet Like
春日部 幸一 Nov 4
Replying to @kasugabe1111
対ヒト報復能力を持たない他動物の為に「他動物を利用する、対ヒト能力を持つヒト」に対して報復するヒトが在るならば、その馬鹿なヒトはヒトに報復されるが、その馬鹿の為に報復してくれる他動物は居ない 「他動物の為の報復」が産むのはヒト社会への害悪だけ 可及的速やかに、馬鹿は滅ぼしましょう
Reply Retweet Like
春日部 幸一 Nov 4
即ち他に合理的な理由が有るならば差別とはならない 必須植物性の生産供給が滞る様な事態に於いても、獲り易い貝小魚等とヒトを別けずに食うべし/その様な時は餓死すべし、と明言出来ないならば、其処には合理的な理由が有る 対ヒト報復能力を持たない他生物は全て潜在的にヒトの食用利用対象となる
Reply Retweet Like
春日部 幸一 retweeted
スリーS+S_GRIDMAN Nov 2
やはり何に依って人権があるか確定させないと
Reply Retweet Like
春日部 幸一 Nov 2
そうじゃないと「勝利」者の側に居られないんですよ! 界隈の皆がジャンヌダルク扱いしてくれるから、それで問題ないんですよ!
Reply Retweet Like
春日部 幸一 Nov 2
Replying to @kasugabe1111
誰でもいいから逃げずに報復原理から 定義を守って見せて頂きたい 権利/義務論も功利主義も潰れたんで、もう「徳倫理」での言い逃れしか残ってないとは思うけど…
Reply Retweet Like
春日部 幸一 Nov 2
随分と都合の良い精神構造してらっしゃるよねぇ… ↓ この界隈は皆が皆、不都合な異論は全てミュート/ブロックによって「無かった事」にして持論や自分の支持する学者学説を守るんだから、そりゃ「勝利」し続けるよねぇ…
Reply Retweet Like
春日部 幸一 Nov 1
ほぼ全てが野生捕食者からの捕食対象であり、即ちヒトからの捕殺によって「アタリマエの苦痛」しか受けない野生動物への感傷が、終生「アタリマエでない苦痛」を与えられてる工場畜産動物に対するモノより数倍数十倍も大きく、狩猟者の「残酷さ」が殊更に論われるの、非常に歪んでて不愉快で不可解です
Reply Retweet Like
春日部 幸一 Nov 1
また可哀想だなんだと※が付いてるが「狩猟してたら角の大きな鹿が居たので撃った」というだけで、珍しい角だから選んで殺したワケでもなく、トロフィーハンティングじゃなく、肉は食用にするんでしょ? 「珍しい角だから生かしておいて欲しい」なんて感傷の半分でも工場畜産動物に廻せばいいのにねぇ…
Reply Retweet Like
春日部 幸一 retweeted
○かもしれない Oct 30
要はこれはポリコレの話なんですよ。形だけ差別してない態度や行動をとったって、問題の本質を理解していなければ何の意味も無いし、応用もできない。なぜその集団を差別してはいけないのか、そもそも差別とは何なのか、そこを考えなければ意味が無い。
Reply Retweet Like
春日部 幸一 Oct 27
反出生主義者であるmemeクン= には、このハナシとの齟齬を受け容れられないだろうから、ヒト中心必然を受け容れざるを得なくなる筈なんだけどねぇ…
Reply Retweet Like