Twitter | Search | |
k3_neoprotesters 14 Jul 16
鹿砦社さんの例の「紙の爆弾」増刊号をざざっと見ました。 政治運動史的な所は、私は元々そんな詳しくない世界なのでアレですが、事件に関してはかなり正確に書かれていると思う。あの事件はあまりにも「当たり前すぎるくらいダメな事件」。適切な解決がなされることを祈りつつ...多少追加。
Reply Retweet Like
k3_neoprotesters 14 Jul 16
Replying to @k3_neoprotester
週刊実話の記事がアっという間に訂正になった経緯は私も未だによく解らない。不可解すぎて、気味が悪いくらいだ。重要な事は《李信恵氏が加害者として関与していない》という訂正が出たことで、これは私が把握していた事実とは大きく異なる。勿論、これは今後、裁判で明らかにされていくだろうが。
Reply Retweet Like
k3_neoprotesters
更に気持ちが悪いのは、おそらく、あの「訂正」がオカしいという事を相当数の人間が知っていた筈である事。実は、2014年春頃にCRAC内で共有された「エルネスト金が状況を説明している投稿」というのがあって、私はそれを見ている。そこでは、李信恵氏が手を出したことも書かれている。
Reply Retweet Like More
k3_neoprotesters 14 Jul 16
Replying to @k3_neoprotester
文面だけ貼る。大部分黒塗りにしましたが、ここでは李信恵氏が「ビンタ」を入れたと説明されている。私は「拳での一撃」と聞いていたので食い違ってはいるが、「ビンタ」か「拳での一撃」かの議論ではなく「加害者ではない」という訂正記事となった。
Reply Retweet Like
k3_neoprotesters 14 Jul 16
Replying to @k3_neoprotester
情報共有がされた媒体も聞いてるけれど、少なくとも7~80名はこれを見てる筈なので、「手を出した」という点については相当程度の人達は2014年の春頃から《知っていた》ということになる。にもかかわらず、あの「デマだ、デマだ」の大合唱が起きていた訳なんで、あの時は唖然とした。
Reply Retweet Like
k3_neoprotesters 14 Jul 16
Replying to @k3_neoprotester
こういう経緯もあって、体質的な問題だと思いながら様子を眺めてはいたんだけれど。その他、先の投稿の黒塗り部分にも相当量の「デマ」、「印象操作」と言わざるを得ない記載が含まれていると私は判断している。ここらは裁判を通じて明らかになるとは思うので、とりあえず黒塗りにしてますが。
Reply Retweet Like
k3_neoprotesters 14 Jul 16
Replying to @k3_neoprotester
鹿砦社さんの本を見て、事件についてかなり正確に書かれてると思ったんですが、こういう事実もありましたよ、という事でちょっと補足しました。間違えてはいけないのは、あの「デマだ、デマだ」の大合唱は、相当数の人間が「解ってやっていた」という事。あんなの「組織的隠蔽」としか言いようがない。
Reply Retweet Like
k3_neoprotesters 14 Jul 16
Replying to @k3_neoprotester
次に、101頁のところ。 有田議員とこの事件の関連性について書かれている部分で、私のTwも引用されているところですが、ちょっと意図が違ってる部分があるので書いておきます。
Reply Retweet Like
k3_neoprotesters 14 Jul 16
Replying to @k3_neoprotester
まぁ引用されたあのtwの通りではあるが、有田議員に事件の発生をお伝えした段階では、本当にナニがどーなるかよく解らない段階だった。また、伝えた意図は、本にあるような「善処してくれ」というのではなく、「身内がやらかした事件で火の粉がかかってもマズいので用心してください」という程度。
Reply Retweet Like
k3_neoprotesters 14 Jul 16
Replying to @k3_neoprotester
そりゃね、こんなあからさまにダメな事件。関西にも道徳的にマトモだと思える年寄衆の方々もいる訳なんで、普通に考えたらサッサと被害者に謝罪を通して終わるだろう、程度の予想も私にはあった訳です。こんなもん迷う余地がない。
Reply Retweet Like
k3_neoprotesters 14 Jul 16
Replying to @k3_neoprotester
弁護士されてる方にはご意見をお聞きしたいくらいなんだけど。  ・やらかした暴力の内容が約60発の暴行  ・しかもICレコーダーで証拠がクッキリ残ってる なんて状況で、「謝る」か「ゴネる」の2択で弁護方針考えにゃならなん時に、迷う要素がドコにありますのん?と。未だに意味が解らん。
Reply Retweet Like
k3_neoprotesters 14 Jul 16
Replying to @k3_neoprotester
そういう意味でも、まぁ迷う余地なく「謝罪」が入って、勿論、被害者だって感情的に直には飲めないながらも半年くらいで消化していって、なんとか解決に向かうんちゃうかなぁ、と。まぁ事件直後の私の予想としてはそういうカンジだった訳でね。 まぁ、私の予想は完璧に外れた訳ではありますが。
Reply Retweet Like
k3_neoprotesters 14 Jul 16
Replying to @k3_neoprotester
そういう意味では、あの段階で有田議員に仲裁的介入なんて全く期待はしていなかったんですよ。まぁ普通に考えて、周りも解決させる方向で動くのが当たり前だろうとも思ってたので、そんな話で煩わせるより法案関係の仕事を頑張って欲しかったし(ここは今でも変わらない)。
Reply Retweet Like
k3_neoprotesters 14 Jul 16
Replying to @k3_neoprotester
本に書かれている「悲痛さ」というのは、「在日自身がこんなバカやらかして申し訳ない」という思い。ここについては本当に痛かったし、自分自身でも整理し切れてない時期だった。でも、解決の為に介入を求めるという意図は一切なかったし、そういう話だと認識もされてなかったと思います。
Reply Retweet Like
k3_neoprotesters 14 Jul 16
Replying to @k3_neoprotester
で、前にも書いたけれど、その後、有田議員にこの事件について私から連絡した事は一回もない。また、加害者らも重要人物らには事件の事を話していなかった様子が伺えるので、相当長い期間は有田議員に事件の情報は伝わってなかったんじゃないかと思う。「秘匿されていた」んじゃないかと。
Reply Retweet Like
k3_neoprotesters 14 Jul 16
Replying to @k3_neoprotester
あえて言うなら、私の思いとしては「あーあー、もうこんなあからさまにダメな事件もマトモに捌けない集団でもうホントに情けなくってすいません」という所だろうか...。そりゃもうね、こんなもん反差別も人権もへったくれもない有様ですからねぇ...。あらゆる主張が一発でダブスタ化してる訳で。
Reply Retweet Like
k3_neoprotesters 14 Jul 16
Replying to @k3_neoprotester
まぁこの辺りは、あの本の101頁の記載を見てちょっと書いとかねばとおもった次第で。 取材きてくれたらちゃんと説明したんですけどね。まぁいいか。 とりあえず、あの本を読んだ上でちょっと思ったところというのは、こんなもんかな。
Reply Retweet Like