Twitter | Search | |
モイラ 29 May 16
すいません、まさかとは思うのですが、謝罪文を送っただけで、主水本人には一度も直接謝罪してないのに事件化するなとか、反省したと言う事にしているわけでは無いですよね?
Reply Retweet Like
k3_neoprotesters
謝罪文提出は1度だけで、謝罪文の内容と背反する言動が繰り返されていたので、被害者は「極めて不誠実」としか受け止めてません。関係者から「彼らは反省している」と聞くことはありましたが、全く信憑性はなかったですね。ご指摘の通り「反省したことにしている」としか。
Reply Retweet Like More
モイラ 29 May 16
Replying to @k3_neoprotester
回答いただきありがとうございます。重ねて申し訳ないですが、謝罪文を送った人間で、主水本人に直接会ってしゃざいしたひとは居ますか?反省したのなら、直接謝罪することを望むことは当然だと個人的には思うのですが
Reply Retweet Like
k3_neoprotesters 29 May 16
Replying to @onigashima5
代理人がつきましたから、直接謝罪もしにくかったかもしれないとは思いますが。一度、「謝罪会をやろう」という企画が上がったことがありました。ただ、これは日時を指定して被害者に「この日時に来てくれ」というもので、被害者の予定も確認せず企画された経緯があり(続
Reply Retweet Like
k3_neoprotesters 29 May 16
Replying to @onigashima5
承前)その経緯で「被害者をそもそもバカにしてるよね、これ」としか受け止められず、結果、実現はしませんでした。これはまだ告訴前で、謝罪文も提出される前の話です。
Reply Retweet Like
モイラ 29 May 16
Replying to @k3_neoprotester
重ねて回答いただきありがとうございます。殴っておいて更に呼びつけたのですか?しかも「会」ですか。再びリンチ犯の懐に飛び込めとか、恫喝や再暴行の恐れから行けるわけ無いじゃないですか・・・アリバイ作りとしか見なせないですよ
Reply Retweet Like
k3_neoprotesters 29 May 16
Replying to @onigashima5
この謝罪会を調整したのはコリアNGOセンターだったそうなので、流石に「再暴行の恐れ」はないかなと思いますが、被害者のアポも取らずに一方的に日時指定というのは、被害者をバカにしてる、と取られても当然でしょうね。普通、最初に予定の確認をするのが筋ですし。
Reply Retweet Like
モイラ 29 May 16
Replying to @k3_neoprotester
被害者に予定を聞かない辺りが、どアリバイ作りや被害者その物への軽侮にしか見えませんよね。そして、その後送られてきた謝罪文は、気付きませんでしたで逃げ打ちですか・・・0点と言うかマイナス点と言うか・・・
Reply Retweet Like
k3_neoprotesters 29 May 16
Replying to @onigashima5 @snpuku
一応誤解を排する意味で書いておきますね。事件は2014年12月17日未明に起きていますが、事件後、直接対面はしにくかった経緯は確かにあるんです。まぁそりゃ、被害者にしたって、直後だと「会いたくないよ」と思うのが当然ではありますし。
Reply Retweet Like
モイラ 29 May 16
Replying to @k3_neoprotester
被害者が会いたくないとは言え、呼びつけてやろうと言うのは被害者を軽侮した、常軌を逸した行動だとしか言えませんよ・・・
Reply Retweet Like
k3_neoprotesters 29 May 16
Replying to @onigashima5 @snpuku
例が適切か解りませんが、レイプ事件に例えると、「レイプ被害者が直後に加害者と顔を合わせたいか」というと、まぁそりあり得ないわな、と。その意味で事件後2~3週間は、周りとしても直接対話の機会を作ることさえできない時期だろうとは思います。
Reply Retweet Like
k3_neoprotesters 29 May 16
Replying to @onigashima5 @snpuku
先ほど触れた「謝罪会」の企画も、1月中旬だったと思うんですが、ここが期間として「ちょっと間があいた」というのは、別に責めれるような話ではないと思います。ただ、いきなり日時指定ってのは流石に「バカにしてる」と受け止められて当然だった訳で。
Reply Retweet Like
k3_neoprotesters 29 May 16
Replying to @onigashima5 @snpuku
たぶん、この事件を穏当な「和解」に導ける機会が《最も豊富にあった時期》は、ここだと私は今でも思っています。まぁ、過去を振り返っての「たら、れば」にすぎませんが。まぁ驚くくらい《全部被害者感情を逆なでしてるだけ》な事だらけでしたが。
Reply Retweet Like
モイラ 29 May 16
Replying to @k3_neoprotester
謝罪の会を開く前に謝罪文を送り、その謝罪文の中に「謝罪の会」をやりたい。だから、どうか謝罪の機会を頂きたい。謝罪させて欲しいと言うのもなく、おい、謝罪の会やるから来いよ。とか、本気で通っているのでしょうかねぇ。
Reply Retweet Like
k3_neoprotesters 29 May 16
Replying to @onigashima5
これは完全に同感です。加害者らがそういう姿勢だったのか、セッティグした人たちのミスなのか、なんなのかはイマイチ良く解らないのですが、重要なのは《そこで被害者がどう受け止めるか》という要素だけです。怒らせた分だけ「マイナス」にしかなってなかったな、と。
Reply Retweet Like
k3_neoprotesters 29 May 16
Replying to @onigashima5
いあ、私もこの話は聞いたときには驚きましたよ。普通最初に被害者に「謝罪会やりたいんですがどうでしょうか?ご予定どうですか?」的な確認を「先に入れる」でしょ。ほんとにですね、ここは、ワケわからんなぁ、と思って聞いてました。
Reply Retweet Like
モイラ 29 May 16
Replying to @k3_neoprotester
やはり、主水が在日の弁護士を入れようとしたのが良くなかったんでしょうね。「ナメられる」事をしてしまった。奪われた者が相手の顔を伺うのは、その権利を諦めたに等しくなってしまう。権利を主張するのは、社会を作るのに必要不可欠な行為ですから
Reply Retweet Like