ポンデ黒糖 Sep 2
』 なんて優しい世界だろう。主人公の周囲の人々は勿論のこと、ありのままを受け入れてもらえたのは、彼の純粋で真っ直ぐな性格ゆえ。 親から子への深い愛、友人や兄弟との親愛、そして作品作りに対する愛…その温かさを忘れてしまわないように、胸にしまっておきたい作品。