Twitter | 検索 | |
従来のバージョンのtwitter.comが表示されています。このサイトは15 12月 2020に閉鎖されます。サポートされているブラウザまたは端末に切り替えてください。サポートされているブラウザのリストについては、ヘルプセンターをご覧ください。
Junsei →
極熱ハイトーンボーカル「Junsei」のアカウント😎またの名を「おじゅん」
20,100
ツイート
294
フォロー中
403
フォロワー
ツイート
Junsei → 11月29日
尚,自分の音源に自分の音源をリファレンスとして読み込ませるとそれっぽい感じにはしてくれました。 そこにエフェクトを5個とか足して調整かけていけば同じ感じになると思う。 もしこの先ステレオ感とかエキサイターとかも読み込んでくれるようになったら本当にすごい。
Reply Retweet いいね
Junsei → 11月29日
しかしこの機能をちゃんと使える人間がわざわざ手直しの労力をかけてまで使うのか…w
Reply Retweet いいね
Junsei → 11月29日
RMS1.8ってなんだよwwww
Reply Retweet いいね
Junsei → 11月29日
最初これくらいのえげつなさで来るからスピーカーの音量がヤバいことになる。 直すと普通に悪くない
Reply Retweet いいね
Junsei → 11月29日
どんな音源を読み込んでも確実に少々の手直しは必要。 最近の音源でやるとマキシマイザーのレベルとか大きすぎる。 それでもうまい具合に聴ける状態に仕上げてくれることは間違いない機能で正直びっくりしている
Reply Retweet いいね
Junsei → 11月29日
マスタリングアシスタント機能は使い物になると思う。 ただMP3をリファレンスとした場合には高域が落ちたものが出来上がるらしい。
Reply Retweet いいね
Junsei → 11月29日
おー全然違うけど形になってる…
Reply Retweet いいね
Junsei → 11月29日
あ、良いの出来たわ。 なんでだ??
Reply Retweet いいね
Junsei → 11月29日
ンンンンンンコレジャナイイイイイイイイ
Reply Retweet いいね
Junsei → 11月29日
いやいやこれ俺のやり方がちがうだけだよな
Reply Retweet いいね
Junsei → 11月29日
全く違うものが出来上がったwwww
Reply Retweet いいね
Junsei → 11月29日
自分の音源で実験してみた。 同一曲のマスタリング前の状態にマスタリング後の音源をリファレンスとして使った場合、完成品は近いものになるのだろうか、同一になるだろうか
Reply Retweet いいね
Junsei → 11月29日
マスターの方も試してみよう
Reply Retweet いいね
Junsei → 11月29日
とりあえず良い使い方としては派手な音源にしたいなあ〜 とかなった時に派手なミックスの音源読ませればとても都合良い感じにしてくれることは理解した。
Reply Retweet いいね
Junsei → 11月29日
あとはCDデータじゃないとダメかもなあ、MP3読ませてもロスが出てる分は本当にMatch EQを使ってることにはならないだろうから。 多分高域に極々ちょっとわずか変な感じ出るんじゃ…?
Reply Retweet いいね
Junsei → 11月29日
ozoneのMatch EQの使い方教えてもらったから使ってみた感じ、やっぱりめちゃくちゃ良いドラムミックスとかギタートラックをリファレンスにして使う方が良さそうな機能
Reply Retweet いいね
Junsei → 11月29日
肉を輸送すること、これが1番プレッシャーのかかる行程だ…
Reply Retweet いいね
Junsei → 11月26日
返信先: @kemitane
プラスにもなるけどマイナスもあるよなあ
Reply Retweet いいね
Junsei → 11月26日
返信先: @kazz_shred
誕生日おめでとうー! 今後ともよろしくそして良い一年を🤘🤘🤘
Reply Retweet いいね
Junsei → 11月25日
もんじゃ食べたい。 もう生産者側ではなくて消費者側になりたい。 もんじゃの。
Reply Retweet いいね