Twitter | Search | |
石井孝明(Ishii Takaaki)
「税金である以上、一定の制約」。こういう当たり前の議論さえ行われない現状は恐ろしいです RT【政界徒然草】科研費の使途追及が学問の自由への介入? 本質的な議論避ける国会  - 産経ニュース さんから
Reply Retweet Like More
ひとさかし 3 Jun 18
税金の使い方を議論しようとしているのに「学問ノススメ自由への介入」とか、、わけわからないです。 反論するならちゃんとやっている内容を公開して正当性を主張すればいいのに。
Reply Retweet Like
🐶🍓るり🍓🐵 3 Jun 18
学問の自由は認める。だから私たちの税金でどの学問を援助するか決める自由が私達にもあるのを認めて欲しい。
Reply Retweet Like
有坂さぶろー 3 Jun 18
学問をするのは自由だが、金を出すかどうかは別物 予算を獲得したいならプレゼンして納得させればいいだけなのに何を勘違いしてるんだろ 予算は畑から取れるものだとでも思っているのだろうか
Reply Retweet Like
木星3 3 Jun 18
学術振興会という独立行政法人が間に入っているとしても、その資金の多くが文科省から。憲法第89条との絡みが気になります。
Reply Retweet Like
kitakaze@ウヨ子 プニ(o'∀')σ)Д`;) 3 Jun 18
なにを研究しようと自由です でも、それなら自分の金でやれ、と言いたいですね
Reply Retweet Like
yellowspan(木) 3 Jun 18
公費の使いかたを問題提起しているだけ。逆に反安倍反政府勢力の実力行使による言論潰しは、百田氏の某大学での講演会潰しで明らかだ。本来気に入らない言論は言論で対抗しなければならない。
Reply Retweet Like
クッキークッキー 3 Jun 18
公費投入してるから反政府、反日の学問まで自由は無い。また、政権擁護や反対の趣旨の学問でも自由は無い。
Reply Retweet Like
ジェームス 4 Jun 18
科研費がなくなると学問が出来なくなるって、どういう学問の自由なのか?学問はご自由に。その学問を奨励し応援する意味で税金から補助しますが、闇雲にカネは出しませんよ、という話です。
Reply Retweet Like