Twitter | Search | |
山口将史 / 育成専門トレーナー
関東/北関東/茨城/ 大学サッカー部専属トレーナー 理学療法士/ アスレティックトレーナー学生兼院生 **育成年代のトレーニング指導・サポート**※ケガの治療やトレーニングのご依頼はDMまで!選手向けLINE@(限定動画あり)⇨
72
Tweets
74
Following
197
Followers
Tweets
山口将史 / 育成専門トレーナー 6h
これはスポーツの現場でも 同じこと。 チームには、 ✔︎コーチ ✔︎フィジカルコーチ ✔︎トレーナー ✔︎ドクター など色んな役割の人がいる! 選手の状態をみて " いま何が必要か" を判断し、 適切な人に受け渡す。 この時、情報共有が大切!!
Reply Retweet Like
山口将史 / 育成専門トレーナー 11h
長友も導入してたけど、 ヨガやピラティスって スポーツ選手にも効果あると思う! 自分が選手にもやらせるポーズ。 ✔︎胸椎伸展できて、ハムストリングなどのバックラインを伸ばせる ✔︎大臀筋の収縮を入れられる ただ、無理やり姿勢を取ろうとすると 筋緊張が高まり逆効果。
Reply Retweet Like
山口将史 / 育成専門トレーナー 19h
○アーチ改善のための セルフエクササイズ ver.1🏋️‍♂️ 足趾セルフストレッチとともに セルフケアの中に組み込みましょう! ストレッチ後に指が動きやすい状態でエクササイズを行うとより効果的✨
Reply Retweet Like
山口将史 / 育成専門トレーナー Aug 17
選手を見てて思うのは、 集中力や緊張を自分の一番力が発揮しやすい範囲内にコントロールできている選手は強い。 まずは、自分のプレーしやすい範囲(心理学でいう" フロー状態 " )を知ることが大切だと思います。
Reply Retweet Like
山口将史 / 育成専門トレーナー Aug 16
「足の裏が痛い」 ✔︎内側縦アーチ ⇨足底腱膜、後脛骨筋、長母趾屈筋 母趾外転筋 ✔︎外側縦アーチ ⇨長腓骨筋、小趾外転筋、短小趾屈筋 ✔︎横アーチ ⇨長母趾屈筋、母趾内在筋群など この選手は、外側縦アーチと横アーチの崩れが問題! 改善エクササイズは 夜にアップします!!
Reply Retweet Like
山口将史 / 育成専門トレーナー Aug 16
怪我やトレーニング、ケアの事など何でも質問お待ちしてます🤲
Reply Retweet Like
山口将史 / 育成専門トレーナー Aug 16
Twitterの設定を間違えてて、 自身のツイートが「センシティブな内容〜」と表示されていました、、、。 申し訳ありません。 もう設定変更したので、今後は大丈夫だと思います!
Reply Retweet Like
山口将史 / 育成専門トレーナー Aug 16
「試合後半に腰が反ってくる」 ✔︎バスケでは、 リバウンドやシュート時に胸郭挙上 ✔︎サッカーでは、 スプリントやシュート時に股関節伸展 " 適切なタイミング" での ・腹横筋の収縮 ・腹直筋・腹斜筋群が伸長性収縮 が出来ないことが腰が反る1つの要因となる
Reply Retweet Like
山口将史 / 育成専門トレーナー Aug 15
高校の同期が多方面で頑張ってるのを見ると自分も負けていられないな。 日本の育成を変えるために "何が必要か" "何が足りないか" を明確化しないと。 ドイツには 1年以内に絶対行く!!
Reply Retweet Like
山口将史 / 育成専門トレーナー Aug 15
常識だったものが 変わってきている、、、 理論を見てみると、 パフォーマンス向上や熱中症の予防にはこの方法は効果的。 しかし、熱中症の対処としては大血管の冷却やアイスバスのが効果的だと思う。
Reply Retweet Like
山口将史 / 育成専門トレーナー Aug 15
最もな意見だが、すぐに日本に導入するのは難しい。 まずは、 ✔︎育成年代の内的負荷(心拍数)や 外的負荷(GPS)データを積み上げていくこと ✔︎それを理解し、練習負荷を設定する指導者やセラピストの育成 から始めないといけないと思う。 今が変革期!!
Reply Retweet Like
山口将史 / 育成専門トレーナー Aug 15
「スクワットで膝が内側に入る」 こんな相談を受けた時は " RNT (Reactive Neuromuscular Training)" を指導することが多い。 わざと膝を内に入れる抵抗を与えて 外側に誘導する。 動作パターン自体に介入する! 外側荷重には外への抵抗が効果的!!
Reply Retweet Like
山口将史 / 育成専門トレーナー Aug 14
最近思うけど、 " 理屈は分からないけど良くなる " って言うのも一理あるかなと感じる 2つの立場から考えると、 ✔︎理学療法士やトレーナー ⇨起きた現象の原理を考えて 今後の治療やトレーニングに生かす ✔︎選手自身 ⇨気づきを大切にし毎日のケアや トレーニングに取り入れる
Reply Retweet Like
山口将史 / 育成専門トレーナー Aug 13
Replying to @ikusapo_pt
立位で体幹を安定させたまま 上肢の筋発揮をするトレーニング!!🏋️‍♂️ 人は必ず手足が動く前に 体幹の予測的な筋収縮が入る! 立位での体幹を安定化させるトレーニングを繰り返し行うことで、運動学習をさせ、競技動作のパフォーマンス 向上に繋げる💡
Reply Retweet Like
山口将史 / 育成専門トレーナー Aug 13
ハンドボールを見ると " 体幹が安定したまま 四肢を動かせること" って凄い大切だと気づく じゃないとこんな体勢から シュート打てない(笑) それに加えて、 競技動作をしたときに適切な 筋出力が出せることが重要。 だから単純な筋トレだけでは 意味がない。
Reply Retweet Like
山口将史 / 育成専門トレーナー Aug 13
股関節内旋制限の選手は キックと歩行を評価すると 分かりやすい印象💡 最近みた選手では、、、 ✔︎歩行 前足部の回内 + 股関節内旋制限 = " 外側接地 " ✔︎キック 胸椎の伸展・回旋 + 股関節内旋制限 = " 軸足の不安定性 " が生じていた💨
Reply Retweet Like
山口将史 / 育成専門トレーナー Aug 12
Replying to @Dyoshida1023
ありがとうございます😊 こちらこそ色々と教えて頂きたいです! よろしくお願いします!!
Reply Retweet Like
山口将史 / 育成専門トレーナー Aug 12
【セルフケア動画〜足指ver.〜】 今回は足指のストレッチです!! 足の指が固まっていると 足首も固くなってしまい、 スプリント能力低下や足関節捻挫に 繋がる可能性もあります💦 30秒程度で出来るので 是非日々のストレッチに 組み込んでみてください💪
Reply Retweet Like
山口将史 / 育成専門トレーナー Aug 11
Replying to @ikusapo_pt
理学療法士が現場で活きるスキル は多くある。 特に"動作評価"は 選手を見る上で必須要素になる!
Reply Retweet Like
山口将史 / 育成専門トレーナー Aug 11
これは凄い感じます!! "競技に復帰する" には、 そのリハビリやトレーニングの強度を考える上でチームの試合日程、戦術、練習量など要素が多くある。 しかし、これは現場にいないと分からないことも多い。 逆の発想で、 "理学療法士がもっと現場に出る" ことも大切だと思う!
Reply Retweet Like