Twitter | Search | |
Ozawa Kenji 小沢健二
『いちごが染まる』という曲は僕の本質です。ああいう自然観察と、ここで書くツイートはつながっています。 土や水の力に比べたら、人の思いつくことのバカさと小ささ。それ故のおもしろさ。
Reply Retweet Like More
午前3時の初回生産限定盤SP Feb 5
Replying to @iamOzawaKenji
『いちごが染まる』を「よく分からない…」と思っていましたが、何度も聴くうち「育てる」中の「手を掛ける⇔何もしない(できない)」ことについてだと思うようになりました。土から芽が出るように少しずつですが。 「黒い二匹の猫」が歌詞から居なくなったのは何故ですか?
Reply Retweet Like
チビママ Feb 5
Replying to @iamOzawaKenji
『いちごが染まる』を国歌にしてもいいよね、なんて数人のショッカー友だちと話したことがあります。 皆、大賛成でした😆 勿論、国旗は白地に真っ赤ないちご🍓で😅
Reply Retweet Like
フムフム Feb 5
Replying to @iamOzawaKenji
娘(8才)は『いちごが染まる』がかかるとこれが1番好きと言います。そうなんだ…と改めて余計な情報をシャットダウンして聴くと自分が幼い頃好きだった『四季の歌』を思い出し、少し怖いようなさみしいようなでも優しくて、風や雨や家族が愛しくなる気持ちを思い出しました。強いんだよな。わかる。
Reply Retweet Like
koyama masako Feb 6
Replying to @iamOzawaKenji
私が作物を作ったのではない。 宇宙の営みが作っているのだ。 と、農民は言うのである。
Reply Retweet Like
プチポワル Feb 6
Replying to @iamOzawaKenji
皆さんのリプライとても興味深いです。 私は勝手に「親が手をかけてもかけなくてもけっこうちゃんと育つけどついつい」という育児の切なさを感じてました。 あと、なぜかわが家の子らはこの曲を流すと「パプリカ」を歌いだします(笑)
Reply Retweet Like
かあちゃん Feb 6
私も、「いちごが染まる」は、子育てのことを歌っているようだと思っていました。子どもの持ってる生きる力を信じて愛をもって見守る親でありたいなぁと、植物も人間も同じだなぁと。自然の偉大な力を感じて、敬虔な気持ちになります。
Reply Retweet Like
江茂井kochy🤘bunny Feb 5
Replying to @iamOzawaKenji
いちごが染まるは大好きな歌です🍓 春空虹の時も🌈この歌がすごく印象に残ってます❣️ 「時を刻む大空の時計 恵むこの土の上に✨」 この地球上でで生命を営んでいる今この暮らしこそが宇宙の奇跡🌍✨ 小沢さんはみんなが当たり前すぎて忘れかけている本当に大切なことを教えてくれます✨☄️
Reply Retweet Like
*まゆ*🎸🌈 Feb 5
Replying to @iamOzawaKenji
太陽の偉大さ有難さ感じます。我が家のいちごさん🍓日当たりが足りないんだろうな。良い場所を選んで置いてみよう。結婚する時、母が私に「家庭の太陽となれ」と言いました。そんな事かなって感じてます。
Reply Retweet Like
元リケジョ🌏sowondermaps Feb 5
Replying to @iamOzawaKenji
聴くたびに好きになっていく植物のような曲です。 時を刻む大空の時計 大好きな歌詞です。
Reply Retweet Like