Twitter | Search | |
Ozawa Kenji 小沢健二
GOAT of Japanese-language music for smart people ;) Look up 小沢健二, if you don’t know me. 彗星MV インスタ
186
Tweets
0
Following
129,279
Followers
Tweets
Ozawa Kenji 小沢健二 9h
書店で文庫本にかけてくれるカバー。NYCの地下鉄でカバーをかけて読書してる人は見たことないが、日本の電車では毎日、カバーの下は隠され、推測される。同様に冬の日本でのマスク着用率は、非常に高い。あれだ、冬のマスクは、保湿だバイ菌だと理由をつけるけど、きっと自分という文庫本のカバー。
Reply Retweet Like
Ozawa Kenji 小沢健二 Nov 17
Replying to @iamOzawaKenji
発音はハッテイク笑。最近のUS日常会話ではジョークで”I got a hot take on that”(じゃあ、hot takeを言うね)と言って、わざと物議を醸す意見を言ったりする。確かに10人のうち9人と同じでは「またあれか」と、誰も注目しないものね。1を言って目立つのが得策、というわけ。今どきの行為、と言葉。
Reply Retweet Like
Ozawa Kenji 小沢健二 Nov 17
Replying to @iamOzawaKenji
と、通常のツイートに戻りましたが、水曜の朝は日テレ 出演。またガチャガチャします。2曲やります。彗星と、めんどくさい人(当然ですが、超良い意味)が好きな曲。 バズリズム 、OAなかった部分も、とても良かった。 SONGSはもう、あのチームとの作品です。
Reply Retweet Like
Ozawa Kenji 小沢健二 Nov 17
ホットテイクhot takeとは、世間が大方合意している時、わざと反することを言って、トラフィックやフォロアー数の増加を狙う意見のこと。10人のうち9人が賛成だとすると、賛成を言うと目立たないが、1の反対意見を言うと目立ち、名前を覚えてもらえる。目的は自己のブランド増強。内容はどうでもいい。
Reply Retweet Like
Ozawa Kenji 小沢健二 Nov 16
子どもにとって「重力」は敵なのだなぁと思う。滑って転ぶ。イスから落ちて舌とか噛む。何かが倒れてきて足の上にガーン。So kakkoiiのジャケになってる6歳長男が先日、立ち上がりながら言った。「なんで世界はこんなにハイテクなのに、重力安全装置つくれないのっ?」
Reply Retweet Like
Ozawa Kenji 小沢健二 Nov 16
今の僕は、人は一緒に生きていて、君が僕をつくり、僕が君をつくる、と思う。 君は僕を作ってくれる。それが僕が、お返しに、作品を作りたい、つまり、君を作りたい、と思う理由です。
Reply Retweet Like
Ozawa Kenji 小沢健二 Nov 16
前回のSONGSの最後、僕は「今、東京で見えるものを作品にしたい」と大きなことを言ってしまった。そして言った以上、やってみて、新しいアルバムができた。アルバムの最初の曲”彗星”も、最後の曲”薫る”も、日本で暮らしていて、みんなから貰ったものへの、お返しと思う。
Reply Retweet Like
Ozawa Kenji 小沢健二 Nov 16
どんな言葉も、過去に誰かが言った言葉の続きだし、未来に誰かが言う言葉の、前にある。言葉は言語を超えて、宇宙をぐるぐる回っていて、その中で一瞬、スロットマシンの目が揃うように、ガシャッと言葉が揃う。その時、宇宙を貫く何かが生まれる。そしてスロットマシンは、また回り出す。
Reply Retweet Like
Ozawa Kenji 小沢健二 Nov 16
その後メールをやりとりして、彼女が1995年生まれとか、色々を聞いた。その中で、”彗星”の歌詞の焦点が合ってきた。そういう、人と一緒に生きている中の偶然はかけがえがない。1995年生まれの人が、僕の曲を聞いて、今は曲を書いて、僕にも届く。それはまたくり返す。言葉は、続いていく。
Reply Retweet Like
Ozawa Kenji 小沢健二 Nov 16
今年の2月、1995年から今までを思いながら作業した”強気強愛 1995 DAT Mix”という作品を仕上げた、1週間後。気になっていたアーティストのライブに行った。自分が1995年に初めて演奏した武道館につくと、そのライブのタイトルはなんと”1995”。ありゃ!と思った。そういう偶然って、ある。
Reply Retweet Like
Ozawa Kenji 小沢健二 Nov 16
今の僕は、当時遊んでくれた先輩たちと同年代。10代20代の人から見ると、51歳なんて遠い人だろう。けれど今の僕から見ると、子供でさえ、この宇宙に一瞬、一緒にいる仲間に見える。あの先輩たちも20代の僕をそう見ていたのだろう、と気づく。当時一緒に録音したメンバーや若いメンバーと、演奏します。
Reply Retweet Like
Ozawa Kenji 小沢健二 Nov 16
今年の初め、CMのために、自分の昔の色んな曲のマスターテープを聴き返した。それは昔住んでいた部屋に、また住むような時間だった。当時考えていたことや、一緒にいた人たちが蘇ってくる。26歳でアルバム”LIFE”を出して、いっぱいの愛を受けて、有名な先輩たちと遊べるようになった頃の自分を思う。
Reply Retweet Like
Ozawa Kenji 小沢健二 Nov 16
失敗はおもしろい。失敗はあるある。子どもの生活は失敗だらけ。そして僕ら大人も、ひそかな失敗がいっぱい。成功なんて、馬の鼻の先にぶらさげられた人参だ。馬は全力で走るが、絶対に人参にとどかない。でも、その失敗のユーモアとあはれは、美しい。成功は幼稚、失敗は成人。失敗は、真実の美。
Reply Retweet Like
Ozawa Kenji 小沢健二 Nov 16
米国式のグローバル社会の世界観は、強いリーダーが、成功によって世界を導くイメージ。一方、日本伝統の世界観は、多くの人々が失敗をし、耐え忍ぶ姿を、あはれと愛するイメージ。僕は日本式は、実は勇敢な、進んだ感覚と思う。だって現実の宇宙は、成功よりも、無数の失敗でできているから。
Reply Retweet Like
Ozawa Kenji 小沢健二 Nov 16
“失敗図鑑”という、歴史上の失敗を集めた本がある。日本人が書いた、とても日本っぽい本と思う。米国では、”私はこうして成功した”的な「成功の本」が売れる。しかし日本の僕らは、失敗に惹かれる。成功した源頼朝よりも、失敗した牛若丸、義経が好き。失敗した織田信長も、失敗した新選組も、大好き。
Reply Retweet Like
Ozawa Kenji 小沢健二 Nov 16
米国式のグローバル社会が広がると、米国式の考え方、働き方は広がる。「仕事を道として考えるなんて、古い考えだ」と。でも、米国式の考え方や働き方は、米国を幸せな社会にしてきただろうか? 僕は、また多くの米国人は、そうは思わない。むしろ、米国式でない、新型の日本式があれば、と思う。
Reply Retweet Like
Ozawa Kenji 小沢健二 Nov 16
米国式の社会の理想像は「うまく投資して、35歳までに引退して、ヨットを買う」的なこと。あくせく働くのは負け組、という見方。しかし、何か変だ。世界中の子供は「将来〇〇になりたい」と、働くことを夢見る。「将来投資して、早く引退したい」という子供はいない。働くことは、憧れだったはず。
Reply Retweet Like
Ozawa Kenji 小沢健二 Nov 16
米国でも、私立のエリート校では、生徒は掃除をさせられる。やはり掃除は、人生に大切なスキルなのだろう。言いかえると、日本の学校には、米国ではエリート校にしかない、スキル獲得のプログラムがある、ということ。それは「掃除の時間」笑。
Reply Retweet Like
Ozawa Kenji 小沢健二 Nov 16
インターナショナルスクールから純日本の学校に移った友人の子が「日本の学校って自分で掃除するんだよ!」と驚いていた。米国のほとんどの学校では、子供は掃除はせず、プロの大人が掃除をする。「掃除なんか、子供の学ぶ権利の邪魔」か。でも掃除は、実は学校で学ぶ大切なことの一つなのではないか?
Reply Retweet Like
Ozawa Kenji 小沢健二 Nov 16
日本の便利モノとか、超しつこく考え抜いてあって、驚く。ご飯のしゃもじだって、ついにご飯粒がくっつかないところまで持ってきた。木のしゃもじから、あの白いブツブツのやつまで、何百年。平安、鎌倉、室町、江戸を越え、明治、大正、そして白いブツブツへ。どんだけしつこく考えるの! と思う。
Reply Retweet Like