Twitter | Search | |
宮尾岳
今のフィギュア天国な現代からは想像が付きにくいとは思うけど… 「漫画やアニメの絵と、立体が似てる」というのは とーーーーんでもない技術&感性なのだ。 今、ゲーセンで千円くらいで手に入る「塗装済み完成品」は 80年代では到底不可能なクオリティーだ。 ホントにありがたい時代だよ。
Reply Retweet Like More
BATTCHI Mar 12
Replying to @GAKUJIRA @gontyacktoys
聖闘士星矢は隔世の感が凄くて本当感動しますね。
Reply Retweet Like
山口県()改めて埼玉県() Mar 12
Replying to @GAKUJIRA
邪神もっこす
Reply Retweet Like
wacky㌠ ふれんず Mar 12
Replying to @GAKUJIRA
1/35のリアルなミリタリーフィギュアすら、70年代は「目玉をドリルで穴開けて色鉛筆差し込んで仕上げる」なんてのがホビージャパンに出てたくらいですからねえ
Reply Retweet Like
珍小鳥@最終教師のフレンズ Mar 13
Replying to @GAKUJIRA
私はコンビニであった一番くじの真希波・マリ・イラストリアスのスタチューが出来が良くてへええ…となりました。
Reply Retweet Like
tkc(わしお たかしP) Mar 13
Replying to @GAKUJIRA
今からでも良いので TAITOさん 可愛い妖子のフィギュアをどうか...
Reply Retweet Like
日向寺皐月 仮面ライダーバレット書いてる人 Mar 13
Replying to @GAKUJIRA
ガレキがスタンダードの時代から比べれば、今のフィギュアのスタンダードが如何に凄いか… プラモもバンザイマークのモナカを知っていると、あの色彩済みスナップフィットの有り難みがよく分かります
Reply Retweet Like
ガメ吉 Mar 13
Replying to @GAKUJIRA @mochiroh
本当にそう思いますね。昔は、自分で手を動かさ無いと満足出来ない商品ばかりでした。
Reply Retweet Like
月夜 Mar 13
Replying to @GAKUJIRA
ガチャガチャで300円で入ってるフィギュアのクオリティ 子供の頃は、食玩は赤一色だし、コレジャナイばかりでした・・・ ありがとう、海洋堂さん・・・(´-ω-`)
Reply Retweet Like
おーさか@セトア Mar 13
Replying to @GAKUJIRA
古いフィギィア本とか、ほんと感慨深いわw
Reply Retweet Like
都の商売人 Mar 13
Replying to @GAKUJIRA
やっぱり、ゼネプロと海洋堂が、今のフィギュア文化の基礎を築いて行ったんじゃないでしょうか?
Reply Retweet Like
亀仙流三段 Mar 13
Replying to @GAKUJIRA
昔のバンダイのラムちゃんプラモが似てなくて悲しかったのを覚えています
Reply Retweet Like
もするさ§( •̀ᴗ•́) Mar 13
Replying to @GAKUJIRA
まだ90年代頃だとガレキの世界では原型師のオレ解釈が罷り通って居るのが当たり前でしたよね
Reply Retweet Like
Tin Lion[オルタ]AKG15 Mar 13
Replying to @syoubaininn @GAKUJIRA
セーラームーンからエヴァンゲリオンの頃にかけて、ガレージキットで人気のアニメやゲームのキャラクターが多々立体化されたことが直接的な技術的下地になっていると思いますので、そのための場を用意したという意味ではゼネプロや海洋堂が提供したWFという場が礎になったのは間違いないと思います。
Reply Retweet Like
サブカルチャー上司 Mar 13
Replying to @GAKUJIRA
最近のプライズフィギュアがスケールフィギュアのクオリティーに負けずとも劣らないのが凄いですよね
Reply Retweet Like
meiyohenjo Mar 15
Replying to @GAKUJIRA @mishiki
せっかく2次元できれいに完結してるものを なぜ3次元化するんだと思ってました。 今のオタクが実写化に怒るような意識で。 もちろんその膨大な試行錯誤が現在につながってるわけで 自分にに先見の明がなかった事に気が付くのはかなり後のことに。
Reply Retweet Like