Twitter | Search | |
浅田 隆宏 / Takahiro Asada
海外企業と共同プロジェクト進めて感じたのは、日本人のクリエイターは遠慮し過ぎている…。 海外だと、 「月50万の利益は欲しいから漫画描いて欲しいなら最低この金額は出して!」 「じゃあこっちもマーケティングバンバンやって盛り上げてくわ!」 「頑張ろうねー!」 「お前もなー!」 みたいな。
Reply Retweet Like More
lv@765ASP Jul 11
Replying to @hoook_asada
自分の考えに自信が持てないのか、言いづらいのか。謙虚の悪い面が出てる感じがしますね
Reply Retweet Like
匠 (Takumi) Jul 11
Replying to @hoook_asada
バランスがなんでも大切なので、全面的に海外勢に同意するわけではないですけど、遠慮と謙虚は同義ではないですね。言うべきことはきちんといっていくは謙虚に内包されています。
Reply Retweet Like
浅田 隆宏 / Takahiro Asada Jul 11
Replying to @Lolbright311
国民性の問題なのか…原因はもっと深く複雑なところにありそうですね…。 もっと皆さんが活躍出来るように変えたい。
Reply Retweet Like
浅田 隆宏 / Takahiro Asada Jul 11
Replying to @takumi_israel
打ち合わせで、私が敬語使うと「何故敬語なのか」と逆に不思議に感じられて、 海外の「対等」というバランス感覚というか、そういうのが良いですよね。 日本だと、上か下かですから。
Reply Retweet Like
lv@765ASP Jul 11
Replying to @hoook_asada
日本の教育や社会は効率的な奴隷根性を育てるのに適してる。なんて仕事柄思ってしまったりしますね(笑)。すみません。 はい、そうですよね。活躍なんですよ。活きなきゃ狭い世界で落ち着いちゃいますよね。
Reply Retweet Like
匠 (Takumi) Jul 11
Replying to @hoook_asada
アメリカに実際行くと本当にそんな感じです!一人の人として対等に見てくれる価値観はもっと取り入れるべきです。特にビジネスの現場で、日本の場合。
Reply Retweet Like
浅田 隆宏 / Takahiro Asada Jul 11
Replying to @takumi_israel
そうなんですよね…なんだか海外との違いに悲しくなりました。 少しずつですが、頑張ります。
Reply Retweet Like
石村怜治🦈 Jul 11
Replying to @hoook_asada
僕の経験した海外案件は金額提示したら「君はもっと取って良いんだぞ :3」と言われて改めて盛った金額提示させてもらった事もあります。 日本だったら安いならそれに越したこと無いって感じなので色々ショックでした。
Reply Retweet Like
浅田 隆宏 / Takahiro Asada Jul 11
Replying to @zero_gravity666
石村さん😭今私も似ている状況なんです。 日本の漫画家の方、イラストレーターの方、もっと値段高くて良いんです…。 ご本人に、もっと値段高くて大丈夫ですよとお伝えしても「そんなに貰うと不安です…」という声が凄く多くて。 「あなたの技術は物凄いんですよ!」と伝えたい…。
Reply Retweet Like
石村怜治🦈 Jul 11
Replying to @hoook_asada
我が国は基本的に盛ったら盛っただけ仕事も盛られますかね;;; ギャラについては常に揉めてるのが最良の状態なんだ、と言われました…
Reply Retweet Like
浅田 隆宏 / Takahiro Asada Jul 11
Replying to @zero_gravity666
凄くわかります…。 他の国では憧れの職業なのに、日本では「苦労するからやめておいた方が良い…」と言われてしまうのは凄く寂しいので、もっと頑張っていきたいと思います。 いつもメッセージありがとうございます😊
Reply Retweet Like
周(あまね) Jul 11
Replying to @hoook_asada
そもそも海外の方とマッチングする場がありません。 知人から海外の方が好みそうな絵柄と言われたこともあり、ぜひ機会があればと思うのですが、そもそもどうしたらいいのか…
Reply Retweet Like
匠 (Takumi) Jul 11
Replying to @takumi_israel
これからです。まだ成長の伸びしろが日本の地にはあるということです。個としての日本人が開花すれば世界にもっと素晴らしいものを届けられると信じています!
Reply Retweet Like
ステイサムとドモンさん Jul 11
Replying to @hoook_asada
日本のクリエイターの人は「こっちが頼まれてるから…」と謙虚になってしまうからこのような状況になってしまうのですね…
Reply Retweet Like
峰岸トモ Jul 11
Replying to @hoook_asada
私が思っていたことに似てます。国民性なのでしょうか。なにか清貧が良しとされていて、仕事>金額でないといけないような、むしろそういう環境で頑張っている自分でないと自分を許せないような感覚が自分自身もあります。→
Reply Retweet Like
峰岸トモ Jul 11
Replying to @SeiKokujyo
百円ショップの商品を海外に紹介しているテレビ番組で、「これが100円?!」とびっくりされてるけれど、つまりその価値は100円より高いということなのでは、とおもいます。
Reply Retweet Like
101回死んだぬこ Jul 11
Replying to @hoook_asada
お金もらうことを悪だと考える人がなぜか多いんですよね。日本人て。 正当な対価をもらうことは正しいと考える人はあまりいない。
Reply Retweet Like
匠 (Takumi) Jul 11
Replying to @hoook_asada
でもそれゆえに希望と可能性を日本に感じます。はっきり言って漫画とアニメーションに関して日本の右でる国はまだどこもないですし、それで日本人のクリエイターが手を抜くはずもなく、どんどん良くなっています。そして、世界に敵をつくっていないところも大きな強みです。
Reply Retweet Like
しろがね Jul 11
Replying to @hoook_asada
なお日本 「キミねえ、タダで描いても良いくらいだよ?お金出してやってるんだからありがたいと思わないと」
Reply Retweet Like