Twitter | Search | |

普通教育の機会の確保。先生に知っておいてほしいこと(note資料として)

『学校に「ホームスクールします」と伝えないでよい理由』の姉妹編としてnoteマガジン『先生に知っておいてほしいこと』を編集します。大変参考になるコメントをいただきました。
ホームスクーリング・センターkokage 15 Jan 18
東京都の「不登校は中学に復帰するな」こんな指導をしなきゃいけない現状 都民ではありませんが、この対応はありました。わかります。
Reply Retweet Like
ホームスクーリング・センターkokage 15 Jan 18
Replying to @374_sara
提出物など評価の対象となるアクションを【ちょっどだけ】起こすと 結果的に通知表に「1」がつくことになるんですね。その提出した1点が最高の出来だとしても。それで評価対象になることはしないほうがよいだろう、と。 結果的には。 評価が「ある」ことが単位換算となるスクールだと後でわかり……
Reply Retweet Like
ホームスクーリング・センターkokage 15 Jan 18
Replying to @374_sara
結局《一条校》や、それに類似する《学校教育》枠のルートに乗ろうとすると、学校教育の規定によりけりとなるので、どうしても【将来】とか【未来】を決定づけてから行動するという極めて限定的で閉鎖的で視野の狭い世界で生きるしかなくなるという不自由を感じることになってしまうものです。
Reply Retweet Like
ホームスクーリング・センターkokage 15 Jan 18
Replying to @374_sara
ホームスクールというスタイルを実践していくと こども自身の成長にそった環境が整えられていくうちに 少なくとも日本の現行制度においては 「一条校の高校進学」という選択肢はおのずと外れていくようにはなるだろうなと思います。 でも。 「不登校=ホームスクール」という考えにおいては、
Reply Retweet Like
ホームスクーリング・センターkokage 15 Jan 18
Replying to @374_sara
「今は学校に行けないから、ホームスクール(不登校)でよい。後々、学校復帰する」となると、現行ではその制度は十分に整えられていないことを知っていなくてはいけないと思います。将来的には整うかもしれません。現在、低学年以下のこどもたちは間に合うかもしれません。でもそれ以上の子は?
Reply Retweet Like
ホームスクーリング・センターkokage 15 Jan 18
Replying to @374_sara
ホームスクール実践の【今】だけが取りざたされ、 「では、その子たちの将来は?」と投げかける声があっても不思議ではないでしょう。   ホームスクールと不登校を並べて語ることは、 《ホームスクール=不登校》と言っているのと同じなのだから。 見ている未来が異なっているにも関わらず。
Reply Retweet Like
ホームスクーリング・センターkokage 17 Jan 18
Replying to @374_sara
『内申点って何?出し方や計算方法』
Reply Retweet Like
ホームスクーリング・センターkokage 17 Jan 18
Replying to @374_sara
ひとつ疑問はあるのですよね…。 一条校では、評定「1」にするか「評定なし」にするかって無いはずなんです。 通知表では「評定できません」とはできます。それは家庭への通信だから。 進学先や転校先の一条校には《指導要録》という原簿が渡されます。そこには必ず評定がつきます。→
Reply Retweet Like
ホームスクーリング・センターkokage 17 Jan 18
Replying to @374_sara
→うちの場合、進学先が一条校ではなかったので、提出するものが指導要録ではなく、通知表の写しだったと記憶しています。それで「評定無し」のほうがよいのでは、と在籍中学から提案されたわけです。結果的には「評定がある」なら単位変換できるというものでしたので評定の高低は無関係だったのよ。
Reply Retweet Like
ホームスクーリング・センターkokage 17 Jan 18
Replying to @374_sara
「通知表の写し」ですら、「単位換算に必要であれば提出する」だけであって、わが家ではすべてホームスクールなので「評定できません」としてもらっていたから、それも提出しなかったものね。 「評定できません」と書くことも、しぶる学校もあります。 通知表をもらうかどうかは家庭任意です。
Reply Retweet Like
ホームスクーリング・センターkokage 17 Jan 18
Replying to @374_sara
だからこれは…。例えば「出席扱い」されることで「不登校児童生徒」ではなくなるので、「不登校枠」が適用されないことで起こる不利益に通じる話では、と思う。「出席扱い」には、提出物や保健室登校などもそうするのかなどは、各学校長の裁量でその内容は決まるから。
Reply Retweet Like
ホームスクーリング・センターkokage 17 Jan 18
Replying to @374_sara
Reply Retweet Like
鳥頭🦉book📚junkie 22 Nov 18
Replying to @374_sara
横からすみません、学校が「評定できません」を渋るってことは、評価項目と枠線と欠席日数のみ記述の通知表を子供に渡す(もしくは、通知表の発行を渋る)ということですか?
Reply Retweet Like
ホームスクーリング・センターkokage 22 Nov 18
Replying to @asiapaa
こんにちは。フォローありがとうございます。  通知表の評価段階で最低評価の記入をせずに「評価できません」と書く、もしくは「斜線にする」ように依頼したところ「それはできない。最低評価を記入します」となることです。
Reply Retweet Like
ホームスクーリング・センターkokage 22 Nov 18
Replying to @asiapaa
通知表は家庭通信の扱いなので、不要だと判断する家庭では発行しないでも良いと伝えることができます。  完全ホームスクールやフリースクール等で登校0日だと、学校で評価できることはないにも関わらず最低評価を出されても「?」ですから。
Reply Retweet Like
ホームスクーリング・センターkokage 22 Nov 18
Replying to @asiapaa
先生のほうから、生徒の心情をふまえて「「評定できません」と書きますね(もしくは斜線にしておきますね)」と提案されることもあります。こちらのケースがうちは多かったかな。
Reply Retweet Like
ホームスクーリング・センターkokage 22 Nov 18
Replying to @asiapaa
通知表ではなく、指導要録(原簿)では必ず評定はつきます。学校外の学びに対する評定基準はないはずなので登校0日であれば、ほぼ最低評価になると思います。家庭からの要望と必要があれば評価の代わりになにかしらの記述はしてくれます。
Reply Retweet Like
ホームスクーリング・センターkokage 22 Nov 18
Replying to @asiapaa
記述は例えば「保健室登校しました」とかですね。自宅学習の記録がそこに記述されるかどうかはわりません。各学校長の裁量が大きいと思います。
Reply Retweet Like
ホームスクーリング・センターkokage 22 Nov 18
Replying to @asiapaa
確保法以前からホームスクールやフリースクール(オルタナティブスクール)でまなぶ自由はありましたが、確保法以降もこういった制度整備は進んでいるようには見えませんね。  先生方が「ホームスクールやフリースクールでは?」と尋ねる事ができるようになったくらいで提案する…とまでは。
Reply Retweet Like
鳥頭🦉book📚junkie 22 Nov 18
Replying to @374_sara
進まないですね。。。私が知る限りでは、ホームスクールやフリースクールは送迎や教材など保護者負担を伴う、1人で在宅だと心配、などのため、学校復帰を焦って子供と齟齬が出る事例が大半のように思います。(自戒も込めての話です)
Reply Retweet Like
ホームスクーリング・センターkokage 22 Nov 18
Replying to @asiapaa
ありがとうございます。 「1人で在宅だと心配、などのため…」。そこですね。学校との信頼関係が大きく関わってくるところです。そこは家庭への情報が偏ることでこどもを取り巻く環境が狭まれないよう、学校と良好な関係をつないでいてほしいのです。そこが公教育の役目だとも思います。
Reply Retweet Like
ホームスクーリング・センターkokage 23 Nov 18
Replying to @asiapaa
学校の先生方に知っていただきたいのはそこなのです。  保護者の負担やこども一人で在宅などの心配のケアサポートフォローできるなにかしらのつながりが持てるまでは心をかけて見守っていてほしいのです。
Reply Retweet Like
ホームスクーリング・センターkokage 23 Nov 18
Replying to @asiapaa
確保法はそこで活用できます。地域の民間団体の情報提供をすることができます。ただし民間団体と家庭の関係性は、学校責任とはならないことまでしっかり理解してもらう必要はあります。
Reply Retweet Like
ホームスクーリング・センターkokage 23 Nov 18
Replying to @asiapaa
学校への信頼は絶大です。学校から教えてもらった…となれば、「(民間学習支援団体等と)なにかあったら学校がなんとかしてくれる」と解釈されることなく、家庭の自立支援も必要なのだと思います。がばかりがすべてを引き受けないようにと思います。
Reply Retweet Like
ホームスクーリング・センターkokage 23 Nov 18
Replying to @asiapaa
✖がばかりが→○学校ばかりが (_ _;)
Reply Retweet Like
鳥頭🦉book📚junkie 23 Nov 18
Replying to @374_sara
そこですね。学校が教育委員会の適応教室以外の案を提示し辛い理由の1つは「その先は自己責任」となると突き放す感じになり、知り合いが運営に関わっているのでもない限り、言い出し辛いです。 先生も子供も自立・自律的になるべきなんでしょうけど、日本の学校は良くも悪くも人を囲い込みがちです。
Reply Retweet Like
ホームスクーリング・センターkokage 23 Nov 18
Replying to @asiapaa
わかります。フリースクール団体からも運営上、他のフリースクールやオルタナティブ活動グループを紹介するのは「個人的には可能」とのことでした。学習支援を委託事業で引き受けている公民館では「パンフを置くのは可能」でした。情報へのアクセスは個々で、となります。
Reply Retweet Like
ホームスクーリング・センターkokage 23 Nov 18
Replying to @asiapaa
公共の施設で案内リーフレットを置いてもらっているフリースクールでは、間にはさんでいた有料特別企画チラシははずすようにと言われた、とか。営利と非営利で区別することもその基準もかなり曖昧です。
Reply Retweet Like
ホームスクーリング・センターkokage 23 Nov 18
Replying to @asiapaa
ですが、私も驚いたのですが都内のとある公立小学校で、事務室入口に民間フリースクールの案内パンフレットが公開されていたそうです。しかも置いているだけでなく先生がそのフリースクールの説明までしてくださったんだそうです。 《知る権利》《選ぶ自由》が妨げられないことが大切ですね。
Reply Retweet Like
ホームスクーリング・センターkokage 23 Nov 18
Replying to @asiapaa
学校ではどのような内容の指導がされているのかを家庭や地域が知ることは重要ですし、それに対して、意見を持つ・表明する機会と場があることが民主主義の健全なありようだとも感じます。
Reply Retweet Like
ホームスクーリング・センターkokage 23 Nov 18
Replying to @asiapaa
知る権利が「自立しているかどうか」などで分け隔てられたり、教員の資質によって「伝える・伝えられない」の状況が起きない制度設計があればよいのですよね。  前記の公立小学校のような例が実現するには、どこかにそれを実現するキーパーソンがいたということです。
Reply Retweet Like
ホームスクーリング・センターkokage 23 Nov 18
Replying to @asiapaa
それは学校長の鶴の一声かもしれないし、PTAや保護者会からの提案からかもしれないし、コミュニティスクールなら協議会からの議案かもしれないし、地域住民からの要望かもしれない。  それは現場にいる人しかわからない空気です。真正面からぶつかって実現するかどうかわからない勝負に出るより
Reply Retweet Like
ホームスクーリング・センターkokage 23 Nov 18
Replying to @asiapaa
こどもたちのそばにいる方々で、キーパーソンを探り当てて、確実に実現する策を練る策士であっていただきたいです(^_-)-☆応援しています。    現場にいる人にしかわからないことを切り口にして、突破口は開けると思うんですね。そこから自治と自律を獲得していけるのでは、とも思います。
Reply Retweet Like
ホームスクーリング・センターkokage 23 Nov 18
Replying to @asiapaa
確保法の「不登校に不登校でいてほしい」文科省の思惑や「不登校≒学校外の多様なまなび≒学校教育⇒公的補助金」を期待する一部のフリースクールの思惑も超えて…。  市民の声である「こども」「親」「家庭」の声をひろった学校の自治と自律。取り戻してほしいです。
Reply Retweet Like
鳥頭🦉book📚junkie 22 Nov 18
Replying to @374_sara
そういえば、法的根拠はありませんでしたね。パッと出てこないのですが、数年前に、出さない自治体か学校が話題になったと記憶しています。
Reply Retweet Like
ホームスクーリング・センターkokage 23 Nov 18
Replying to @asiapaa
記事の通りですね。通知表もテスト結果も、それを受けて家庭でどのように取り組んでいくのか、学校と家庭の連携のためのツールだと少なくとも私はそのように受け止めます。学校に通わせる、学校教育を受ける選択を「就学義務」で家庭が承諾したと、建前ではなっています。
Reply Retweet Like
鳥頭🦉book📚junkie 22 Nov 18
Replying to @374_sara
丁寧なご返信を下さり、ありがとうございます。現役教員なので、家庭学習込みの所見と評価できませんの通知表を作ったこともあります。 校内で指導していない以上、通知表での評価に反映できないというのは、理屈として承知していますが、実態を無視した最低評価が機械的に付くことには驚きました。
Reply Retweet Like
ホームスクーリング・センターkokage 22 Nov 18
Replying to @asiapaa
現職の先生でしたか。大変、失礼しました。 「校内で指導していない以上、通知表での評価に反映できない」。 これは現行の学校教育法としては、そうでなくてはいけないと考えています。  普通教育の一つに過ぎない学校教育が、その他のいわば自由教育を評価する立場になってはいけません。
Reply Retweet Like
鳥頭🦉book📚junkie 22 Nov 18
Replying to @374_sara
それはその通りなんですが、通知表の評価がその先の学びを縛ることが非常に違和感がありますね。。。もっと書けば、塾に行けば成績は上がりますし。評価の価値の形骸化が子供を振り回しがちな現行制度は、問題だらけだと言わざるを得ません。 だからこそ民間試験導入の模索が開始されているのかなと
Reply Retweet Like
鳥頭🦉book📚junkie 22 Nov 18
Replying to @374_sara
思うのですが、IELTSと英検を並べる辺り、評価軸のぶれが大き過ぎて戸惑います。 確保法が、学校の評価軸の立て直し、そして各校や各種学びの場や各企業が独自に個人の良さを観て対応しきちんと人を育てることにつながる社会づくりにつながると良いのですが。
Reply Retweet Like
ホームスクーリング・センターkokage 23 Nov 18
Replying to @asiapaa
学習支援と不登校支援に線引きができるのかというと微妙ですよね。不登校児童生徒という定義で選別することより学校でのまなび、こどもの普通教育を受ける機会の確保の視点からの解釈に見直すことが確保法をとりまく人々に必要な気がします。《人を育てることにつながる社会づくり》。まさしくです!
Reply Retweet Like
ホームスクーリング・センターkokage 22 Nov 18
Replying to @asiapaa
家庭教育や社会教育は、学校教育の補完に過ぎないとする解釈もありますが《公教育とは何か》を考えると、国に役立つ人材育成を目的とする学校教育だけが教育であるとされることには疑問が残るのでは、と。
Reply Retweet Like
ホームスクーリング・センターkokage 22 Nov 18
Replying to @asiapaa
とはいえ、現状では在宅学習の成果が義務教育(満7歳になる年度から15歳までの普通教育を受ける期間の意です。)として評価される基準も場もなく、それを期待する家庭はあるわけで、今後の法整備が期待されている面は確かにあるのだろうと思います。
Reply Retweet Like
鳥頭🦉book📚junkie 22 Nov 18
えええ、特別選考枠、なくなったの!?
Reply Retweet Like
ホームスクーリング・センターkokage 22 Nov 18
Replying to @asiapaa
今年2018年1月の話題なのですが…その後どうなりましたか?ちょっと気になりましてRTしたものです。  続報もしくは現状をご存知であれば…教えていただきたいです!
Reply Retweet Like
鳥頭🦉book📚junkie 23 Nov 18
Replying to @374_sara
うろ覚えの極みでしたが、愛知県は黄柳野や至学館、公立も長欠対応試験があります。 (8) 東京の特別枠は何となく知っている程度でしたが、シューレ中学のある街だから門戸を狭める筈がない、と思い込んでました。
Reply Retweet Like
鳥頭🦉book📚junkie 23 Nov 18
Replying to @374_sara
勤務先で教育新聞が読めることですし、引き続きアンテナを保ちたいと思います。大学入試改革との連動もありそうですし、どう変化するのか気になるところです。
Reply Retweet Like
ホームスクーリング・センターkokage 23 Nov 18
Replying to @asiapaa
ありがとうございます! すばらしいです。愛知県♡見やすく一覧となったHP! 「選抜」「選抜制度」のキーワードで検索すると情報にあたりそうな感じがしますね。やってみます。 kokageはホームスクールに焦点をおいているので不登校と進学サイトのリンクは置いてないのですが参考になります!
Reply Retweet Like