Twitter | Search | |
百田尚樹
日本国憲法の草案は、GHQ(簡単に言うと日本占領軍の司令部)の職員たちが1週間で作ったもの。その職員たちも法律の素人ばかり。 40年後、西修氏が当時の職員を訪ねて話を聞いたとき、彼らは「君らはまだあれを使ってるのか!」と驚いたという。 そもそもは「占領基本法」だったのだ。
Reply Retweet Like More
杉下左京 17 Mar 15
Replying to @hyakutanaoki
昭和21年2月4日、若いスタッフたちに憲法草案作成を命じたホイットニー民政局長は「2月14日までに草案を完成させろ」と命じました。スタッフが理由を尋ねると「だって、その日はリンカーン大統領の誕生日だろ」と答えたそうです。
Reply Retweet Like
正論 17 Mar 15
Replying to @hyakutanaoki
これは、ネトウヨレベルのデマを書いてるし。百田坊主しっかりしろよ。
Reply Retweet Like
Momotaro 17 Mar 15
しかも英語の原文。拙い日本語に直訳した代物。彼等も、国際法上違法とは知っていた、が、占領が終われば、どうせ作り直すだろと思っていた。所が、同時に埋め込んだ左翼の癌は深く広く進行していた。今、劣化日本人、社会、国家となった。
Reply Retweet Like
林田謙二 17 Mar 15
Replying to @hyakutanaoki
その詳報は常識早く日本人の憲法作って欲しいですね。そのためには池田在日はイランやろ
Reply Retweet Like
杉下左京 17 Mar 15
Replying to @hyakutanaoki
ポツダム宣言12条「前記諸目的ガ達成セラレ且日本国国民ノ自由ニ表明セル意思ニ従ヒ平和的傾向ヲ有シ且責任アル政府ガ樹立セラルルニ於テハ聯合国ノ占領軍ハ直ニ日本国ヨリ撤収セラルベシ」 つまり、米国が認める体制になるまで占領を続けるという意味。
Reply Retweet Like
吉野道雄 17 Mar 15
@piyochi_piyo そういう人だけ生き残って、日本国を背負って立てる人物を、我が国は先の大戦で消耗させてしまった。人は石垣、と言うが今の日本には、石垣になれる人物がいないのでしょう
Reply Retweet Like
「財政健全化」を憲法に含める自民案が通れば日本滅亡!!! 18 Mar 15
日本人の律儀さが裏目に出ました。あの時捨てておけば。。。
Reply Retweet Like
シバ 18 Mar 15
Replying to @hyakutanaoki
補足するとGHQの憲法草案執筆プロジェクトの責任者はチャールズ・L・ケーディス次長という弁護士出身の人物です。その下で働いたのが マイロ・ラウエル。米陸軍が日本の憲法と制度の専門家として特別養成した人物。法律の素人ではありません。
Reply Retweet Like
シバ 18 Mar 15
Replying to @hyakutanaoki
私が思うに自民党の改憲案などは言語道断で、その前に日米地位協定の平常化交渉とか、国連憲章の敵国条項を外すなどの地道な努力・粘り強い外交が必要だと思います。そうやってパペット・レジームから脱却した上で、きちんとした政府で憲法改正をすることには賛成です。
Reply Retweet Like