Twitter | Search | |
ひとり配当金生活-さいもん Dec 13
楽天証券のQ&Aだと投資信託の平均取得価額で「同一銘柄を複数回にわたって購入した場合には、株式と同様に総平均法に準ずる方法で計算」とあるので考え方は株式と同じで良いようです。
Reply Retweet Like
ひとり配当金生活-さいもん Dec 13
Replying to @hitori_haitou
同じ楽天証券のQ&A「同一日に同一銘柄の売買があった場合、譲渡の都度に取得価額の計算をおこなうのではなく、一日の取引が終了した段階で総平均法に準ずる方法で取得価額の計算をおこないます。」とあってこれは株式の説明なのですが投資信託も同じだと平均取得価額が変わる
Reply Retweet Like
ひとり配当金生活-さいもん Dec 13
Replying to @hitori_haitou
だからたわら男爵のこの記事は間違ってるんじゃないかな?それとも私の理解が間違ってるんでしょうか?
Reply Retweet Like
ひとり配当金生活-さいもん
「なお、投信の場合はこのような形で損出しができますが、株式は売買の取得価格が混ざって計算されるため、同じ口座内でこのような処理をすることはできません。」投信の場合は同じ口座内で同一営業日に損出しが出来ると書いてあります。たわら男爵は実際やった事あるのかもしれないから正しいのかも。
Reply Retweet Like More
ひとり配当金生活-さいもん Dec 13
Replying to @hitori_haitou
株式の損出しの説明はいくらでも説明記事が見つかるのに投資信託の損出しは殆ど見つからないので理解が難しいし需要も無いのかもしれない。
Reply Retweet Like
ひとり配当金生活-さいもん Dec 13
Replying to @hitori_haitou
誰か正解を教えて欲しい
Reply Retweet Like