Twitter | Search | |
鳥井 弘文
株式会社Wasei代表。北海道函館市出身。ブログ「隠居系男子」運営。に転載中。 これからの暮らしを考えるウェブメディア「灯台もと暮らし」 」「SUSONO」運営
59,359
Tweets
197
Following
14,536
Followers
Tweets
鳥井 弘文 retweeted
古賀史健 4h
Replying to @fumiken
「書きたくない」や「書けない」の裏側にはたぶん、きわめて感覚的な「書くからには、こういうものが書きたい」があるのだ。理想というよりも戒めに近い「書くからには」が。
Reply Retweet Like
鳥井 弘文 retweeted
古賀史健 4h
書きたくない日のお話。書きはじめて、ああ違うとやめてしまうお話。比べるのもおこがましいけど、よくわかる気がする。そのまま字数を埋めることはできるけれど、埋めれば埋まるほど、もとの思いから離れた、ただの文字列になっていくような感覚。|今日のダーリン8月19日
Reply Retweet Like
鳥井 弘文 retweeted
Katsuaki Sato (佐藤 航陽)🌎 19h
「賢いやつ」よりも「いいやつ」「器の大きいやつ」であるほうがはるかにうまく行きやすいのだろうな。それも理解した上で多くの人は「嫌なやつ」にならないように努力してる。「賢くて器の小さい人」ってのが今は最も不遇な存在かも。知識はググればいいし、知恵はいいやつなら貸してもらえるしなぁ。
Reply Retweet Like
鳥井 弘文 1h
この習慣、本当に大事だと思います。余計なものを買ってしまう前に。:自分が持っている服を正しく把握する。 | DRESS CODE.(ドレスコード) -メンズファッションブログ-
Reply Retweet Like
鳥井 弘文 retweeted
河野 涼/meets new Aug 17
Replying to @ryoxxx71
2人ともライフワークとライスワークを分けてやっているわけではなく、全て好きなこと、やりたいことをやってる。「事業に集中せい」って意見もありそうだけど、基本的に″我慢″したくない。やるべきとされていることを実行するのではなく、やれる方法を考える。前例がないなら、最初の事例になればいい
Reply Retweet Like
鳥井 弘文 retweeted
河野 涼/meets new Aug 17
meets new2人でやってるわけだけど、かなり面白い働き方してると思うのです。俺はJapanMade、McGuffin、BLASTとメディアに関わりながら動画のカメラマンしてて、 もSkylumのマーケ、ラブグラフに関わりつつTOKYOGENICもやってる。そして2人で会社の事業やってる。
Reply Retweet Like
鳥井 弘文 retweeted
田中 友貴(タナカユウキ) Aug 17
今月、こちらのイベントに登壇しますー! 日時: 8月30日(木)19:30〜 場所: サイボウズ日本橋オフィス テーマは「家族」。僕自身、他の登壇メンバーとの対話が楽しみです。
Reply Retweet Like
鳥井 弘文 2h
Replying to @kikeuchi @lucky_jp
その節は本当に大変お世話になりました…!!
Reply Retweet Like
鳥井 弘文 retweeted
なつ季 2h
ここにメイクの話が出てくるのだけど、アイメイク頑張ってる人は幾つになっても目の周りが気になる様子。目尻のシワとか。 アラフィフになっても肌を褒められるのは嬉しいよ。 相手には即物的なところを褒めて、自己は内面を磨くべき。 さんから
Reply Retweet Like
鳥井 弘文 retweeted
竹中のぞみ 3h
そう、コレコレ‼︎男女の違い(笑)いくら盛ってもモテない。
Reply Retweet Like
鳥井 弘文 retweeted
NoKo 3h
とても興味深い見方です。 参考になります。 相手には即物的なところを褒めて、自己は内面を磨くべき。 via
Reply Retweet Like
鳥井 弘文 retweeted
松井 リナ 3h
人付き合いを上手くするためのコツを教えてもらった。 意識してやってみる。 私、とてもよく女の人の集団から嫌われる。シンパシーが無いからかも知らないと思っている。私は群れないから。 相手には即物的なところを褒めて、自己は内面を磨くべき。 より
Reply Retweet Like
鳥井 弘文 retweeted
アユムハンマド|居候男子 6h
僕もついつい文字量を増やしにいってしまうんだけど、そういうことではないんだろうな。精度と文字量よりも、鮮度と密度。 "文章を書く上でも大切なのは、意味のある一手を打つこと。決して文字量ではないということです。"
Reply Retweet Like
鳥井 弘文 retweeted
りっちゃん@人を知りたい 14h
自分がその瞬間に享受するものよりも、 何年か経って倍に返ってくる感じがやっぱり好きだからこの感覚すごくわかる。 「あえて言語化しない」が大事。 さんから
Reply Retweet Like
鳥井 弘文 retweeted
プラユキ・ナラテボー(公式) 17h
「相手の即物的なところを褒めてあげて、自分は内面をコツコツと磨くべき」。人間関係うまくいかない人は、こうした原理を理解して、コツコツ実践することが一番。絶対に人間関係よくなっていくよ。 「隠居系男子」鳥井さんの繊細かつ理知的な素晴らしい考察と提言。オススメ!
Reply Retweet Like
鳥井 弘文 retweeted
すづ@洞爺 17h
相手の即物的なところは、見てほしい、褒められたいところ。だから素直に褒めたらいい。お互い褒めてほしいだけじゃダメなんだね。 細かい変化に気付いても照れくさくて褒めるまでいけないのが僕の弱点… より
Reply Retweet Like
鳥井 弘文 retweeted
稲垣佐苗@工藝のマーケットを広げたい 18h
これは本当に…! 相手には内面から磨く部分を求めがち。でも自分については即効性を求めてしまう…。 でも相手の身になって考えると同じなんですよね。 この逆説的な発想、とても学びがあります! 相手には即物的なところを褒めて、自己は内面を磨くべき。 より
Reply Retweet Like
鳥井 弘文 retweeted
谷口有威 23h
「奪い合えば足りぬ、分け合えば余る」ってめちゃくちゃいい言葉。 リズムもしっくりくる。
Reply Retweet Like
鳥井 弘文 retweeted
エルモ会社員2.0@複業家 Aug 17
広告と消費者の欲望が、どれだけ短期的な利益に紐付いているのかが分かる。 最大のリターンを得るには、即物的なものの真逆を行かなければならないのが、人生の難しいところ。 相手には即物的なところを褒めて、自己は内面を磨くべき。 から
Reply Retweet Like
鳥井 弘文 retweeted
きのしたけいすけ 21h
ためになる考察。/相手には即物的なところを褒めて、自己は内面を磨くべき。
Reply Retweet Like