Twitter | Search | |
絆
辻元清美の内縁の夫である北川明は、 昭和50年、スウェーデンから強制送還され、 旅券法違反で逮捕された日本赤軍のヨーロッパ担当兵。 西ドイツの『日本人商社員誘拐・身代金奪取作戦』に参加予定だったのが未遂に終わり、公安調査庁がずっと動向を調査してきた要注意危険人物。
Reply Retweet Like More
絆 Mar 26
Replying to @himeyuri123
辻元の選挙区、地盤の高槻市は赤軍の重信房子が潜伏、逮捕された場所。周辺に日本赤軍の関係者・支援者が多数。 重信房子支援者が勤務→高槻市の光愛病院の創設者は共産主義同盟・赤軍派の元メンバー。 光愛病院は、日本赤軍支援グループの拠点、巣窟。
Reply Retweet Like
chaya.m Mar 26
Replying to @himeyuri123
北川明→赤軍→高槻→光〇病院→重信房子…このラインは超危険だと思います!
Reply Retweet Like
絆 Mar 26
Replying to @himeyuri123
辻元の選対本部には、元過激派のメンバーが現在でも多数所属。 辻元は早大在学中にも極左団体と関係を持っていた
Reply Retweet Like
絆 Mar 26
Replying to @himeyuri123
辻元は学生時代、金に困ると新宿紀伊国屋書店で豪華本を何度となく万引きし、古書店に売りさばいていた。また、早大時代、夏目漱石の著作権が切れているのを逆手にとり岩波の全集あたりを底本にして「ザ・漱石」なる粗悪本を印刷し大量に売りさばいていたようだ。
Reply Retweet Like
絆 Mar 26
Replying to @himeyuri123
辻元の内縁の夫、北川明が経営する『第三書館』という出版社は、マリファナや殺人、テロに関する詳しい書籍など、著しく極左的・反体制的・反社会的な著作を多数出版。辻元の著作5点も「第三書館」から刊行。 また公安テロ組織情報流出事件に加担した本を出版し逮捕
Reply Retweet Like
絆 Mar 26
Replying to @himeyuri123
辻元が主催していた頃の「ピースボート」船上では当局の目が届かないのをいい事に参加者間(漫画家の石○啓や京大出身の某助教授ら)で公然とマリファナが吸引されていた。ピースボートは日本赤軍が国際的に作ろうとしている支援組織ADEF(反戦民主戦線)の表側の組織
Reply Retweet Like
絆 Mar 26
Replying to @himeyuri123
@himeyur123 辻元清美の内縁の夫・北川明は日本赤軍が移動する際、ピースボートに紛れ込んでいた。
Reply Retweet Like
絆 Mar 26
Replying to @himeyuri123
Reply Retweet Like
AC Mar 26
夫の罪は妻の罪。夫妻は管理し合う責任があるらしいからね。
Reply Retweet Like