Twitter | Search | |
heis101
一般的な理系の人は半分くらい若しくはそれ以上の業績を英語の論文が占めているが、心理学と経済学だけは別で、ほかの文系の分野と同じく、日本語の論文が大半を占めている。そして心理学と経済学だけが(他にもあるかもだが)、日本では文系扱いで欧米では理系扱いである。
Reply Retweet Like More