Twitter | Search | |
服部泰宏 Yasu Hattori
Kobe University / Associate Professor / 研究テーマは、採用、評価、スター社員、雇用契約、ビジネスパーソンの学びと知識の普及など / tweetの比率は、就職・採用:ゼミや教育:研究一般:その他が1:1:1:2。
3,619
Tweets
379
Following
3,901
Followers
Tweets
服部泰宏 Yasu Hattori 10h
創造性検査は、「そこそこの創造性を、まあまあの精度で捉える」ところまでは来たと思うけど、極めて創造的な人を捉えるツールとしては、不十分すぎる。評価という問題が抱える根本的な問題なんだけどね、、、という話し合いをこれからしてきます。
Reply Retweet Like
服部泰宏 Yasu Hattori 11h
早く、ラボラトリにしたい。ゼミではなくて、ラボラトリ。優秀な学生さん、カモン。
Reply Retweet Like
服部泰宏 Yasu Hattori 11h
うちのビジネススクールには、医学博士だとか理工系の博士学位をもった方々がたくさんいらっしゃるのだけれど、そういう方々と議論をしていて、「あ、社会科学ってそういうことなんですね!!面白い!」となった瞬間は、何度経験しても、良いものだ。
Reply Retweet Like
服部泰宏 Yasu Hattori 11h
Replying to @hatto525
①自分野の学説史(時間軸)と、②その思想的、イデオロギー的基盤(縦の軸)、そして③他分野との布置連関(横の軸)を理解することが大事であると、最近よく思う。
Reply Retweet Like
服部泰宏 Yasu Hattori 11h
組織行動研究に、若くて元気で少し切ない青春時代があったとすれば、間違いなく60年代だね。80年から90年の間に、僕らは大人になった。
Reply Retweet Like
服部泰宏 Yasu Hattori retweeted
odahajime 11h
同僚にハゲタカジャーナル・出版社のリストを教えてもらった。ジャーナル名だけだとよくわからないので,特定の鍵はジャーナル発行元の出版社を突き止めることが重要らしい。
Reply Retweet Like
服部泰宏 Yasu Hattori retweeted
尾崎めぐみ 13h
今年もミスコンおじさんが冬眠から目覚める季節がやって参りました。二日酔いの中お披露目会したら名前のカード逆に持っちゃったのも、もう一年前。今年の応援もよろしくお願い致します🧚🏻‍♀️
Reply Retweet Like
服部泰宏 Yasu Hattori 13h
図書館で、サーベイフィードバックについて書かれた古い古い本のチャプターを探していたら、同じ本の中に、ハーバート・サイモンが書いたオーソリティに関するペーパーを発見した。チャプターコピーから本全体の貸し出しへと、予定変更。
Reply Retweet Like
服部泰宏 Yasu Hattori retweeted
清水洋 Jun 25
Springerから出版されました。『ジェネラル・パーパス・テクノロジーのイノベーション』(有斐閣)を増補し、英訳したものです。 General Purpose Technology, Spin-Out, and Innovation: Technological Develop... さんから
Reply Retweet Like
服部泰宏 Yasu Hattori retweeted
神戸大学大学院経営学研究科・経営学部 Jun 24
上林憲雄教授、平野光俊教授編著『日本の人事システム―その伝統と革新―』が出版されます。詳しくはこちらをご覧ください。
Reply Retweet Like
服部泰宏 Yasu Hattori Jun 24
Replying to @yujiyamada0522
面白いですね。書くという仕事は一見すると知的に見えて、実は相当な部分が(少しの覚悟と)多分に肉体的な仕事なのです。それが仕事の中にコア部分である分、我々の仕事は山田さんのお仕事よりも、ひょっとしたら楽なのかもしれませんね。
Reply Retweet Like
服部泰宏 Yasu Hattori Jun 24
先輩方みて、すげーシンプルに、俺ももっとがんばろと思った。
Reply Retweet Like
服部泰宏 Yasu Hattori retweeted
中原淳(なかはらじゅん) Jun 23
【ブログ更新】「組織開発をしたい」と言われた案件は「組織開発」に「着地」しない!? : 「何」と闘うかを考えて「武器」を選ぶ!? 
Reply Retweet Like
服部泰宏 Yasu Hattori Jun 24
「ああ、よい1日だった」と研究者として思えるのは、自分のモノの見方をラテラルに揺さぶるインプットができた時と、思考がバーティカルに進んだ(つまり深まった)時と、なんでもいいから、とにかくたくさん書けた時だ。だから今日は、よい1日だった。
Reply Retweet Like
服部泰宏 Yasu Hattori retweeted
麻野耕司 / THE TEAM 7.5万部突破 Jun 22
今日は「心理的安全」についてタイムラインでよく見かけるけど、「THE TEAM」という本に分かりやすく書いてあるからオススメです。 「心理的安全」は「責任」とセットになることが大事だというのが巻末収録のp10に書いてあるようです。
Reply Retweet Like
服部泰宏 Yasu Hattori retweeted
高尾義明 Jun 23
ルーマンがタイトルに含まれる論文が欧州系の経営学ジャーナルに掲載されても驚かないが、AMRに載るとなるとちょっとビックリ。
Reply Retweet Like
服部泰宏 Yasu Hattori retweeted
なかむら りょういち Jun 22
Replying to @h_chahaya @hatto525
コンサルタントの方はレベルというか、知識量・知識幅によって会社の課題を有機的に見れる方と、最初から答えありきの方とでかなり別れますよね。。 コンサルを頼む側のレベルも試される。 そして、最後は何のため?誰のため?がブレないようにマネジメントしないといけないっすね( ^ω^ )
Reply Retweet Like
服部泰宏 Yasu Hattori retweeted
Kazuhiro Chida Jun 22
全部繋がっている 一貫性を持って統合的にやらなくてはならない
Reply Retweet Like
服部泰宏 Yasu Hattori Jun 22
フッサールやデューイの思想的影響をうけた組織開発は、まずもって、実証主義的色彩の強い「診断型」から始まり、やがて構成主義的な「対話型」が花開いた、という順序がとても面白い。
Reply Retweet Like
服部泰宏 Yasu Hattori retweeted
どこかのネクラ人事さん Jun 22
この姿勢は忘れないようにしたい。仕事だけじゃなく、プライベートでも。相手が誰であっても。 協働、協創はそこから始まる。 押し付けたものは、知識として人の心に届かず、ただ押し付けがましい印象が残るだけ。
Reply Retweet Like