Twitter | Search | |
Search Refresh
大矢康裕@山岳防災気象予報士 Jan 23
】向こう1か月は全国的に寒気の影響を受けにくく高温傾向。今後も春のように南岸低気圧や前線の影響で太平洋側は多雨傾向。関東甲信の内陸部や山岳では思わぬ雪に注意。欧州から波動(EUパターン)とインド洋全域からの波動により日本付近の偏西風が北に蛇行するため。
Reply Retweet Like
檜山靖洋 21 Sep 17
今月末から10月初めの週(再来週)にこの時期としては強い寒気が入る予想です。気温が平年よりかなり低くなる可能性も。半袖は半分くらいしまって秋服を出しておいた方が良いかもしれません。
Reply Retweet Like
大矢康裕@山岳防災気象予報士 Jan 1
】インド洋西部と海洋大陸の対流活動が活発なため、日本付近の偏西風が北に蛇行して、寒気が入りにくい状況が続く。北日本は一時的に寒気の影響を受ける時期かある。南岸に気圧の谷があるため南岸低気圧に注意。平地では雨でも山は雪。NOAAの予想では1月中旬頃に寒波が来る可能性あり
Reply Retweet Like
大矢康裕@山岳防災気象予報士 Jan 16
】欧州のブロッキング高気圧によって日本付近の偏西風は平年より北を流れるため、向こう1か月は全国的に高温傾向の予報。ただし気象庁の予報資料でも1月末から2月初めの西回り寒波は予想されており、寒波のズレを平均してしまっているので大したことがない予報に。引続き南岸低気圧多発か
Reply Retweet Like
スカイスカイプロジェクト Jan 24
冬が終わってしまいますね。⛄不足もそうですが、太平洋側は全般的に日照☀️少ない状況が続きそう。 🍓産地の悩みは続きそうです。
Reply Retweet Like
UHBお天気チーム Jan 9
に関するご意見ありがとうございました! きょう(9日)夕方の放送でも、参考にさせて頂きました。さて、先ほど気象台から が発表になりました。 では雪は資源ですが・・・しばらく の解消はなさそうです・・・
Reply Retweet Like
大矢康裕@山岳防災気象予報士 Dec 25
】正のインド洋ダイポールのため、日本付近で偏西風が北に蛇行するため、北からの寒気が入りにくく東日本から沖縄・奄美は高温傾向。北日本は年末年始を中心に冬型気圧配置が強まり、平均では平年並み。南岸に気圧の谷が予想されているため南岸低気圧に注意。関東甲信では思わぬ雪かも。
Reply Retweet Like
気象予報士Kasayan 番外編! Dec 19
Replying to @kasayan77
昨日(19日)発表された1か月予報。 暖冬の反動も北日本限定?? 高温が継続する西日本に反動(温度調整)の寒波は来るんだろうか?来るならばいつ?どのようなカタチで?
Reply Retweet Like
気象予報士Kasayan 番外編! Dec 12
Replying to @kasayan77
昨日(12日)発表された1か月予報。 -30℃以下の冬の上空寒気を運ぶ偏西風強風帯が南下しにくい?? 来週、再来週ともに気温は高め。 やはり高温の反動は年末寒波、年始寒波というカタチになるんだろうか??
Reply Retweet Like
MEG294N Nov 28
関東は、雨が多くて☔️お日様が少ない🌤 =体調不良⤵️ せめて風邪をひかないようにせねば🤧
Reply Retweet Like
sunny_sns Nov 21
【12月にかけて 寒気の影響は弱く 気温は高め】 気象庁から21日(木)、1か月予報の発表がありました。対象期間は11/23~12/22です。この先は全国的に寒気の影響が弱く、向こう1か月の気温は高く、期間のはじめは・・・・・
Reply Retweet Like
大矢康裕@山岳防災気象予報士 Oct 31
】暖秋の終了。1か月平均では全国的に平年並みの気温の予報。北日本は一時的に冬型気圧配置の影響を受けため、やや多雨傾向。西日本は前半は気温の変動が大きい。東日本日本海側、西日本、沖縄・奄美は少雨傾向。11月後半は数値予報では低温傾向の予想が出ているので、今後の情報に注目。
Reply Retweet Like
大矢康裕@山岳防災気象予報士 Oct 24
】偏西風の蛇行の影響で本州付近は暖かい空気に覆われやすく、11月上旬までの北日本から西日本は高温傾向。北日本が高気圧に覆われる時期がある一方で、東・西日本の太平洋側は湿った空気の影響で平年より曇りや雨の日が多い見込み。11月中旬は全国的にほぼ平年並みの気温と天候の予報。
Reply Retweet Like
大矢康裕@山岳防災気象予報士 Oct 3
】インド洋西部の海水温が高い「正のインド洋ダイポール」が続くため、日本付近の偏西風は北に蛇行し暖かい空気に覆われやすい。東・西日本を中心に全国的に高温傾向。10月中旬は台風などの湿った空気の影響を受ける。北日本は寒気の影響を受ける時期があるので注意。降水量は平年並み
Reply Retweet Like
UHBお天気チーム Jul 18
きょう発表された です。 道内は、7月20日~26日までの1週間は平均気温が高い見込みです。 に注意をしてください。 例年最も暑くなる8月上旬は平年並みに落ち着く予想です。
Reply Retweet Like
大隅智子 10 Jan 19
雪が少ない盛岡 ー アメブロを更新しました
Reply Retweet Like
【最新まとめ】Beans 30 Aug 18
きょう発表の1か月予報、「残暑は長引かない見込み」
Reply Retweet Like
Team SABOTEN 気象専門 2 Aug 18
アメブロを更新しました。 『ファーマーズCAFE(41)異常気象だった7月の天候』
Reply Retweet Like
UHBお天気チーム 5 Jul 18
今朝は寒い朝となりました。中標津空港で最低気温が4.9℃など、7月としては、これまで一番の寒さとなったところも! 昨日発表された によると、1週目(7/7~7/13)は気温が低い確率が60%、降水量も多い予報です。詳しくは午後6:40頃からの天気予報でお伝えします。
Reply Retweet Like
Team SABOTEN 気象専門 15 Feb 18
アメブロを更新しました。 『2018.2.15気象トピックス(3)春探す最新1か月予報』
Reply Retweet Like