Twitter | Search | |
Search Refresh
本の虫 Aug 22
どこがちがうかというと、それは剣客としての容姿に、おのずからにおい出る品格がちがっている。 身のこなしに一部の隙もなく歩んでいながら、堀本伯道の姿には、えもいわれぬ正しい品格がある。
Reply Retweet Like
本の虫 Aug 14
……盗賊にもよるが、悪事をはたらき、しかも血に汚れた手が自分(おのれ)の躰についていると、罪ほろぼしというよりも、躰中にこびりついてはなれぬ悪逆の臭いから一時だけでもはなれたい、忘れたいという気持ちになるものらしい。 そこで、人なみに善いことをして見たくなるのだ。
Reply Retweet Like
本の虫 Aug 21
『おい、銕つぁんよ。おらあね。このごろ何だか、百までは生きられるような気がしてきた』「ほんとうかえ、婆さん」『なんだか、そんな気がしてきたよ』「ふうむ……」
Reply Retweet Like
本の虫 Aug 19
世の辛酸をなめつくし、七十をこえて凧の骨のような老婆となり、亭主もなければ子もなく、親類縁者もないというお熊にとっては、世の人であるかぎり、将軍であろうが大名であろうが、僧侶、町人、百姓から土地(ところ)の無頼どもにいたるまで、 「みんな、同じだ」 なのであった。
Reply Retweet Like
城人 Aug 17
『鬼平犯科帳』22巻 お長官~!仕事と関係ないところで殺人犯してますやん!!!
Reply Retweet Like
和尚 Aug 15
鬼平犯科帳全24巻読み終えました。 続きが最高に気になります。
Reply Retweet Like
本の虫 Aug 15
紋蔵は、わずかなところで道を踏み外した。それはおそらく、仲間が悪かったのであろう。紋蔵というやつ、つまるところは気の弱い男なのだ。なればこそ、畜生ばたらきをし、血のにおいに咽(むせ)ぶのだ。真に強い男から、悪い取巻きのいうままにはならぬものさ
Reply Retweet Like
ちび子 Aug 14
このシブさが良き。
Reply Retweet Like
城人 Aug 15
『鬼平犯科帳』21巻 長官(おとこ)のために、悪倒れ、仲間散る。そしてまた人、集う。おとことはかくありたし・・・。周りにそんなおとこ、一人もいないもんなぁ・・・
Reply Retweet Like
城人 29m
『鬼平犯科帳』23巻 登場人物ごとに歴史あり!ドラマあり!それにしても江戸時代の盗賊の職掌なんて、どうやって調べたんだろうか!?
Reply Retweet Like
HOMINIS(ホミニス) Aug 18
さだまさしさん、梶芽衣子さんにインタビュー!ドラマ「鬼平犯科帳」の魅力について存分に語っていただきました
Reply Retweet Like
本の虫 Aug 16
これもな、わしが剣術のほかに医術をおさめていたからじゃ。金がな、金がないと、今の世の中では医術も物をいわぬ。見す見す助けてやれる者も助けてやれぬことが多い。ことに奥州や北陸道、丹波などの寒い国々の貧しい人びとを、な……
Reply Retweet Like
Fukami(いつもありが10) Aug 19
Replying to @kyonko55
帰路🚌 何度寄っても落ちつくのだす👘 ホントに江戸にタイムスリップしたいだす ❤️
Reply Retweet Like
吸血鬼の霊薬 Aug 14
白鷗版 鬼平犯科帳第二シリーズの長谷川辰蔵役 二代目中村吉右衛門 平蔵と辰蔵の親子役を実の親子が演じてます しかし若いなぁ(笑) そういえば、江戸屋猫八は白鷗版では五鉄の三次郎役でした 「鐡っぁ~ん」の調子は白鷗版も吉右衛門版(彦十役)も同じw
Reply Retweet Like
ユースケ Aug 15
Replying to @O312tj
唐突に書きたくなったんだけど、一番好きな納刀は鬼平犯科帳の中村吉右衛門が演ずる長谷川平蔵ね スペシャルの放送の度に毎回変わるのかな…好きなくせによく知らないんだけど💦 左とん平さんが出てた覚えがあるから浅草・御厩河岸って回かな~
Reply Retweet Like
こなこ Aug 16
アニメ鬼平のOPが思いのほかカッコよすぎて心奪われてしまった。 カウボーイビバップみたいね。
Reply Retweet Like
本の虫 6h
おれが身に万一のことがあっても覚悟の上ではないか。男には男のなすべきことが、日々にある。これを避けるわけにはまいらぬ……
Reply Retweet Like
松田 重博 Aug 22
ぐでちゃんが 長官のことを「へいちゃん」って…。(^_^;)💨💦 でも、なかなか面白いよなぁ~!!(^o^;)💨💦 山田くん、松陵ばったさんに座布団3枚差し上げて!!(;^o^)💨💦👉
Reply Retweet Like
本の虫 Aug 21
人のうわさというものの半分は嘘だ。まして、われらの御役目は、善と悪の境目を綱わたりして行かねばかなわぬことが多い。青木助五郎がことは、何があってもおれが責任(せめ)を負うことよ
Reply Retweet Like
本の虫 Aug 21
男と男との約定をきびしくするのは結構なれど、このたびの場合、(略)中村宗仙ほどの立派な人物をろくにしらべもせぬまま殺そうとした。約束事というものはよくにむずかしいものじゃ、人間と人間の誓いゆえ、なおさらな…
Reply Retweet Like