Twitter | Search | |
Search Refresh
Glocal Kitchen Feb 6
Reply Retweet Like
伊藤英SuguruIto Feb 8
An amazing handicraft known as Kintsukuroi or Kintsugi in Japan. The unique wisdom that you’d love to marvelously repair every broken object to use it for so long instead of immediately gaining something new may be old-fashioned for many, but indeed something beautiful.
Reply Retweet Like
Takayuki Aoyama Feb 14
Reply Retweet Like
金継ぎ暮らし 13h
<陶磁器の見分け方③ > 「おんたやき」と読みます。 「飛び鉋(かんな)」と呼ばれる、 鉄のかんなの刃先を作って作られる模様が特徴的です。 手作業のため、同じ模様は一つとしてなく、 様々なシーンに使えるため、近年非常に人気です。  
Reply Retweet Like
つぐみ製陶所 Feb 14
上絵のテストのついでに、本漆での金継ぎのテストも。 固まるまで時間がかかるので、次の作業は数週間後。
Reply Retweet Like
金継ぎ暮らし Feb 14
<陶磁器の見分け方② > 千利休の高弟“古田織部”が、 故郷のような萌え出でる若葉や自然を表した「緑青色」を 器で再現しようと作らせた焼き物です。 美濃焼の一つで、その深い緑の美しさはどこか安心感も覚えます。  
Reply Retweet Like
Yoga with Kaori Feb 14
今日も みがいてみがいて みがきにみがいた 錫仕上げ
Reply Retweet Like
小泉さよ・オフィシャル Feb 13
自宅の欠けた器を金継ぎ。
Reply Retweet Like
五條 綾 Feb 12
金を蒔く時が楽しい。
Reply Retweet Like
金継ぎ暮らし Feb 12
<陶磁器の見分け方① 九谷焼> 九谷焼の魅力は「上絵付け」 5色の絵の具を厚く盛り上げて塗られるその装飾は、 華麗で豪華、力強い印象を受けます。絵柄は山水、花鳥、など絵画的です。   
Reply Retweet Like
榊ナズナ🍀Naomi Hasebe Feb 12
Replying to @nazuna_art
【8回目の漆・金継ぎ教室】 ①前回塗ったベンガラ(色漆)を2000番の耐水ペーパーで研ぐ。 ②その上にまたベンガラを塗る。 ③“むろ”で30〜60分程乾燥。 ④半乾きのうちに真綿を使って金粉を蒔く。 ⑤“むろ”に入れて乾燥。 次回は仕上げ!
Reply Retweet Like
山猫屋◆『鵠沼アートフェスティバル』2/15~24◆猫ものの店と小さなギャラリー Feb 11
お預かりしていたカップの金継ぎ2点、できました~
Reply Retweet Like
Zen Repair -kintsugi- Feb 11
熱燗を自宅で作るのって難しいですよね。 私はいつも勘でやっちゃう(͡๏̯͡๏)
Reply Retweet Like
shoukoku@金継ぎ講座開講中 Feb 11
金継ぎではなく、漆継ぎで仕上げてます。
Reply Retweet Like
うつわ継ぎ山鳥 清水真由美 Feb 11
お預かり 布志名焼 舩木道忠作 押文湯呑碗 縁の欠けを錆漆で埋めて金(丸粉1号)を蒔き、粉を固めたあと磨き仕上げをしました。
Reply Retweet Like
PLEN Project @PLEN:bit Kickstarter Feb 10
PLENの休日。 陶磁器の破損部分を漆で接着し、金の粉で仕上げる金継ぎ。 食器と一緒にPLENも修復してきました。3Dプリンタの割れもこの通り✨。 破損部分を装飾に変える修復技法。 新しい目線を体験した休日のひと時となりました👍。
Reply Retweet Like
Zen Repair -kintsugi- Feb 8
今日はヨガの日♡ ピラティスもしてきたから腹斜筋バッキバキなんだけど。 モテないわ〜。つら(͡๏̯͡๏)
Reply Retweet Like
Zen Repair -kintsugi- Feb 8
Reply Retweet Like
Zen Repair -kintsugi- Feb 8
いつからか節分の豆を食べる楽しみがなくなってしまった。 歳とるのが楽しくない証拠。つら。・゚・(ノ∀`)・゚・。
Reply Retweet Like
Ted Feb 8
飛騨高山の さんによるハンドメイドのワイングラスをうっかり床に落としてしまい(悔)… でも、惜しくて捨てられないので、初の で修復する意欲満々。楽しみ。 はじめての金継ぎBOOK ([バラエティ]) 光文社
Reply Retweet Like