Twitter | Search | |
Search Refresh
ぐんまタイムズ Apr 1
Reply Retweet Like
門中雄一郎@丹後田邊藩 Sep 14
「麒麟の話」の言い出しっぺ の本でも買って、脳内スピンオフするかぁ!
Reply Retweet Like
らいそく管理人 Mar 27
Reply Retweet Like
京都文化博物館 Jul 20
総合展示「明智光秀と戦国京都」は、明日(7/21)から後期展示です。本日展示替えを行いました。 (画像は展示替え後、チェックする担当学芸員) 文書のほとんどが替わっています。前期にお越しになった方も、ぜひご覧ください。
Reply Retweet Like
さくらいようへい Feb 16
Replying to @kokeshijirou
大河ドラマで三好長慶公が見られるなんてお得な気分よ。「三階菱に五つ釘抜」の旗もかっこよい!頑張れ信濃源氏!しかし本日放送回での長慶どの数え歳で27歳…!まもなく江口の戦いですな〜。
Reply Retweet Like
愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ May 19
大内義興の帰国に乗じ管領細川高国は義稙を廃し11歳の を12代将軍に擁立,朝倉宗滴を招じ三好勢を追払うも大物崩れで討死。義晴は近江六角氏を頼り巻返すも管領細川晴元に敗れ嫡子義輝に将軍禅譲,更に に追われた晴元に担がれるも1550年5月20日近江で病没⇒
Reply Retweet Like
瑞雲 Sep 13
です。 では、こういうところ( の墓)も行きました。 の敵方の拠点や墓でも行きます。<瑞雲bot>
Reply Retweet Like
黒木エミー Mar 12
Reply Retweet Like
さくらいようへい Feb 16
Replying to @kokeshijirou
足利義藤公(義輝)。1548年当時義藤さま、御歳数えで13歳。お父上の義晴公はまだご存命であります。義晴公も義輝公も時勢に巻き込まれすぎて大混乱の中で生涯を閉じられていてちょっと可哀想。
Reply Retweet Like
おっさん的歴史ノート May 3
没:天文19年5月4日(1550年5月20日) 室町幕府第12代将軍 11代将軍・足利義澄の長男。細川晴元や三好長慶と対立し度々逃亡生活を送り、最期も逃亡先の近江国穴太で病没した。享年40。
Reply Retweet Like
日本庭園情報メディア“おにわさん” Aug 7
Replying to @oniwastagram
⛳️朽木池の沢庭園③。 …が、 ここは整備された日本庭園が見られるわけではありません。 京都と若狭国(小浜)を結ぶ 🐟 はそのほぼ中間点にあたり、室町時代には秀隣寺に室町幕府将軍 が移り住むなど京の都と結びつきが深かった地域。
Reply Retweet Like
昌信無双 May 19
早めの告知w 今日は12代将軍『足利義晴』 この辺の代から足利家エモいなぁとなってきますw聴いてください❗️
Reply Retweet Like
おっさん的歴史ノート Apr 1
:1511年4月2日(永正8年3月5日) 室町幕府第12代将軍 父の足利義澄が将軍職を追われ落ち延びていた近江の水茎岡山城で生まれる。後に細川高国に担がれ将軍となるが実権は高国に握られた。その後、細川晴元や三好長慶と対立し度々逃亡生活を送っている。
Reply Retweet Like
跡部 蛮 May 21
アメブロを更新しました。 『戦国武将の父シリーズ「上杉謙信の父」⑤[カネで守護を買う]』
Reply Retweet Like
finnegan-wake Mar 9
本日の生誕祭: 政元以来の細川政権を追放、混乱の時代、最初の天下人として中原に覇を唱える。 も追放したので、京には将軍も管領も不在。ここで が京奪還を試みた時、 を使って撃退したことが、後の禍根となる。43才で逝去。
Reply Retweet Like
神谷 英邦(武藤 頼尚) May 16
Replying to @reiziro
波多野(丹波)、は、誰? という方が多数だと思いますが、 と、足利将軍の諱(いみな)を名乗っています(cf. )。
Reply Retweet Like
八十八 Sep 8
武家昇譜日記って誰の日記なんだろう 
Reply Retweet Like
昌信無双 May 20
Reply Retweet Like