Twitter | Search | |
Search Refresh
瑞雲 Sep 14
の兄義栄の没後、上洛しようとするが、 の意をくんだ に、現在の 付近で、中島口の合戦となる。公方自ら戦うなどしたが、及ばず。結果、乗船を阻止され、失敗し、平島に残ることになった。 <瑞雲bot>
Reply Retweet Like
阿波公方研究会 Aug 31
三代公方 。兄の義栄薨去後、その跡を継ぐ。形としては、養子という事になっている。その頃、父の義冬は、存命であったが、中風の療養中であった。 #
Reply Retweet Like
阿波公方研究会 Aug 23
の三代 。天文辛丑年平島生。母は、 の娘。 にて卒。52歳。義親早世故、義助惣領家継也と、 にある。室は、 の娘。 #
Reply Retweet Like
阿波公方研究会 Aug 24
の関係地・・・ に、 が、次男 らと共に、弘治元年四月から、永禄六年秋まで、 によると逗留しているという。 その小原館の位置は、現在不明である。 #
Reply Retweet Like
瑞雲 Sep 15
側の史料から行くと、 の死後、足利の嫡流滅亡と言うことで、 を担ごうとした と、それに反対し、義栄の弟 を担ごうとした 。それにより不仲になり、 などの内訌に結びついていくとある。<瑞雲bot>
Reply Retweet Like
瑞雲 Sep 24
をどこからカウントするか・・・。 ? ? ? それぞれの考え方はあるが、 と表記している例があることを見ると、 からでいいのかもしれない。<瑞雲bot>
Reply Retweet Like
阿波公方研究会 Sep 20
の萩原にある 。ここに葬られているのは、。ここには、 の弟、義任の息子、明岳が居住していたことがある。
Reply Retweet Like
瑞雲 Sep 17
の側から行くと、 は、やっぱり「要らんことしい」である。 没後、その弟 の上洛に関する一連の行動を、 を使って阻止し、自身は洛中で、義栄の系統が将軍につけないように、工作していたからだ。<瑞雲bot>
Reply Retweet Like