Twitter | Search | |
Search Refresh
瑞雲 Feb 9
側の史料によると、弘治元年4月から、永禄六年十二月まで、 は、大内氏を頼って山口に滞在したとあるが、その頃は、毛利の防長経略の最中。ひとまずの義興の縁者として遇されたはいいが、最終的には体よく阿波に返されたと見るのが正しいのかもしれない。 <瑞雲bot>
Reply Retweet Like
瑞雲 Feb 20
足利幕府15代将軍 。この人の前名は義秋。それがなぜ、こう改名したかというのは、 の存在。こう言う側面もある。なぜか。「秋」の次は?説明不要であろう。 <瑞雲bot>
Reply Retweet Like
阿波公方研究会 Feb 5
は、その前名を義維というのだが、史料によっては面白い事が書いてある。例えば、 には、 の滅亡時に、義維は切腹していることになっている。つまり、義維と、義冬で別人の扱いになっている。
Reply Retweet Like
瑞雲 Feb 9
をどこからカウントするか・・・。 ? ? ? それぞれの考え方はあるが、 と表記している例があることを見ると、 からでいいのかもしれない。<瑞雲bot>
Reply Retweet Like
阿波公方研究会 Feb 2
の関係地・・・ の墓を始めとして、阿波公方の歴代と、その親族の墓のある菩提寺である。初代の義冬が、 に居を構えるまで、逗留していたこともある。
Reply Retweet Like
阿波公方研究会 Feb 14
を初代とし、義助、義種、義次、義景、義辰、義武、義宜、義根。義冬と義助の間に、足利14代将軍義栄を入れる場合があるが、この9人のことを指す。ちなみにその血筋は現存している。
Reply Retweet Like