Twitter | Search | |
Search Refresh
千川@詩垢 May 16
Reply Retweet Like
Fradhyt Fahrenheit May 19
MEMOIRS OF G is a bitter memory, gloomy records, a struggle between feeling betrayed and being the world's most wasteful man! BAHASA INDONESIA Order buku…
Reply Retweet Like
Hiroyuki Tsuda 津田弘幸 May 18
Replying to @Hi_Tsuda
ーThe castle wallー My skin is a castle wall only barbarians outside the castle My flesh and spirit life and desire based on them My journey continued
Reply Retweet Like
大和 淳@Studio Technoholic May 16
Reply Retweet Like
零気-レイキ-動画アピール May 18
Reply Retweet Like
Rinの書架 May 18
Reply Retweet Like
朝夢 7h
心の暗愚な人は 負の垂れ流しをして はばからない 人の好き嫌いはない方だけど 感情の洗練のないことを 恥とも思わない 底意地の悪さに自覚もない 自分のルールがすべての基準 そういう同性と 同じ空間に居ると 生理的な拒否反応で いたたまれないが そう感じる私の価値観も 絶対ではない
Reply Retweet Like
໒꒱˚心音 ༊༅ 18h
少しだけ 水が零れたのは 天使の涙 少しだけ 空が傾いたのは 神様のあくび 少しだけ 太陽が見えたのは お日様の かくれんぼ **
Reply Retweet Like
໒꒱˚心音 ༊༅ 19h
青と白がすれ違う 空色グラデーション 青と赤が囁く 黄昏トワイライト 淡く甘く柔らかく
Reply Retweet Like
抹茶の部 20h
歩き疲れたな 少し休もう お腹空いたな 何か食べよう 喉乾いたな 何か飲もう 風が肌に 心地よい 空が青いな 少し眺めるかな 花が咲いてる 可愛いな ああ私は今 生きてるんだな
Reply Retweet Like
TOSHI. 23h
Reply Retweet Like
mimi  🥀 花の写真と詩垢です🥀 23h
先日はお世話に なりました 鉢物に水でも あげるように 自然にさらりと 伝えるひと 半分でも二倍だよ 真っ直ぐすぎる まなざしの奥 似ているなら 受けとる嬉しさは そのままに 更に必要な 新しい質感 自分の浜から 出かけてゆく 誰かの渡す 船に乗る
Reply Retweet Like
ぷぅあ May 21
目を瞑って、手を伸ばしてみて。 その手のひらの先に何が見える? もしそこに、1つの光が見えたなら 私はその光のように 輝く未来へと自分を連れていく。 自分で、自分の未来を切り拓くんだ。
Reply Retweet Like
໒꒱˚心音 ༊༅ May 21
引き出しの中に 閉じ込めてきた 過ぎ去りし想い出 あの道を通る度に 想い出ひとつ 取り戻したい過去 消し去りたい過去 走馬灯のように 駆け巡る この街の 片隅のどこかで
Reply Retweet Like
抹茶の部 May 20
生き方なんて 人それぞれ 自分流で 生きたいな ヒントは沢山 あるけれど マニュアルなんて 無いんだよね マニュアル通りの 生き方なんて 考えたくは 無いんだよね 下手っぴいでも 良いよね 叱られたって 笑われたって 良いよね 自分らしく 生きたいからね
Reply Retweet Like
引き寄せの『鍵』は『心の花一輪』 NOAH♡ノア May 19
このささくれ立つ 大木の肌に耳をあて 鼓動を聴く ゴーゴーと 天に向かい 大地の水を 吸い上げるその音よ ああ、何という 力強い命の叫びか! 空に飛ぶ 羽根はなくとも 地球の大地に 雄々しく根を張り巡らせて この大木は 天に命を突きつける! !より
Reply Retweet Like
໒꒱˚心音 ༊༅ May 18
離れていく 遥か彼方の雲 追いかけても 追いかけても 振り向きもせず 離れていく 遥か彼方へ遠く
Reply Retweet Like
抹茶の部 May 18
どんぐりコツンと 落ちてきた よけれず踏まれてしまったよ 可哀想に どんぐりは 割れて砕けて しまったよ 割れたどんぐり 見ていると 涙が零れて 止まらない もうどじょうとも 遊べない 山に帰って行けないよ そこに花をたむけるよ 道行く人が 分かるよに
Reply Retweet Like
てん。 May 17
泣くことさえ 忘れた私を 抱き寄せてくれました しまいこんでた 涙あなたの胸に それは それは 遠い香りの記憶 季節の変わりを 花の色で わかるようになりました また 雨がおちてきました この場所 あの時とは 違う色の雨です。
Reply Retweet Like
TOSHI. May 17
Reply Retweet Like