Twitter | Search | |
Search Refresh
Tony Stella Mar 14
Replying to @studiotstella
"Funeral Parade of Roses" - 1969 / "A Clockwork Orange" - 1971
Reply Retweet Like
Tony Stella Jan 3
Replying to @studiotstella
My poster for "Funeral Parade of Roses" - 1969 by
Reply Retweet Like
K.E.A Jan 28
Funeral Parade of Roses / Toshio Matsumoto
Reply Retweet Like
みさこ(神聖かまってちゃん/バンもん!MN) 14 Jul 17
Reply Retweet Like
cinefil 15 Apr 17
『薔薇の葬列』『ドグラ・マグラ』の松本俊夫さん死去。前衛、実験映画でも世界で著名な映像作家ー海外インタビュー貴重な映像 -シネフィル-映画好きによる映画好きのためのWebマガジン
Reply Retweet Like
Plan Tatami Mar 12
- Les Funérailles des roses (1969) Photo : Tatsuo Suzuki Réalisation : Toshio Matsumoto
Reply Retweet Like
cinefil 31 Oct 17
60年代、世界の映画界に衝撃を与えた『薔薇の葬列』から『修羅』『十六歳の戦争』など--映像の鬼才 松本俊夫を追悼する特集上映が決定! - シネフィル - 映画Webマガジン
Reply Retweet Like
Stuart Munro 9 Dec 17
Reply Retweet Like
Daily Flick NY-Japan 17 Jan 18
Funeral Parade Of Roses (1969) Toshio Matsumoto's Avant-Garde Story (Loosely Adapted From Oedipus Rex) Of Tokyo Transvestites Was Supposedly An Influence On Stanley Kubrick's A Clockwork Orange 3.5*
Reply Retweet Like
Joe Zu / 上手 5 Sep 17
Oh, I am SO sad to see this. He also starred in Funeral Parade of Roses (1969, dir. Toshio Matsumoto).
Reply Retweet Like
cinefil 30 Nov 17
特集上映 "追悼・松本俊夫 ロゴスとカオスのはざまで"で劇場初公開 される700分の記録『映像の発見ー松本俊夫の時代』予告! - シネフィル - 映画好きによる映画好きのためのWebマガジン
Reply Retweet Like
おてんばベッキー 10 Aug 18
ピーターしゃん、山口百恵似でかわいいわん
Reply Retweet Like
キュアロランバルト Oct 28
映画『薔薇の葬列』日本にこんなすごい映画があったとは……
Reply Retweet Like
💡薪割りダイナミック 10 Dec 14
予告からして前衛的だなぁ
Reply Retweet Like
沢田太陽(Hard To Explain) Aug 9
   特集・1969年(第3回) 当時の日本の裏のポップ・カルチャー(音楽、演劇、映画)|THE MAINSTREAM(沢田太陽) |note(ノート)
Reply Retweet Like
杉浦哲平 10 Oct 16
撮影はじまると映画熱止まんない。 今日はコレ。情報解禁お楽しみに。
Reply Retweet Like
ぽんず Sep 8
Replying to @alYuArT9fpATB4M
妖精伝説!勿論未開封 (爆
Reply Retweet Like
昭和ときめきサロン桃色宇宙 27 Feb 17
そして ピーターのデビュー作です この時代の文化が大好き そして破滅的なエンディングも 今、気付いたけど 私と星のタトゥーお揃いやん、慎之介
Reply Retweet Like
Joe Zu / 上手 4 Jun 17
ブログ:「 」が私を「 」に案内した。 (英語)
Reply Retweet Like
雨月 Aug 13
修羅(1971) 「」「」の松本俊夫監督作品。 復讐の鬼と化した男の狂気が、モノクロの色彩美と松本監督らしいぶっ飛んだ演出で爆発する傑作。 ドン底の闇を持つ作品ですが、登場人物の表情がどこか滑稽に見えるのが、“らしい”と感じられます。 何せ中村嘉葎雄が凄すぎる。
Reply Retweet Like