Twitter | Search | |
Search Refresh
石川 重元 Apr 10
しづ心なく 花の散るらむ
Reply Retweet Like
彩   。:°ஐ* 朝な夕な .. 26 Feb 18
∮ きみならで たれにかみせむ うめのはな いろをもかをも しるひとぞしる 君ならで誰にか見せむ梅の花 色をも香をも知る人ぞ知る
Reply Retweet Like
Mitsouko 19 Mar 17
久方の 光のどけき春の日に しづこころなく 花の散るらむ #小倉百人一首
Reply Retweet Like
ふっちー Dec 1
【百人一首 No.33】 「ひさかたの 光のどけき春の日に 静心(しづごころ)なく 花の散るらむ」 (紀 友則)
Reply Retweet Like
清水坂ガラス館・ぴあり館 Jan 9
百人一首×PIARI -series4- 最後の歌人はこちらの方です! 「」 ひさかたの 光のどけき 春の日に しづ心なく 花の散るらむ ■商品の詳細 ■「ぴあり」とは?
Reply Retweet Like
書家 Miyuki 31 Mar 19
Reply Retweet Like
ℛ𝒾ℯ𓂃☘︎ Sep 16
Reply Retweet Like
結城浩 5 May 18
たとえばこんな恋の歌。 わが恋をしのびかねてはあしひきの山たちばなのいろに出でぬべし 668 恋心を隠しておくことができなくて、私の慕う気持ちは山たちばなの赤い色のようにはっきりと表に現れてしまうでしょう。
Reply Retweet Like
じゅちょまる 8 Sep 18
露ながらをりてかざゝむ菊の花 老いせぬ秋のひさしかるべく 『 』秋歌下・ 朝露が置いたまま そっと折りとって さあ、髪に挿しましょう 菊の花… その生命力にあやかり 不老長寿の秋 いつまでも 久しくあるように… 重陽 是貞親王家歌合歌
Reply Retweet Like
Soumo Sakuma Jun 15
Reply Retweet Like
菜花 咲子 4 Feb 19
花の香を風のたよりにたぐへてぞ 鴬さそふしるべには遣る 古今和歌集・紀友則
Reply Retweet Like
minami Feb 23
何て優しく素敵なお写真(*ฅ́˘ฅ̀*)♡ “君ならで誰かに見せむ梅の花 色をも香をも知る人ぞ知る“- 手折った を添えて、同じ世界を共にする相手を愛でる…ふと古人の風雅が思い出され、心がふわりと解されました♬ いつも素敵なお写真、ありがとうございます!
Reply Retweet Like
ari-chan 15 Mar 18
Reply Retweet Like
緑村流緑龍吟詠会 塚原緑道 Jan 14
Reply Retweet Like
⭐️潮風⭐️ 21 Mar 16
春霞 たなびく山の 桜花 見れどもあかぬ 君にもあるかな 山桜 霞の間より ほのかにも 見てし人こそ 恋しかりけれ 岡田有希子
Reply Retweet Like
かみさますがる 11h
久方の 光のどけき 春の日に しづこころなく 新型コロナ …いや…なんか…妙にしっくりくるなって思ってさ。 ホントすまないと思ってますよ…友則殿には。
Reply Retweet Like
Kadoism Style Mar 26
ひさかたの 光のどけき 春の日に 静心なく 花の散るらむ 紀友則 (古今和歌集 巻二 春歌下-84) 〜花はいつも通り去りゆく。
Reply Retweet Like
歌舞伎町メガネ丸『BAR REPLAY』 Feb 13
Kindleで、何故か君町の最終巻だけ買って読んでた← このシーンが堪らなく好き。
Reply Retweet Like
Alfredの追憶 Feb 6
恋に落ちた28人💘 わが心 いつならひてか 見ぬ人を   思ひやりつつ 恋しかるらむ 『後撰和歌集』 私の心はいつからこんなことに 慣れてしまったんだろう まだ会ったこともない君なのに 想いをかけながら そばにいたくて 胸を苦しめているなんて
Reply Retweet Like
鷺野鴨平 Jan 28
梅の花を折りて人に贈りける 君ならで 誰にか見せむ 梅の花 色をも香をも 知る人ぞ知る(紀友則)       投稿
Reply Retweet Like