Twitter | Search | |
Search Refresh
角田弘之 Aug 21
ブログアップしました♪♪    407 田中慎弥 「ひよこ太陽」
Reply Retweet Like
オバッチ@レンタルされてます♪ 8 Jan 18
15年引きこもった芥川賞作家が語る孤独との向き合い方、逃げることの大切さ。孤独が怖い、逃げることはダメなことだと悩み動けない方の後押しをしてくれる一冊。田中慎弥の『孤独論 逃げよ、生きよ』 @さんから     
Reply Retweet Like
どんより読書 Mar 15
(集英社文庫) セックスのときに女を殴る父と右手が義手の母。自分は父とは違うと思えば思うほど、遠馬は血のしがらみに翻弄される。やがて内から沸きあがる衝動に戸惑いつつも次第にそれを抑えきれなくなる。逃げ場のない血と性の物語。第146回芥川賞受賞作
Reply Retweet Like
朝日新聞文化・芸能取材班 5 Nov 13
丸)火曜夕刊文芸批評面。アタマは初の長編を出した田中慎弥さんのインタビューです。 大きな力との対峙、描く 田中慎弥、初長編「燃える家」 - 朝日新聞デジタル ()   
Reply Retweet Like
chiyama Mar 25
共喰い読みました 風景、人物、食べ物などの描写は細かなところが詳細に書かれていて匂ってきそうなほどリアルです あまり風景描写などしげしげと読むタイプではありませんが一文字一文字味わいながら読みました 田中先生の長文が読んでみたい!
Reply Retweet Like
東京新聞(TOKYO Web) 19 Apr 17
【考える広場】携帯の怖さ…自覚がなければ「奴隷」になってしまう(東京新聞)-LINEアカウントメディア 携帯を持たない作家 さんの言葉にドキリ。「知らず知らず、誰かにコントロールされてしまう危険すら感じます」
Reply Retweet Like
毎日新聞出版 Jul 1
―――――― イベント情報 7/11(木) ―――――― 『』『』刊行を記念して トークイベントを開催! × 「虚実のあわい、わかりあえなさを描くということ」 7月11日(木)20時~ 本屋B&B(下北沢) 
Reply Retweet Like
ともだちにゅーす 2 Sep 13
芥川賞授賞式での「もらっといてやる」発言で一世を風靡した田中慎弥氏。その辛辣ぶりに誰もが驚嘆したが、彼の素顔はお茶目なものだった? -
Reply Retweet Like
みっきー Apr 14
共喰い 芥川賞受賞会見みてから彼の作品すっごく読んでみたかった。今頃になってしまったが… 私的には 第三紀層の魚 が受賞作品でもいいのではと思ったが。
Reply Retweet Like
ツルミゴロ 29 May 18
「共喰い」読了。 セックスの時に女性を殴る父親と同じ衝動が沸き起こる息子。 適法か違法かが確たる基準として染み付いている僕にとって、この作品で描かれるむき出しの性欲はどこか羨ましくもあった。 はたしてどちらが人間的なんだろう?
Reply Retweet Like
CSチャンネル 衛星劇場 Sep 15
話題の 観るなら ! 明日(9/17)午後7:15からは 主演の 「 」 小説家・ による が映画化した人間ドラマ。 忌まわしい血の継承をめぐる父子の葛藤と愛憎を描く。
Reply Retweet Like
カワセミ@読書 May 21
『共喰い』 第146回芥川賞受賞作。 2013年に菅田将暉さん主演で映画化もされてるんですね、知らなかった。 表紙の絵が印象に残っていて、いつか読みたいと思っていました。 表題作は昭和最後の年。もう一遍の第三紀層の魚はおそらく現代。でもどちらもほぼモノクロで再生されました。
Reply Retweet Like
とも 30 Nov 17
読了。火花に続いての芥川賞作品。 …だからグロいって!いい加減明るいやつ読もう。次だ次。
Reply Retweet Like
杉原学 18 Apr 17
『『孤独論』と『感じるままに生きなさい』の共通点』 人間の中にある「自然性の回復」、それこそが「人間性の回復」である、と。この文脈において、二冊の内容は一致している。⇒
Reply Retweet Like
bookspider 24 Feb 17
孤独論: 逃げよ、生きよ 17/2/9 著 作家デビューまで貫き通した孤独な15年間。追い込まれた者だけが知る最終兵器としての思考―。孤高の芥川賞作家、窮地からの人生論。
Reply Retweet Like
朗読いろは🍀📻いろはのM@おーラジ 9 Jul 18
おはようございます🌞 本日、予定通り 10時~ 「おとなの朗読会」を開催いたします。 入場無料・申込不要🌟直接会場にお越しください🌻
Reply Retweet Like
それはそれとして。 5 Jul 18
新潮2018年7月号より 「風船」田中慎弥 *そうか、そうか。白っぽい帽子と死ななかった自分と、白い風船か。なんのことはない、たったそれだけのことで、自分は生きて、こうして小説を書いている。108p
Reply Retweet Like
いがぐり名ばかり副部長@新潮社営業部文庫新書販売 Jun 2
Reply Retweet Like
スナフキン May 16
Reply Retweet Like
Okureje Nov 15
Reply Retweet Like