Twitter | Search | |
Search Refresh
森島 睦 Jul 15
。正蔵が良かったなぁ。
Reply Retweet Like
なつみ@きなこトラベラー Jul 15
Replying to @kinakotraveller
誤解される行動も五戒破りもいけません。仏のような小はぜさんの顔は一度だけ。 南無阿弥陀仏。圓太郎師匠、長生きして背中で語り続けてください。 志ん五師匠の個性豊かな寄合に参加してみたい。 太福さん・みね子さんの浪曲も侠客も刺さるようでカッコいい。
Reply Retweet Like
研修中けんじ@ディレクター見習い Jul 13
渋谷らくご2019年7月公演 13日(土) 14:00〜16:00の回 立川 こしら『湯屋番』 神田 鯉栄『谷風の情け相撲』 春風亭 百栄『いたちの留吉』 入船亭 扇辰『お文さま』 [前座] 春風亭 枝次
Reply Retweet Like
なつみ@きなこトラベラー Jul 14
Replying to @kinakotraveller
2回目の垂乳根は、筋が同じでもわさび師匠のアレンジが利き違うお話のようで。 おさん師匠の力強さは舞台を見ているみたい。 静かな風藤松原さんの漫才は寄席にピッタリで。 正蔵師匠の落語は、ねずみもキャラクターも生きていて途中で泣きそうになりました。
Reply Retweet Like
Gatts Jul 15
三連休の締めは渋谷らくごに。 吉笑さん、2回目だったけど、今日の「カレンダー」は凄かった。 すごく想像力を掻き立てられて、聞き終わった後はもう少し休ませてくれよー、と思わずにはいられませんでした。 もちろん他のお三方も最高でした。 また来月も行けるといいな。
Reply Retweet Like
なつみ@きなこトラベラー Jul 13
Replying to @kinakotraveller
14日 14:00〜はこちらの方々。 柳家わさび さん 台所おさん さん 風藤松原 さん 林家正蔵 さん テレビで見ていた方もいらっしゃるので、聞きたいなと思っていた回。当日券があってよかったです。 映画館のようなキレイなホールとフカフカの座席がすごく良い◎
Reply Retweet Like
かしわ Jul 15
Replying to @cmcrkg
それにしても、渋谷の奥地。また道間違えたし、建物の何階か忘れてるしで、個人的にはアクセス最悪なところにあるという認識です。鈴本・末廣亭・池袋の有難さよ。
Reply Retweet Like
かしわ Jul 15
Replying to @cmcrkg
タツオさんの説明中に下手前方に座ってた客の感じから、あのあたりが初心者なのだろうなぁと思いながら。
Reply Retweet Like
かしわ Jul 15
Replying to @cmcrkg
一方小里ん師の笠碁は、平易な言葉ではなく、落語でよく使われる言葉で。ひょっとしたら初心者にはややわかりにくかったかもしれません。でも二人のやり取りがいいんですよね。個人的には枕で話してる「本碁か?」「本郷も下谷もねぇ」という地口が好き。
Reply Retweet Like
かしわ Jul 15
Replying to @cmcrkg
文蔵師の猫の災難は古典なのですが、比較的平易な言葉でやってたような気がします。この辺りまでなら聴けるんじゃないでしょうか。「酔っ払いは意地汚い」と思わせるという根多なのですが、酔っ払い本人が「だから酔っ払いは嫌いなんだ」と言ってます。
Reply Retweet Like
sgt.KUMA Jul 11
松之丞さん×きく麿師匠とか最高な組み合わせなのにもうチケット無いじゃん。。。
Reply Retweet Like
なつみ@きなこトラベラー Jul 14
Replying to @kinakotraveller
15日 14:00〜はこちらの方々。 橘家文吾 さん 立川吉笑 さん 三遊亭兼好 さん 隅田川馬石 さん 自分の欲望に負け、2日間連続で を聞きに来てしまった… 13時すぎに着いたら122番でけっこうギリギリ。間に合って良かったです。 3連休は落語でしめるぞ。
Reply Retweet Like
なつみ@きなこトラベラー Jul 14
Replying to @kinakotraveller
14日 17:00〜はこちらの方々。 三遊亭粋歌 さん 橘家文蔵 さん 柳家小里ん さん 雷門小助六 さん 前の回が終わったら帰るつもりだったけど、気が付いたら当日券があるか確認してました。 晴耕雨落語みたいな生活があってもいいじゃない。
Reply Retweet Like
なつみ@きなこトラベラー Jul 13
Replying to @kinakotraveller
で面白さを知ってしまって、落語熱が冷めやらず。 さんがキュレーションをしている を聞きにきましたっ。 気持ちが昂りすぎて、6ヶ月間有効の5枚回数券を購入。 令和元年は落語漬けになるかも。
Reply Retweet Like
由結ちゃんまじ由結ちゃん Jul 10
桂春蝶が呼ばれる限り には行かない
Reply Retweet Like
なつみ@きなこトラベラー Jul 15
Replying to @kinakotraveller
15日 17:00〜はこちらの方々。 柳家小はぜ さん 橘家圓太郎 さん 古今亭志ん五 さん 玉川太福 さん 半分以上の時間、落語を聞いて笑い続けるなんていい3連休。 でも日常にない楽しみを味わおうとしてるのに、昔の浮世の話しを聞きに来てるってちょっと不思議。
Reply Retweet Like
なつみ@きなこトラベラー Jul 14
Replying to @kinakotraveller
粋歌師匠のように指にはめます。シャーよりニャー派。 渋かわいらしい文蔵師匠。お酒はニャンとしてでも呑みタイ。 永遠の少年は意地っ張りの似た者同士。小里ん師匠だから味がある。 旦那達の秘密に巻き込まれた女房二人。小助六師匠の幽霊は無念さが伝わる。
Reply Retweet Like
かしわ Jul 15
Replying to @cmcrkg
小助六師は怪談。二階には上がるなよ、のところで途端に怪談じみてくる。そこまでおどろおどろしくはないけれど、ちゃんと情景は浮かぶ。生首がゴロっ、という描写でかえって怖いのかも。
Reply Retweet Like
なつみ@きなこトラベラー Jul 15
Replying to @kinakotraveller
20歳男性から老婆まで。文吾さんのキャラの濃さがクセになる。 数字を手玉にとる吉笑さん。現代版ぷち浦島太郎気分。 面倒見の良い親分と天然子分は何か始まりそう。これが兼好師匠の泥棒道。 馬石師匠の不安な船頭が漕ぐ舟で、危ない橋は渡りたくない。
Reply Retweet Like
taotao Jul 15
Reply Retweet Like