Twitter | Search | |
Search Refresh
Adventures in Kyoto 30 Mar 19
Replying to @KyotoDailyPhoto
Seijo (青女 'The Blue Woman’) is the goddess of snow and frost who appears in the Chinese legend Huainanzi (淮南子). *end*
Reply Retweet Like
tvitter 3 Jan 15
Мудрый человек спит без снов, а просыпается без печали. Хуайнань-цзы
Reply Retweet Like
苑舉民 9 Feb 19
Replying to @philosophy_muse
Likewise, there is an ancient Chinese proverb, which says in the book,淮南子, be careful to do kind things, just like to do bad things (重為惠,若重為暴).
Reply Retweet Like
北尾吉孝 31 Mar 17
言っても過言ではありません。我々は、一度しかない人生だからこそ出来るだけ早くに天から与えられたミッションを知り、その完遂を目指し日々全精力を傾けて頑張って行かねばなりません。「年五十にして四十九年の非を知る」()、「行年六十にして六十化す」()という言葉もあるように
Reply Retweet Like
とりい@トレンド×データベース×趣味 Jan 29
✅天地の道は極まれば則ち反り、盈つれば則ち損ず 頂点まで登り詰めたとしたら、あとは落ちるだけ。 かりにドン底まで落ちたとしても、次は、登るだけ。 ドン底になった時は、落ち込みがちですが、落胆せず、上にしか次はない、と思って、毎日を全力で過ごしましょう。
Reply Retweet Like
takeshi 9 Jul 18
陰徳という言葉と行動をご存知ないのでしょうか。もともとは中国からきた言葉ですが。  の中に「陰徳あれば陽報あり」と。
Reply Retweet Like
魚田阿萬 @ 書道 @ メガビタミン @ MMT 25 Mar 19
Replying to @uota_aman
Reply Retweet Like
北尾吉孝 29 Aug 17
バランスを図って行き、「…常に定まったぶれない正しい心」を養って行けたら最高でしょう。ですから「人生で一番大事なことの一つ」は、人物を磨き続けて高め行くための絶えざる努力だと思います。人間力を高めるために事上磨錬して行くのです。「年五十にして四十九年の非を知る」(
Reply Retweet Like
熊味 Mar 11
「人間万事塞翁が馬」 「人間」は「じんかん」よ読みます。中国語には「人間」と言う熟語はありません。 「じんかん」とは世間一般を指します。人のみならず全てのモノを指します。 「にんげん」と記載する記事はニワカです。説得力はございません。
Reply Retweet Like
MengHao Nov 2
Reply Retweet Like
熊味 4 Oct 19
人間万事塞翁が馬。
Reply Retweet Like
kaz5thlife 2 Jul 18
の意味とは、紀元前2世紀ころの中国の「淮南子( :えなんじ)という書物の中に、 ◯往古来今これを「宙」といい、四方上下これを「宇」という から来た言葉である。。。かぁ・・・🤔
Reply Retweet Like
名言の世界 15 May 14
【名言】 一隅を守りて、万方をわする。
Reply Retweet Like
鎌倉愛 ✨必勝合格 15 Nov 17
私の座右の銘を 人間訓の「陰徳陽報」にした。 生きて抱える悩みや苦しみは全て自分自身に問題がある事にやっと気づいた。今まで人や環境の責任にしていた事が誤りだった。 美しい を自分の心として見つめるのはどうでしょう? いざ鎌倉へ!私も行きます!
Reply Retweet Like
LoveReading 8 Dec 15
(上)(二版) 淮南子(上)(二版)的作者是誰?
Reply Retweet Like
新釈漢文大系プロモーション【公式】 26 Jun 19
「淮南子」の原典を読みたい方はこちら❗️ 『新釈漢文大系 54 淮南子 上 』(楠山 春樹 著) しんしゃくかんぶんたいけい えなんじ
Reply Retweet Like
夜噺会 Jun 20
「難に臨みて、にわかに兵を鋳る」 これは不断からの臨戦態勢を指す。 事を成就させる人は心・術・道を心得た人である。 心は物事に原理原則を知り、術は細心大胆で眼が行き届き、道は方法を知った上で、目的意識がはっきりしている事である。  
Reply Retweet Like
曽川和翁 Sep 23
政財界で、欲に眩んで墓穴を掘った人間は多い。 『淮南子』に「鹿を遂う者は兎を顧ず」というのがそれだ。 欲の種類は多い。金・物・色に陥穽あり。 漢の淮南王の劉安が学者を集めて作った『淮南子』は、老荘哲学を中心に、周末以来の思想をとり入れた書である。    
Reply Retweet Like
بلال عبد الهادي 23 Jul 15
اللصّ و#الجنرال / من كتاب خوي نان تزه huainanzi « مدوّنة بلال عبد الهادي
Reply Retweet Like
LebensKünstler 11 Nov 18
Reply Retweet Like