Twitter | Search | |
Search Refresh
セタ オーガニックレストラン Mar 10
先日、 に映画 の原作の著者 さんがご来店されました。当店をプロデュースしている、映画ウスケボーイズ監督 との夢のツーショット実現です!河合さんにも の料理を楽しんでいただけました🍷
Reply Retweet Like
菊野琴子 Feb 27
オット氏が仕事で使ってるのを借りて読んでます。 筆者の、本を欲する姿勢は、なんかわかるなあ。 わたしも「いつもともだちいっぱい!みんなだいすき!みんなもわたしをだいすき!」みたいなメンタルだったら、本なぞ必要なかっただろう。
Reply Retweet Like
Book Bang -ブックバン- Feb 15
で誤診、死亡――裁判を追い“選ぶ”ことの是非を問う 『選べなかった命 出生前診断の誤診で生まれた子』[著]文藝春秋
Reply Retweet Like
polaris Jan 3
「選べなかった命」 自分は差別や偏見はないと思っていた でも実際にその立場にならなければわからない苦しみや悲しみや悩みがある 2人の母である私の心に響いた本です
Reply Retweet Like
文藝春秋プロモーション部 Dec 22
書評委員が選ぶ 森健さん(ジャーナリスト)にご紹介いただきました。 「出生前死んだの誤診をもとにした訴訟から障害と命の意義を著者が問い直した」 『選べなかった命 出生前診断の誤診で生まれた子』 | 単行本
Reply Retweet Like
河村書店 Dec 5
書評・青木千恵「フランスを旅してワインは農産物だと考え、日本の大地には不向きと言われたワイン用のぶどうの栽培から醸造まで一貫して取り組んだ半生を追う。」: 読売新聞
Reply Retweet Like
週刊現代 Nov 6
今号の連載「日本一の書評」はジャーナリスト、 さんの「!」(光文社)を、ノンフィクション作家の さんがレビュー。本の執筆のためワインエキスパートの試験を受けた経験がある河合さんも「著者の情熱には圧倒された」と驚嘆しています。
Reply Retweet Like
正和堂書店 Nov 4
日本のワイン造りは、世界の常識からかけ離れていた。 “本当の日本ワイン造り”に人生を捧げた青年たちの出会いと苦悩、葛藤そして成功までを追う
Reply Retweet Like
きんにく♀ Nov 3
小説の合間に読んだこれとてもよい◎人工中絶は堕胎罪はなんて知らなかった…。母体保護法により免罪されるというグレーゾーン。出生前診断もどんどん進化していき、命を選択する時代がもう来ているんですね。とても考えさせられました。
Reply Retweet Like
いしわたりけん Oct 28
Reply Retweet Like
田口浩 Oct 21
8/29 第274回府中朝カフェの会は、府中市公共施設有料化反対のシェア。 - 朝カフェの会 会場レポート
Reply Retweet Like
映画「ウスケボーイズ」 Oct 3
「ウスケボーイズ」原作本が文庫化されて、明日10月5日 全国書店、オンラインストア等で発売されます!こちらもお楽しみに!
Reply Retweet Like
文藝春秋プロモーション部 Sep 11
「自分はそれまで障害者に関する本も書いていましたが、判ったつもりになっていただけだと気が付きました。そんな折にこの訴訟を知ったんです」 出生前診断の“誤診”で産まれたダウン症児 「産む」という選択を考える
Reply Retweet Like
週刊文春 Sep 9
出生前診断の“誤診”で産まれたダウン症児 「産む」という選択を考える | 文春図書館 著者は語る
Reply Retweet Like
紀伊國屋書店Kinoppy Jul 23
《話題の本》 その女性は、出生前診断をうけて、「異常なし」と医者から伝えられたが、生まれてきた子はダウン症だった
Reply Retweet Like
こっちのみそ 9 Jun 17
/ 人間、色々なコトに悩んだりするわけです。 だけど、そういう時には、中々本を読めないコトもあるのです。 この本を目の前にして、悩む今日この頃。
Reply Retweet Like
抱擁女神 4 Feb 17
ブログを更新しました。 『ダウン症の男の子を持つお母さんへ』
Reply Retweet Like
麻雀遊図 10 Jul 16
逃避行だったのか、誘拐だったのか、まあ、両面あるんでしょうね。 河合香織のノンフィクションは、刺激的でハズレがないです。 オススメです。待ち席に置きました。
Reply Retweet Like