Twitter | Search | |
Search Refresh
tabizuma(タビズマ) 15 Apr 18
Reply Retweet Like
元黒ギャル歯科衛生士@STAY WHITE🦷 Jun 16
今読んでる本が面白い。 欠乏が人を支配する。
Reply Retweet Like
なかちゃん Jun 3
Replying to @cdp_kokkai
知ってますか? バブルが弾けてから緊縮経済にした結果が今の日本ではないですか
Reply Retweet Like
栃尾江美(とっちー)🖋🎙 6 Mar 17
電車読書でメモ。お金に困っていることを思い出すだけで、認知能力が下がる。つまり頭が悪くなるってことだ
Reply Retweet Like
あいざわまやこ 3 Jul 18
人は目先の利益を過大評価して将来の利益を疎かにする
Reply Retweet Like
0831nuko@イラストブックレビュー 27 Nov 18
ようやく読み終わった本のイラストレビューを書こうとしてますが、ついた付箋の多さにビビる。こんなに気になったところがあったのか、自分。付箋つけたのが1カ月前のものもあり、何を思って貼ったのか覚えてない(ー ー;)
Reply Retweet Like
栃尾江美(とっちー)🖋🎙 28 Mar 17
スラックという言葉こそ知らなかったものの、意識するようになってから追い立てられてる感がなくなった→「スラックは常に軽んじられる」
Reply Retweet Like
0831nuko@イラストブックレビュー 17 Dec 18
アメブロを更新しました。 『いつも「時間がない」あなたに: 欠乏の行動経済学 』のイラストブックレビューです。   
Reply Retweet Like
こめ 27 May 15
貧困救済用の訓練プログラムは、連続授業形式なせいで一回でも休んだら次も理解できなくなる。いろいろな生活の問題に頭を悩ませ日々に追われている貧困者は授業を不意に休む確率が高い。何かのきっかけで一回でも休んだ受講者はそのまま授業にこなくなり、貧困は継続される。
Reply Retweet Like
栃尾江美(とっちー)🖋🎙 28 Mar 17
スラックの項目では、働かないアリや働かないハチのことが書かれていた本と同じことを言っている。そうかそれで何か覚えがあるのだ。組織においてもスラックが必要で、それがつまり働かないアリ
Reply Retweet Like
なかちゃん Jun 3
Reply Retweet Like
こめ 27 May 15
ここでこれを個人の不真面目として弾劾することは意味がなく、来れる時に来たら徐々に学んでいける方式にすべきだと説く。
Reply Retweet Like
アラサーリーマンたかし May 17
時間がない等の欠乏の感覚は、人の注意を占拠し、限定的な強みをもたらすが、「処理能力の低下」というより大きな代償をもたらす。そのため、欠乏から抜け出すための計画を立案・実行できず、ますます欠乏の罠の深みにはまって抜け出せなくなる。
Reply Retweet Like
あいざわまやこ 3 Jul 18
一つのことに集中する=他の事をほったらかす 欠乏は集中を生み、有益なこと。 欠乏のせいでもっと重要なことがほったらかしになる。
Reply Retweet Like
なかちゃん Jun 3
心当たりはある お金がないときは確かに余裕がなくなる そうなると緊縮財政はアウト 場所: 福江島
Reply Retweet Like
Outputter 24 Sep 18
実は貧者の方が経済合理的である。 彼らは金銭のエキスパートだ。欠乏ゆえに如何なる状況でも金銭に対してはほぼ等しい価値を置く。 ただ同じく欠乏ゆえに、彼らはスーツケース自体を大きくするのではなく、小さなスーツケースの限られた空間を有効に使おうとする。
Reply Retweet Like
Outputter 24 Sep 18
つまり時間とお金の交換レートは「常に一定」では全くない。 驚くことに、逆にいくら節約できれば遠回りするか(往復1時間の価値)を聞くと、品物によって5.64ドル(3ドルのペン)から1364ドル(3万ドルの車)まで幅があった。 人は少額の品ではケチするのに、高額な品では浪費する。
Reply Retweet Like
Outputter 24 Sep 18
人はよく合理性から逸脱する。 1.欲しいDVDプレーヤーが、今いる店だと100ドル。しかし家からもう30分遠い店では65ドル。 2.欲しいPCが、今いる店だと1000ドル。しかし家からもう30分遠い店では965ドル。 同じ35ドルなのに、大抵の人は前者で遠回りはしても、後者ではしない。
Reply Retweet Like
牛尾 健(Ken Ushio) Jun 21
【学んだこと】 ■時間割引率を低くするには余裕が必要 ・時間割引率を低くするには  なんと言っても少しずつでいいから  時間とお金に余裕を作ることが重要
Reply Retweet Like
toushihazime 20 Sep 18
時間がない時、あえて空白の時間を作ることによってその日の時間の使い方を振り返ったり、これからの時間をどのように使おうか考える余裕が生まれる。これが欠乏の行動経済学でいうスラックの考え方である。
Reply Retweet Like