Twitter | Search | |
Search Refresh
Masaaki Takarai Nov 3
Reply Retweet Like
ねぎま ねるこ Oct 21
Reply Retweet Like
HMV&BOOKS online 本 Aug 21
【テレビ紹介本】 本日の さんが紹介した本 『雪子さんの足音📚』 大家さんと下宿人との人間関係の壁を繊細に記されています。 自分の人間関係と比較して色々と考えてしまうかもしれませんが、 くせになる1冊です📖
Reply Retweet Like
nagata Aug 21
浜野佐知監督の最新映画の原作『雪子さんの足音』(木村紅美)が、めざましテレビで紹介されました。 葉 菜 一 郎
Reply Retweet Like
平林堂書店・上田市 Aug 17
Replying to @ririnndesu
しんぶん赤旗2018年8月17日「文化の話題」欄の記事です。 「さあ、文学で戦争を止めよう 作家 さん・TPPへの危機感 作家 さん・沖縄に身を寄せて」 のお申し込みは、 (上田市小牧1162-4)0268-22-2631 まで。
Reply Retweet Like
1003 Jul 25
【新刊入荷】『てくり 26』今号の特集は「文学の杜にて。」 ・ 巻頭の盛岡市内の各高校の文芸部の皆さんの座談会が興味深いです。さわや書店の書店員さんたちのトークも掲載されてます。 さんと さんの対談も。
Reply Retweet Like
映画『雪子さんの足音』を支援する会 Jul 9
再掲。浜野組『雪子さんの足音』6月24日静岡市の旧エンバーソン住宅でクランクアップ。浜野佐知監督と主演の吉行和子さん、寛一郎さん、菜葉菜さん。  
Reply Retweet Like
映画『雪子さんの足音』を支援する会 Jul 1
静岡新聞6月28日(木)夕刊くらし面の記事です。 映画『雪子さんの足音』で「サロン」の料理を担当してくれた鈴木学園について紹介されています。
Reply Retweet Like
いとつむぎ Jun 23
過干渉な大家さんとの日々を綴った 雪子さん役を吉行和子さんで映画化と知って、もう読みながら吉行和子さんの顔しか出てこない。いっときだけの2度とは戻らない特別な関係性。 軽い気持ちで読み始めたけど予想以上に良かったです。
Reply Retweet Like
明治学院大学 Jun 13
卒業生の が映画化🎬/ 第158回 候補になった さん(芸術学科卒業) の作品「雪子さんの足音」の映画化が決定👏 主演の さんを中心に静岡市内各所で撮影が行われているそうです。 公開は2019年。今から楽しみですね😊
Reply Retweet Like
Masaaki Takarai Jun 9
映画『雪子さんの足音』 クランクイン直前!! 原作者 さんの映画に出演できる幸せを うまく私の役割で果たす使命に潜在意識の力までも出来る限り叩き起こして使って今回は演じてみようと。
Reply Retweet Like
工藤P Mar 20
色川武大・阿佐田哲也を語る一関のジャズ喫茶ベイシーの夜。マスター菅原正二さんと、芥川賞候補二度ノミネートの作家・木村紅美さんのトーク。mitみんなのニュースあす3/22(木)18:14〜
Reply Retweet Like
Kuninori Yamazaki Mar 17
松本竣介「僕はB29の焼夷弾が滝の様に落下してくる下で、水もないから箒(ほうき)を持って構へてゐた。原子爆弾出現の報に、綿をたくさんいれた頭巾を作り炎天の下をかぶって歩いてゐた、漫画だ」1945年10月
Reply Retweet Like
田村秀美 Feb 13
くまざわ書店ヨーカドー武蔵小金井店では、芥川賞候補作家、 さんコーナー展開中!バレンタインストーリーズのお買い求めは本日中にどうぞ。
Reply Retweet Like
網中いづる Jan 16
名曲ネルケンのイメージで描いたもの。 木村紅美さんが以前ピンポイントギャラリーの展覧会のために書いてくださった「花泥棒」という短いお話の挿絵。
Reply Retweet Like
読書メーター Jan 15
【第158回 候補作】『 に寄せられた感想はこちら!
Reply Retweet Like
佐藤竜一 Dec 20
第158回芥川賞・直木賞候補作が発表。芥川賞では盛岡に実家がある木村紅美、遠野生まれで岩手大学教育学部卒業の若竹千佐子と岩手県関係者2名がノミネート。結果が楽しみ。受賞したら、地元の書店が少し潤うだろう。  
Reply Retweet Like
今平 13 Mar 17
この間読み終わったやつ。読み物というより一つの記憶のようで、読んでしっくり来ない人はたくさんいるかも。タイトルを借りて言うと、どこか夜の隅で生きる静けさや熱情の淵を捉えて、アトリエに並べていくような印象。装丁はカバーをかけるのが勿体無い程綺麗。
Reply Retweet Like