Twitter | Search | |
Search Refresh
愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ Aug 21
初等教育の充実は らの遺産で の美点,僅か4年で2万6千の小学校が開校し明治中期に就学率5割を達成。 後の朝鮮も恩恵に浴し百程の小学校が一躍6千へ激増し識字率は6%から通常国並に向上,欧米流植民地支配との差異が際立つ偉業でした⇒
Reply Retweet Like
チヒロ Aug 2
でフォローして下さる方もいらっしゃいますので😊🎵その② プロフ絵の元です
Reply Retweet Like
愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ Aug 2
生涯童貞説もある と反対に門弟達は京都や品川で豪遊を重ね野暮で吝嗇な薩会人を大衆人気で圧倒。兄貴分の は小兵ながら筋骨隆々の男前,三本木No1の幾松を落し禁門の変後の逃避行を経て正妻に。が夫妻は子に恵まれず妾が産んだ一女も没し血が絶えました⇒
Reply Retweet Like
愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ Jul 24
諸隊が躍動した長州藩は一君万民論に先覚し は上洛早々に郡県制中央集権化を建白。戊辰戦争が終るや を巻込んで薩長土肥4藩主連署で を上表し1869年 全藩主に勅令。合せて四民平等を実現し廃藩置県,国民皆兵に備えます⇒
Reply Retweet Like
愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ Aug 2
の妹を娶るも寄付かず死の20日後に島原遊女が一子修次郎を出産 も新妻(入江九一の妹)の居る実家を避け下関芸妓を後添いに の妻も芸者上りですが長閥で唯一 は真面目で「庭園は作るも女は作らず」と妙な賛辞を⇒
Reply Retweet Like
久郎 Aug 11
モノクロのままの方がまだマシな気がしてきたから上げなおす🙏💦
Reply Retweet Like
Pierce~ライン着せ替え作成中!~ Aug 21
戦国時代や歴史が好きな方、いかがでしょうか? 大河ドラマのファンの方にもオススメです!   
Reply Retweet Like
熊野 3h
なんかまた凄い史料が。。。 (大久保利通宛木戸孝允書翰)   
Reply Retweet Like
Daiki from NITROBOX Aug 2
坂本龍馬、中岡慎太郎と桂小五郎は京都を一望出来る場所に祀られてありました。 でも、お墓を参拝するにはまず山の勾配と長い階段との闘いになるので夏場のチャレンジはオススメ致しません。 マジで。
Reply Retweet Like
ぐでたま【公式】 6 Mar 18
しぇいくはんどぜよ  が結ばれた日   
Reply Retweet Like
ぴあちゃん-Pierchan- 15h
Reply Retweet Like
愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ Aug 20
に薩摩兵を繰出し を死なせた張本人ながら維新後 に「久坂先生が存命ならお互いに参議だなどと威張ってはおられませんな」とぼやいた由。清貧の西郷は ら長州の汚職を憎むも何故か山城屋事件の を擁護しました⇒
Reply Retweet Like
愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ Aug 20
1864年 藩主父子の赦免を求め大挙上洛した長州兵が池田屋事件で激発し 勃発 の死と共に松陰流草莽崛起は費えるも口舌の浪士を嫌い防長割拠,軍備抗幕を説く が檜舞台へ。排泄を装い新撰組の縛を逃れた が幕末長州を担います⇒
Reply Retweet Like
森田 伸 Shin MORITA Aug 26
Reply Retweet Like
k.wada Feb 27
私は140年後の未来から、その人の完結してしまった140年前の人生を、まるでこれから始まる未来であるかのように、ああでもない、こうでもないとあれこれ想像しながら、その人の書いた日記や手紙とにらめっこし、その人所縁の場所に出かけ、一喜一憂している。なんて幸せなことだろうと思う。
Reply Retweet Like
木戸孝允先生顕彰会 May 25
【松菊祭】紹介されています。ご覧下さい。
Reply Retweet Like
吉田純二 Aug 17
「新しい時代を作るのは老人ではない」(by 大尉 )は至言 では20代~40代の世代が先頭立って引っ張った感じ 1868年当時 43、 38、 35, 34、 32 30、 27 と皆若い✨
Reply Retweet Like
あねがわ 7 Jul 18
   そういえば己のTwitter固定画面が、先日終了した殿様展のままでした。変えねば!と思って差し替え用で描いた木戸さんなのだけど、コレジャナイ感があり固定にしなかった… 久しぶりの厚塗り。画力は置いておいて、多分私質感出すのが苦手なんだな…と自分の苦手分野を理解した1枚
Reply Retweet Like
敗者の歴史に光あれ May 26
5/26 木戸の意見書 西郷の所業甚だ憎むべしと云えども朝廷も反省なくんばあるべからず。(西郷は)識乏しくして時勢を知らず。長ずる所を以て身を謝る、古今皆是れなり。西郷憎むべしと云えども憐れむべき所なきにしも非ず 木戸は西郷の心事につき若干了解する所があった 徳富蘇峰
Reply Retweet Like
矢部 鴎所 29 May 18
木戸孝允べた褒めタイムもあった本日のゼミ
Reply Retweet Like