Twitter | Search | |
Search Refresh
やいっち Jul 22
アメブロを更新しました。 『クレー絵画の幼児性』
Reply Retweet Like
むらさき Jul 21
『銀嶺の人(下)』読み終わりました。 相変わらず、岩壁も氷も景色も寒さも美しく恐ろしい…と思わせる新田作品✨ 伝統工芸品の奥深さも教えていただきました。 彼女達の関係も「友情」と言うには言葉が足りないですね💕 そして、そんな、ラストなんですか…
Reply Retweet Like
いろはす Jul 17
Reply Retweet Like
ima0316 Jul 16
Reply Retweet Like
ima0316 Jul 16
Reply Retweet Like
ima0316 Jul 16
Reply Retweet Like
ima0316 Jul 16
Reply Retweet Like
ドーピングパンダ Jul 15
終わった… 出勤時に読むんやなかった。 帰りに読めば良かった。 泣くよ。 昼休み、あとがきや解説を読む。 テレホン人生相談の今井さんがモデルと再確認、ちょっとホッとする。 明日からまた何読もうね📖 やっぱり山🗻🗻の本が良いなあ
Reply Retweet Like
あま本 Jul 15
Replying to @amahonn
今週のNo.9 『新田次郎 山の歳時記 』
Reply Retweet Like
むらさき Jul 3
『銀嶺の人(上)』読み終わりました。 やっぱり新田さんの作品は、山と自然の描写が最高デス😆容赦ない暴風雨とか、人を拒絶するかのような氷の硬さとか… すいません。山登らないけど、目に浮かびます⛰ 次、下巻予約せねば💕
Reply Retweet Like
京介。ちょっとゆっくりと! Jul 2
Reply Retweet Like
周南経済新聞 Jun 19
【下松で映画「ある町の高い煙突」上映 登場人物モデルに下松ゆかりの久原房之助】          
Reply Retweet Like
ミニシアターに行こう。 Jun 17
』—日立の大煙突と桜並木に秘められた感動の実話  の同名小説を 監督が映画化。1910年の茨城県久慈郡を舞台に日立鉱山の煙害と戦った地元村民たちの姿を描く。6/22(土)公開。 
Reply Retweet Like
宅(ヤケ)さん@寛 Jun 17
」読了。 公害や環境関係の入門書には必ず嚆矢的な事例として出てくる日立の煙突…その実現にはこんな物語があった。 村に降りかかる銅山の煙害救済に奔走する三郎、煙害解決のため世界一高い煙突建設に突き進む社長の吉之助。 映画も観たくなる!
Reply Retweet Like
punyuko Jun 13
鳥取砂丘🐪からの兵庫県!!(*゚ロ゚) のモデルで大正~昭和初期にかけて活躍した町内出身登山家の を顕彰して建てられた図書館(⁎˃ᴗ˂⁎)訪れた山々を細部にわたりイメージした図書館。2階はゆかりの品々で貴重な資料が沢山✨
Reply Retweet Like
ミニシアターに行こう。 Jun 9
【ニュース】6/22(土)公開『』予告編公開中。100年前、命をかけて環境破壊と闘った人々がいた。文豪 が描く と桜並木に秘められた実話を 監督が実力派俳優陣で映画化! 予告編→
Reply Retweet Like
LisBo(リスボ) Jun 9
妻の がベストセラー作家となったことに触発され、自らも小説を書き始めた 。 講演「何を書くべきか」において、これまでの作家人生を赤裸々に語っています。 文章が上手になるには?“褒める”ことの大切さとは?お聴き下さい!
Reply Retweet Like
映画.com Jun 9
【🎥特集UP❗】 この心震える実話をご存知でしたか❓ 「八甲田山」「劔岳 点の記」の 映画化10作目は、全ての働く人に捧ぐ《魂の物語》😭 現在も稼働中の大煙突、その歴史の裏に何があったのか⁉ 「」(6月22日公開)特集をUP👉
Reply Retweet Like
ナベちゃん Jun 2
カーナビなどを使って便利な生活をしている私たち現代人は、 それがこういった先人のご苦労のおかげであることを忘れては いけませんネ。m(_ _)m
Reply Retweet Like
東洋経済オンライン May 28
【本日締め切り!】 新田次郎の傑作小説を映画化した社会派作、『 』の独占試写会を、東洋経済オンライン読者様だけの貸切会場で開催いたします。
Reply Retweet Like