Twitter | Search | |
Search Refresh
syphilis_japan 32m
自宅検査で陽性→個人輸入した抗生剤で治療、というパターン。不必要あるいは効かない治療をしてしまったり、治ったかどうかの判定が難しくなるケースもあります。副作用が出た場合の補償対象にもなりません。自宅検査で陽性になったら、医療機関を受診してください。
Reply Retweet Like
syphilis_japan 2h
【1期梅毒】1期梅毒の症状が出現した時点から過去3ヶ月以内に梅毒の原因菌に感染したと考えられます。その3ヶ月以内に性行為を行った相手も感染している可能性があるため、検査を受ける必要があります。
Reply Retweet Like
性病・性感染症情報 2h
【B型肝炎】大人の場合,急性肝炎を発症しても約9割は自然におさまる。ただし残りの1割は炎症が長期間続き,肝硬変や肝臓がんの原因となるためウイルスを抑える治療が必要になる。
Reply Retweet Like
性病・性感染症情報 3h
【B型肝炎】B型肝炎ウイルス(HBV)が原因。感染後1ヶ月〜半年の潜伏期間を経て発症する。症状は体のだるさ,食欲低下,吐き気,濃い色の尿,黄疸(皮膚が黄色くなる)など。これらの症状は数週間でおさまっていくが,重症になり死亡することもある。
Reply Retweet Like
Art♡Love 3h
ブログを更新しました。 『性感染症検査 無料匿名で受けられます Αύριο』
Reply Retweet Like
性病・性感染症情報 5h
【HIV,エイズ】発見された当時,エイズは治療法が無く確実に死に至る病気だった。現在は治療法が進歩したため,早期発見してきちんと治療すれば通常の生活が送れるし,寿命もHIV感染がない人とほとんど差が無くなったという報告も出てきた。
Reply Retweet Like
Sexual Health Service 6h
」は18年3月1日、コンドームなしで遊客と性交させることを意味する「本来のサービス」表示をすべて削除、NS嬢を非公開としました。外国人客と性交させている嬢も非公開のため、性感染症リスクの増大は不可避です。十分注意してください。
Reply Retweet Like
Sexual Health Service 6h
」のような、HIV・性感染症の検査義務がなかったり外国人客を受け入れていたりする性風俗店を利用する場合、相手となる嬢について、検査の受診状況、コンドーム装着義務の有無、外国人客対応の可否等を店員にしつこく訊ねましょう。
Reply Retweet Like
性病・性感染症情報 7h
【HIV,エイズ】感染初期の症状がおさまった後,体の中ではウイルス(HIV)が増えて,リンパ球が徐々に減少していく。この期間は症状が無く,潜伏期間と呼ばれる。潜伏期間の長さは数年から10年程度と個人差が大きい。
Reply Retweet Like
Sexual Health Service 7h
」は、嬢に対してHIV・性感染症の検査結果の提出を課していないため、検査受診が嬢の自由意思に委ねられてしまっています。したがって、HIVや何らかの性感染症に罹患している嬢を出勤させている可能性があります。十分注意してください。
Reply Retweet Like
性病・性感染症情報 9h
【HIV,エイズ】HIVは「ヒト免疫不全ウイルス」の略でウイルスの名前。エイズ(AIDS)は「後天性免疫不全症候群」の略で,病気の名前。HIVに感染して治療しないと,数年〜10年くらいの潜伏期間の後にエイズを発症する。
Reply Retweet Like
性病・性感染症情報 10h
【尖圭コンジローマ(2)】間違われやすいものとして,男性では「フォアダイス」と「真珠様陰茎小丘疹」,女性では膣前庭部乳頭腫症がある。これらはどれも病気ではないため,治療の必要はない(気にせず放っておいて大丈夫)。
Reply Retweet Like
性病・性感染症情報 11h
【尖圭コンジローマ】ヒトパピローマウイルス(HPV)が原因。陰部にイボができる。潜伏期間は1〜9ヶ月と幅が広い(平均は3ヶ月)。外科的治療(手術),塗り薬,液体窒素など様々な治療法があるが,再発率が高く約3割は一旦消えた後再発するとされる。
Reply Retweet Like
syphilis_japan 13h
【梅毒の治療】日本では梅毒の治療はアモキシシリンという飲み薬の抗生物質を使うことが多いです。飲み方(飲む量と期間)にはいくつかのパターンがあります。また、アレルギーがある場合には別の種類の抗生物質を使用します。
Reply Retweet Like
syphilis_japan 14h
【梅毒の治療】海外ではペニシリンの注射が標準的な治療ですが、日本では利用できないので飲み薬で治療します。ただし、薬が飲めない場合や神経梅毒がある場合にはペニシリンの点滴で治療します。
Reply Retweet Like
性病・性感染症情報 Aug 19
【1期梅毒】感染してから数日〜3ヶ月の間に,菌が侵入した場所にしこりができる。しこりは潰れて,潰瘍になることが多い。近くのリンパ節が腫れることもある。痛みは無いことの方が多いが,痛むことも少なくない。治療しなくても1ヶ月前後で自然に消えて良くなる。
Reply Retweet Like
性病・性感染症情報 Aug 17
【軟性下疳(なんせいげかん)】軟性下疳菌による感染症。東南アジアなどに多く,日本では非常に少ない。数日の潜伏期間を経て,性器に強い痛みを伴う潰瘍ができる。その他,鼠径部のリンパ節が腫れて痛みを伴う。口の中に感染することもある。抗生物質で治療する。
Reply Retweet Like
syphilis_japan Aug 15
【無症候梅毒】梅毒は症状が出ている期間よりも出ていない期間の方がずっと長く、この状態は「無症候梅毒」と呼ばれます。日本では梅毒として報告されている人のうち、2〜3割が無症候梅毒です。放置すれば病気が進行していく必要があるため、治療が必要です。
Reply Retweet Like
TBSラジオ FM90.5&AM954 Aug 15
この後【生島ヒロシのおはよう定食・一直線】5時20分頃 かわむらクリニック院長 川村明先生が「」を解説◆5時45分頃 精神科医の和田秀樹先生による「ほめ言葉の力」◆6 時12分頃 LUNAグループ理事長の関口由紀先生「女性の 」◆「今日の1 ページ」
Reply Retweet Like