Twitter | Search | |
Search Refresh
書泉グランデ Jun 1
【4階】『戦国期 研究の最前線』山田康弘/編 日本史史料研究会/監修(山川出版社)好評発売中。 応仁の乱以降ほんとうに将軍は没落したのか? 戦国大名や天皇と、将軍の関係はどうだったのか? 信長の登場で、 は終わったのか? ??いま一番おもしろい室町時代研究の最前線
Reply Retweet Like
日本史B教科Bot Jun 4
北山文化 3代義満の北山金閣寺=寝殿・禅宗の折衷 五山十刹の制 水墨画 絶海中津ら五山文学 観阿弥世阿弥の猿楽能 世阿弥「風姿花伝」
Reply Retweet Like
日本史B教科Bot Jun 1
東山文化 8代義政による東山銀閣寺=書院造、枯山水 雪舟 土佐派 狩野派 能面 茶華道(村田珠光の侘茶) 吉田兼倶の唯一神道
Reply Retweet Like
杉田雅俊 Jun 4
信長が義昭との和解を最期まで望んでいたとするなら、 こそが の滅ぶことを決定づけたと言えるかな? 信長が生きていて、義昭を京に迎え入れても、当時の京の人々にしてみれば「いつものこと」だろうし。
Reply Retweet Like
日本史B教科Bot 24h
室町文化 地方特産品の発達 揚浜→入浜塩田 六斎市 連雀商人、大原女、桂女 石清水八幡宮の大山崎油座 永楽通宝→撰銭令 問屋 馬借、車借 義満→明との勘合貿易 倭寇 細川大内氏の寧波の乱(1523) 対馬の宗氏の日朝外交(1419応永の外寇) 1510三浦の乱
Reply Retweet Like
日本史B教科Bot Jun 3
建武の新政 後醍醐天皇の新政 綸旨 記録所 雑訴決断所 ↓ 1335年北条時行の中先代の乱 1336年足利尊氏の建武式目 →後醍醐天皇は吉野の南朝へ=大覚寺統 京都の北朝=持明院統と南北朝動乱へ
Reply Retweet Like
日本史B教科Bot Jun 3
御伽草子 連歌 二条良基(莬玖波集) 宗祗(新撰莬玖波集) 宗鑑(犬筑波集) 盆踊り 上杉憲実の足利学校 法華一揆→天文法華の乱(1536)
Reply Retweet Like
日本史B教科Bot Jun 3
後深草上皇→持明院統 亀山天皇→大覚寺統→後醍醐天皇 ↓ 両統迭立 後醍醐天皇=北条高時と長崎高資の政権を討幕する計画 1324年正中の変 1331年元弘の変 護良親王、楠木正成が蜂起 →足利尊氏が六波羅探題を、新田義貞が1333年鎌倉幕府を滅ぼす
Reply Retweet Like
日本史B教科Bot Jun 1
南朝=北畠親房の抗戦 北朝=1338年に征夷大将軍になった尊氏と直義、高師直との観応の擾乱(1350) 単独相続、地縁的結合の重視 守護大名=苅田狼藉、使節遵行、半済令、守護請 国人一揆=一味同心
Reply Retweet Like
日本史B教科Bot Jun 1
応仁の乱 1438永享の乱、1440結城合戦 赤松満祐を滅ぼした嘉吉の変(1441) 畠山と斯波の管領家の争い、8代義政と日野富子との争い、細川勝元(東軍)と山名持豊(西軍)との争い →応仁の乱(1467)
Reply Retweet Like
日本史B教科Bot May 31
1429年に尚巴志の琉球王国 1457年アイヌのコシャマインの蜂起 →江戸時代に松前氏の蝦夷地支配へ 南北朝文化 増鏡 北畠親房の神皇正統記 梅松論 太平記 能楽 茶寄合
Reply Retweet Like
日本史B教科Bot May 30
1428年正長の徳政一揆 1429年播磨の土一揆 1485年畠山氏を退去させた山城国一揆(8年続く) 1488年蓮如らが冨樫政親を倒した加賀の一向一揆(1世紀続く) 惣百姓の惣村の形成 宮座、寄合、惣掟、地下請 三毛作、下肥
Reply Retweet Like