Twitter | Search | |
Search Refresh
ぼやの人 16 Jan 17
The latest DAIRY BOYATTER ! Thanks to
Reply Retweet Like
モデルプレス Jan 10
萩谷慧悟、舞台「仮面ライダー斬月」出演決定に反響 大高洋夫と“重要な役”演じる
Reply Retweet Like
エンタステージ 10 Jan 18
Replying to @enterstage_jp
Reply Retweet Like
久保田悠来 Mar 16
Reply Retweet Like
amlamla_mariko🧜‍♀️ 27 Mar 17
ぺよん潤さんによると、本物のペ・ヨンジュンさんは、今何もしていなくて大金持ちをやっているそうです パトロン席
Reply Retweet Like
日刊スポーツ 10 Feb 17
Reply Retweet Like
テレ朝POST 15 Jun 16
【写真を7枚追加しました】 朗読演劇『春琴抄』和田琢磨、伊崎龍次郎の初女性役は「気が抜けると足が…」【舞台挨拶・場当たり稽古】
Reply Retweet Like
あべまさし Jan 14
明日深夜から「さすらい温泉♨️遠藤憲一」が放送開始! 遂に地上波で。 ポスターは掲載禁止になりましたけど(笑)、中身は物凄く[人情噺]です。 1話のゲストは さん、 さん、 さん
Reply Retweet Like
アニメイトタイムズ公式 Jan 9
舞台『仮面ライダー斬月』出演者第3弾&公演日程が公開
Reply Retweet Like
まる高 Feb 1
★大高 洋夫さん出演情報★ 2/7(木)テレビ朝日 夜8時から『刑事ゼロ』 2/8(金)BS朝日 夜7時から『紀州藩主 徳川吉宗』 どちらも、(きっと)京都で撮影されたドラマ! 必 ず 見 て ね!
Reply Retweet Like
ステージナタリー Apr 11
多田淳之介「ゴドーを待ちながら」“昭和・平成ver.”と“令和ver.”キャスト発表(コメントあり)
Reply Retweet Like
まる高 7 May 18
あれ? 大高さん、5月1日放送の『シグナル 長期未解決事件捜査班』第4話の告知されてない? 今なら「TVer」で無料で見れますよ! でも、一週間限定なので明日までに見てください! TVerの何がいいって、スマホでスクショ撮れちゃうとこ(笑)
Reply Retweet Like
舞台『仮面ライダー斬月』 -鎧武外伝- Mar 8
★☆稽古場通信⑭☆★ 僕の楽屋に遊びに来てください。一曲弾いて差し上げます。 by 大高洋夫 追加公演決定!!チケット好評発売中!
Reply Retweet Like
PASH!編集部 Jan 9
【PASH!+】舞台『仮面ライダー斬月』萩谷慧悟&大高洋夫が出演決定。TVシリーズ『鎧武』キャストのアフタートークも予定
Reply Retweet Like
眞形人狼伝道師_たほいや_TRPGch主宰 Aug 2
さんのお芝居、 を見てきました。楽屋にも、お邪魔してきました。 歌あり、ダンスあり、お笑いあり、どこか懐かしい匂いのする作品でした。
Reply Retweet Like
サカモト@秋、早よ Jun 22
観劇。 まずはこの感想がネタバレになるかも知れないので、まだ観ていない方は読まずにいて欲しい。 さんと さんの掛け合い。このツイートで言えることは非常にユーモアに満ちた空間と圧倒的な台詞量。正に圧巻である。
Reply Retweet Like
あちゃ Jun 21
地元で、まさかのキャスティングで「ゴドー待ち」が味わえるとは! オータカさん、大好物のサービスをありがとう😊
Reply Retweet Like
えのきどいちろう Jun 20
Replying to @ichiroenokido
僕は大高さんと友達で良かったな。ずっと見ていられるもんな。「ゴドー待ち」、今週いっぱいだから是非見てください。席少しならありそう。 もう一組の若い方の「ゴドー待ち」も、この分じゃすごいいいだろうな(了)。
Reply Retweet Like
えのきどいちろう Jun 20
Replying to @ichiroenokido
あれをやってた人だからこれをやれてる。マジ戦慄ですよ。同じ時間を生きてないとたぶん見えないことだ。役者は時間がかかっている。役者は時間の結晶化したものだ。(続)
Reply Retweet Like
えのきどいちろう Jun 20
Replying to @ichiroenokido
今回見た「ゴドー待ち」はね、小宮孝泰、大高洋夫だ。巧い。見せる。そして、すごいのは「遊びの練達がくたびれ果て、飽き飽きし、老いた状態」をやってた。僕はコント赤信号、第三舞台という、同時代同世代の「遊びの最先端」について考えずにいられない。(続)
Reply Retweet Like