Twitter | Search | |
Search Refresh
山田 3h
 なんて、進んでないじゃないか!
Reply Retweet Like
田舎をdisるbot 4h
歳を取ったら田舎の方がいい? ・近くに店が多い ・高度な医療を受けられる ・交通網が発達している という事を考えると、都会の方が良いんじゃないの? 田舎なんて、店も無ければ、バスや電車の便が少なくて、病院も小さいクリニックばっかだよ?
Reply Retweet Like
田舎をdisるbot 1h
センター試験の平均点を都道府県別で出すと、1位は毎年東京で最下位は九州のド田舎 そして、得点差は120点以上 どこに生まれるかである程度受けられる教育の質が変わる
Reply Retweet Like
田舎をdisるbot 6h
地元(田舎)から出ていく若者を田舎の年寄りは悪者扱いするけど、悪いのは若者じゃないだろ 出ていくのは当然
Reply Retweet Like
田舎をdisるbot 12h
「若者の○○離れ」ってよく言われてるけど、老害共が若者の価値観を感情論で叩くための言葉にしか聞こえない 時代で価値観や必要性が変わるんだから、自分達と同じだと思うなよ。 そして、そんな年寄りが多い田舎に残ると、何を言われるかは予想が付く
Reply Retweet Like
鈴木 14h
地方は東京の植民地じゃないんだから。   東京一極集中ってのもそうかとおもうよ。        
Reply Retweet Like
山田 のり 14h
24時間営業は廃止するべきだと思う。                  
Reply Retweet Like
山田 18h
 は各地方にある  を活用してはどうか?      
Reply Retweet Like
ネイティブ~地方創生業界メディア~ Nov 21
東京で16年間務めたIT業界をきっぱり辞め、着物業界へ転身した淺田瑞子さんは今、京都で観光用着物レンタル専門店「京都愛和服」2店舗の店長を務めています。 異業種キャリアチェンジと予定外のUターンが呼び起こした、会社の事業拡大と淺田さんの今後の夢は。
Reply Retweet Like
土曜塾(中央大学) 2018年度 19h
【土曜塾のお知らせℹ】 テーマ:「民間企業が取り組む地方創生とは」 講師:馬場啓史様(保険会社) 日時:11/24(土)11:00~12:30(2限) 場所:法学部棟6604教室 地方創生に取り組むのは国や自治体だけではなく、民間企業からもアプローチが可能という事を知ることができます!
Reply Retweet Like
uPlayer! Nov 17
マイヘッドホンも持ってくるの忘れたし。ってか用意する時間がなかったし。
Reply Retweet Like
Yuhi Hikawa Nov 18
Replying to @yuhi01299602
Reply Retweet Like
田舎をdisるbot 2h
田舎「地方にも魅力がある事を分かってもらおう」 魅力があっても首都圏より刺激が相対的に少なかったらダメなんじゃないの?
Reply Retweet Like
田舎をdisるbot Nov 20
若者は地方を捨てるべき 地方創生なんて臭過ぎるw ド田舎の産業に貢献するより、首都圏で便利な生活をした方が得 地方が過疎っても、困るのは残る人だけ。 出ていく側は痛くも痒くもない。 ましてや、都心から地方に出るメリットなんてない
Reply Retweet Like
鈴木 7h
コンビニも中央のものだけじゃなく、その土地の特産を扱ってほしい!          
Reply Retweet Like
powerfullgod 4m
関係の起業家を誕生させる と言う算段でしょうか またはコンサル就職先斡旋をする へのばらまき? 移住するのは ばかりとか お金だけだして になるわけないでしょ こんなことできるのは
Reply Retweet Like
kenji 2h
ハウスの中が、どんどん狭くなって、 本物の生産施設のように変わっていく。 なんだか、自分が作ったものじゃないみたい。 ほんと、地方はおもしろいです。
Reply Retweet Like
ZESDA_activity 5h
春蘭の里が読売新聞に掲載されました!✨ ZESDAの名前も載ってます! クラウドファンディング終了まで残り4日!ご支援お待ちしております!
Reply Retweet Like
徳造丸NEWS新着.採用.プレスリリース 7h
Replying to @izu1930NEWS
Reply Retweet Like
長浜洋二 11h
【11/30】山口市で『中学生未来会議2018 in 阿東中学校』を開催します。地元の中学生が地域課題について考え、課題解決に向けたアイデアを地域に提案します。地域の住民もそのアイデアの実現について共に考えます。私はコーディネーターを務めます! 
Reply Retweet Like